アクセストレードの新タイプアフィリエイト広告「ADGLAT」とは?

こんばんは!コゴローです。つい先日、大手物販ASP「アクセストレード」からADGLATという新タイプのアフィリエイト広告の宣伝をしないかというメールが届きました。

 

adglat1

 

アクセストレードからいきなり個人的にメールを頂いたので、初めはすごく驚きました。もうこの時点ですでに、ADGLATの登録している企業さんの案件リストが添付されていましたね。

 

どうやら僕が持つサイトのアクセス動向をチェックしていたようで、大量のアクセスが集まっていてある程度成約に結び付いていると判断されたためか、今回メールを送っていただいたみたいです。

 

ADGLATとは、アフィリエイト広告をパーソナライズ化したもので、自分のサイトに来るユーザーのアクセスルートを辿って、購買データや閲覧データを分析し、各個人ごとに合った広告を自動的に広告枠に表示してくれるといったアクセストレード独自のアフィリエイト広告です。

 

パーソナライズという言葉は、Googleの検索エンジンのパーソナライズド検索で知られていることが多いですが、あの機能をアフィリエイト広告にそのまま応用したという感じですね。

 

掲載希望の場合は、まずは、アクセストレードの担当者にメールで伝えて、ADGLATの使用方法や概要PDF、ADGLATに登録されている企業広告のリストをもらいましょう。

 

メールで添付された形でもらうことになりますが、開くにはパスワードが必要になり、別メールで担当者からもらうことになりますので、送られてきたパスワードを使って開くようにしてください。

 

まずはダウンロードし、そのあとに解凍します。

 

adglat3

 

adglat4

 

adglat5

 

デスクトップに保存したらデスクトップに行きます。

 

adglat6

(これを解凍です。)

 

次に送られてきたパスワードを入力します。

 

adglat8

 

adglat9

 

開いたら案件リストをクリックです。

 

adglat10

 

すると以下のようにズラーっと案件リストが並んでいます。

 

adglat11

 

各案件についてですが、基本的には成果報酬型のアフィリエイト広告で、アフィリエイト初心者の方でも扱うことのおおい、最も身近な成果条件になります。

 

内容としては、体験申し込み完了や資料請求、商品購入などが案件リストに、丁寧に条件として記載されています。

 

次に、ADGLATの掲載希望を伝えると、以下のようなメールが届くと思いますので、「要返信」の内容に書かれてある項目について回答したものを返信用メールに記載してください。

 

adglat12

 

adglat17申し込み用の返信メールの要返信内容

 

この画像でいう、アイテムレコメンドとは取扱い商品が多い広告主様に向けてのサービスで、画像レコメンドが単品通販をされている広告主様に向けてのサービスとなります。

 

次に、先ほどもらった企業の案件リストファイル内にある、配信希望の列に自分がADGLATで表示させたい広告を選び、○をつけていきます。

 

表示して欲しくない広告には✕をつけてもかまいません。

 

というか、ジャンルの違った広告を表示させてもユーザーからしたらウザいだけですから、かえって成約率を下げてしまいかねませんのでやめておいたほうがいいでしょう。

 

もしこの時点でいい感じの案件が見つからなかった場合は、ADGLATの掲載を見送るのも一つの手です。

 

adglat18メールの要返信内容-案件リストに希望広告に丸付け

(ここに○か✕を記入です。)

 

これを返信するメールに添付して、アクセストレードの担当者の人に送ります。

 

何日かかかりますが、ADGLATの広告掲載ができるようになりますので、アフィリエイト初心者の方はもし機会があれば始めてみてはいかがでしょうか?

 

ただ、僕自身は完全に個人的にメールをもらった形ですので、もしかしたらある程度媒体力があって成約率がある程度成立しているサイトを持っていなかったら厳しいかもしれません。

 

これはあくまで予想ですが、僕のサイトをチェックしてからこちらにメールを送ってきたあたり、ADGLATを掲載するのには一定の条件みたいなものがある可能性もあります。

 

なので気になるアフィリエイト初心者の方は、まずはアクセストレードの問い合わせ窓口にてメールして聞いてみましょう。

 

ADGLATの掲載条件について

 

後に述べる形になってしまい申し訳ありませんが、ADGLATの広告掲載の条件について担当者の方に聞いてみると、特に条件を満たしていなかったら掲載を許可しないということはないそうです。

 

また、対象となる今のサイト以外で、他にアクセストレードに登録しているサイトがあれば、そのサイトの「サイトID」と「サイト名」を伝えるだけで自分が持つ多くのサイトに対して、どんどんADGLATの広告を掲載できるようになっていますので、やっていきたい方はどんどんアクセストレードに連絡していきましょう。

 

案件リストに載っている企業と自サイトとの相性を考慮して、広告主サイトと自サイトとの相性を比較しながら広告を選ばないといけないので結構しんどい作業になりますが、

 

ユーザーごとに閲覧履歴や購入履歴を解析して、マッチングしやすい広告を個人別で表示してくれるというのは、中々魅力的です。

 

結構面白いと思いますので、ぜひアフィリエイト初心者の方も積極的に参加してくださいね!

 

関連記事

 

クローズドASPってなに?

 

アクセストレードは情報商材コンテンツ禁止?!

 

おすすめの物販ASPは?

 

お金が中々振り込まれない方へ!換金力の高いASPとは?

コメントを残す