アフィリエイトは楽して稼げる?

アフィリエイトに対して、楽に稼げるイメージを持っている人は、今現在も少なからずいると思います。

 

思っていないと思っていても、心の底では思っているかもしれません。

 

ただ、残念なことに、今は昔みたいにサイトに広告を張り付けるだけで儲かるような時代ではありません。

 

sAfdrhy

 

やはり昔に比べると、お客さんの購入に至るまでのプロセスや、難易度が上がった感があります。

 

おそらく、多くのサイトでも、今となっては「楽して片手間で稼げるアフィリエイト!」というような宣伝をしている人はいないでしょう。

 

ただ、僕個人が正直に言いますと、楽してすぐとはいいませんが、少しだけ時間をかけて、お金をかけてということでしたら、割とすぐに通常のアフィリエイトよりもすぐに報酬に結び付けることは可能です。

 

では、どういった方法になるのかというと、主に2つあります。

 

その1:PPC広告を出す。

 

これはもう有名になってしまいましたが、検索結果を見ると、以下のようなものに出くわしたことはありませんか?

 

reath

 

この黄色く広告と書かれた部分が、PPC広告と言って、クリックされる数ごとにお金を払っていけば、SEOなどの上位表示テクニックを使わずに自分のサイトを上位表示することができます。

 

ただこれにもデメリットや、いろんな障害があるため、あまり当サイトではおすすめできるものではありません。

 

僕自身やったことがないんで何とも言えないところがありますが、クリックされるだけでお金をこちらが払わないといけないため、赤字になる可能性があるんですよね(^_^;)

 

PPC広告についてもっと知りたいという方は記事下の関連記事をどうぞ!

 

その2:ブラックハットSEOをする。

 

まずそもそも、このブラックハットSEOを知るためには、SEOそのものについて知る必要があります。

 

まずは、SEOについての基礎知識からどうぞ。

 

SEO対策初心者編

 

ここでは簡単な解説で終わっておきますが、ブラックハットSEOというものは、自作自演や購入できる売られた被リンクを上位表示させたいサイトに向けてつけていき、

 

通常であれば半年以上上位表示に時間がかかるキーワードも、1カ月~4カ月くらいの短期間で達成させてしまうという、いわばSEOの裏ワザというか、違反行為を指します。

 

ewh5ytがyじゅ

 

Googleの検索エンジン上における、ウェブサイト管理者となる僕たちに向けた決まり、規則やガイドラインにそのまま従っていると、どうしても上位表示に時間がかかるため、それが嫌というので、よく実行されるのがこのブラックハットSEOなわけです。

 

しかし、これは通常のコンテンツ重視で地道に頑張って上位表示を達成したサイトに比べてかなり短命、というか、すぐにGoogleの目に捕まり、順位を下げられて集客や収益が落ちる可能性が高く、安定性がありません。

 

ズルをしているわけですから許されないのは当たり前です。ペナルティを食らっても文句を言えません。

 

ただでさえ、コンテンツ重視で作っても検索エンジンの気まぐれで収益等が左右されるというのに、そのリスクをさらに高めてしまっては、目先の利益だけで継続性がありませんよね。

 

ただまあ、楽をして稼ぎたいというのであれば、こういった方法もあるよということで紹介させていただいておりますが、当サイトのコンセプトとしては、読者であるあなたに、安定的に月10万円以上を稼いでもらうのが目的です。

 

このブラックハットSEOは全く安定性がありませんので、当サイトの内容を参考に、アフィリエイト初心者としてこれから頑張っていくという方は、あくまで参考程度にとどめておいてください。

 

tgfdzがh

 

以上の内容より、楽して稼ぐことはアフィリエイトではまあ難しくはありません。方法はありますから、その通りにやればその場はうまく稼げますので、

 

楽して稼ぐことができるのかと言われれば「はい」と答えることができます。

 

しかし、楽して稼ごうとする分、安定的な収入を常に得ることは難しく、常に新しいサイトを立ち上げて、作り直したり、結局ブラックハットをやめて真っ当にコンテンツを作っていくという、極めて遠回りな形になってしまいます。

 

アフィリエイトは、その場がよければという甘い考えでやっていると必ず失敗します。

 

「もしこうなったら・・・」というリスクを常に考え、先読みして行動していき、結局そのリスクを避けるためにはどうすればいいかを見つけていかなくてはアフィリエイトで安定的な収入を得ることはできません。

 

以上です。(^^)v

 

関連記事

 

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOとは?

 

ホワイトかブラックではなく両方がいい?!

 

グレーハットSEOのデメリットとは?

 

コメントを残す