お名前.comからWhois情報に関する修正願メールがきた件。

 

アフィリエイト初心者からアフィリエイト上級者まで、数多くのアフィリエイターの方がよく使われる有名なドメイン会社の一つに、『お名前.com』があります。

 

多分アフィリエイトをやっている人であれば知らない人はいないんじゃないでしょうか?

 

実は、先日お名前.comさんから以下のようなメールが届きました。

 

お名前.com-Whois情報

 

お名前.com-Whois情報2

 

画像だけじゃ見にくいと思いますので、文章を抜粋してお伝えします。

 

お名前.comから来たメールの内容

 

「平素は、お名前.comをご利用いただき、まことにありがとうございます。 先ほどお送りいたしました通知内のURLに一部不備がございましたため、 再送させていただいております。

 

ドメイン名…○○○ (あなたの対象ドメインです。)

 

お客様ご登録ドメインのWhois情報につきまして、ドメインを管理する最上位機関の国際機関(ICANN)より、現在の登録情報が正確であるかの確認、および誤りがある場合は正確な情報へ修正するよう弊社に連絡がまいりました。

該ドメイン名に対し、対応期限までの情報修正をお願いいたしておりましたが、正確な情報への修正が確認できませんでしたので、対象ドメイン名に対してWhois情報公開代行を強制的に設定させていただきましたので、ご報告させていただきます。

※既にWhois情報公開代行を設定されていたドメインに関しては、引き続き設定されている状態となります。

下記対応期限までにドメインWhois情報が正確な情報へ修正されていない場合、 当該ドメイン名に対して利用制限を行わせていただきますので、早急に内容を ご確認いただきご対応をお願いいたします。

『ご対応期限』

対応期限: 2015年10月19日(月) 15:00

※Whois情報公開代行を設定されている場合においても、内部的にいただいているお客様ご自身の情報は、正確な情報でご登録いただく必要がございます。

※制限完了後は当該ドメイン名でのメール送受信・ホームページの表示が行えなく なります。

 

【ドメインWhois情報変更】

 

http://www.onamae.com/guide/details.php?g=21

 

下記URLよりドメインNaviへログインしていただき、情報修正をお願いいたします。

 

https://www.onamae.com/domain/navi/domain.html?link=/domain/navi/domain_update/input?banner_id=whoisaccuracy_whoisinfo_correction_registrantnavi

 

■情報不備のご内容■ ※主な一例です

 

  • ご登録住所に番地の記載がない、または番地の記載しかない
  • ご登録住所が英語表記の規定通りではない

 

※英語表記の住所では、住所の先頭は番地となります。ドメインNaviの情報変更画面の指定通りに入力をいただければ規定の表示となります。

 

その後の対応・・・

 

 

長くなってしまいましたが、まとめて言ってしまえばWhois情報に不備があるから登録情報を修正してくれというわけです。

 

Whois情報とは、簡単に言えばサーバーを使っている人がどういう人なのかを教えてくれる情報を指します。

 

GMOインターネットが運営するお名前.comのWhois情報では、主に以下の4つのWhois情報を必要としています。

 

  1. 管理担当者情報
  2. 経理担当者情報
  3. 技術担当者情報
  4. 登録者情報

 

僕はこのうち、経理担当者情報と技術担当者情報の登録項目に誤りがあったため、それを修正しなくてはいけませんでした。

 

といっても大したミスではなく、入力のし忘れや住所記載のミスなどが問題でした。

 

ただ、お名前.comから来たメールによると、いつまでに問題を解決しないといけないのかの期限が設けられ、それを過ぎると利用制限がかかり、そのドメインのサイトの運営ができなくなってしまいます。

 

聞いたところ、期限を過ぎるとドメインのDNSが途切れて404エラーが起こったり、メールが届かなくなるという事態に陥るそうです。

 

深夜帯は基本的に修正しても対応してくれないこともあるそうですが、基本的には修正できたら解除される仕組みになっているようです。

 

404エラーが起きてサイトが表示されなくなると、それに気がつかなかったらいつの間にか検索順位も下がって、お客さんがいなくなってしまう危険があります。

 

なので、お名前.comから今回のようなメールをもらったら、真っ先に対処したほうがいいでしょう。

 

関連記事

 

ロリポップはアダルトコンテンツ禁止?!

 

エックスサーバーがアダルトコンテンツを禁止している件

 

初心者必見!無料サーバー「WEBCROW」のメリットとデメリット

 

アフィリエイト初心者に知ってほしい!FC2ブログのメリットとデメリット

コメントを残す