アフィリエイト初心者必見!購入率とEPCの違いとは?

 

アフィリエイト初心者の方でもアフィリエイトをある程度経験した中級者以上の方でも、商品選定の際にどの商品がアフィリエイトして売れやすい商品なのかを知って、それを売ることは、アフィリエイト報酬に影響する重要な要素です。

 

特に商品を選ぶときには、購入率とEPCを注意してみなくてはいけません。

 

よくインフォトップなんかで商品を探そうとするとき、以下のような部分を見たことはありませんか?

 

rgrerfsdv1

 

購入率とEPCって、よく比較される形で表示されることが多く、商品を選定してアフィリエイトする際に、どの商品をアフィリエイトするべきかを決める重要なポイントになるので、

 

アフィリエイトを始めたばかりの初心者の方は、売れる商品をアフィリエイトできるようになるためにも、まずはこの購入率とEPCを理解しなければいけません。

 

でも、これを言ってもアフィリエイト初心者の方は何を言っているのかわからないと思いますので、今回の記事では、EPCと購入率の違いについて解説したいと思います。

 

購入率とは?

 

購入率とは、そのままの意味で1つの商品あたりの購入のされやすさを表した割合のことです。

 

この購入率が高ければ高いほど、売れやすく、アフィリエイトして成果が出やすい商品だということがわかります。

 

rtsdjgvjbg

 

特に、インフォトップの購入率の項目は非常に重要で、ただでさえ情報商材は高額なものが多く、怪しい雰囲気があって中々購入にいたらせにくいところがありますから、

 

いくらあなたがいいと思ったものでも、購入率が0の商品をアフィリエイトした場合、全く売れないという事態になりかねません。

 

これは主に商品販売ページのセールスレターや企画自体が悪いことが大きな原因で、他の商品でも言えることですが、実体がなく怪しいと思われやすい情報商材の場合は、特にこの購入率は注意してみたほうがいいでしょう。

 

また、購入率は以下の公式で成り立っています。

 

購入率=購入数÷クリック数

 

ここで特に注目して欲しいのが購入数で、購入数が自然と高くなりやすい商品の特徴としては、商品自体の価格が安いというところがあります。

 

当然ですが、安い商品であればあるほど、購入側の商品価格に対する期待値も低くなり、求めてくるハードルも下がりますから、購入にいたりやすいというわけです。

 

EPCとは?

 

EPCとは簡単に言うと、広告1クリックあたりの「平均報酬単価」のことを指します。

 

例えば、10000円の商品の広告が100回クリックされて1個売れた場合、この時のEPCは100になります。

 

購入率と一緒に表示されることがあるため、ごちゃごちゃになる人もいると思いますが、根本的に違うということを理解しておいてください。

 

vtdrtghbn

 

ちなみにEPCは以下の公式で表されます。

 

EPC=アフィリエイト報酬額÷クリック数

 

このEPCは、アフィリエイト報酬が高ければ高いほど高くなる傾向にあり、高額報酬の商品でEPCがゼロの商品などは、全くクリックされてもいないダメ商品ということがわかりますので、そういう時の判断材料として使えます。

 

ertfygvn

 

結局のところ、どの商品をアフィリエイトしたらいいのかを判断するときに、購入率とEPCはあくまでも商品を選定する一つの指標に過ぎませんが、重要性はかなり高いと思ったほうがいいです。

 

その商品が他のアフィリエイター経由でどれくらい売れているのかを示している唯一といってもいいほどの正確な指標ですから、これを参考にして商品を選ばない手はありません。

 

アフィリエイト初心者の方は、初めは自分がアフィリエイトしたい商品にこだわらずに、まずはこのEPCと購入率を参考にして、売りやすい商品をアフィリエイトすることから始めたほうが、成果につながりやすいかと思います。

 

購入率を見るときの注意点

 

購入率は確かに、その商品が売れやすいかどうかを示す重要な指標ではあるんですが、情報商材、特に稼ぐ系の情報商材において、

 

自己アフィリエイトOKの商品の購入率の場合は気をつけてください。

 

ertfchgkjjkljiiui

 

自己アフィリエイトとは、自分のサイトに貼った広告経由で自分がそこから購入したら報酬が発生するものなんですが、当然ながら、自己アフィリエイトの報酬を目的として、購入する人は自然と増えますから、購入率も自然と高くなります。

 

稼ぐ系情報商材や、稼ぐ系の広告プログラムを扱うアフィリエイターの場合は、そこらへんの知識に詳しい人が多いですから、この自己アフィリエイト報酬を狙った購入は絶対に増えます。

 

でも、これってその商品が欲しいから購入したものじゃなくて、自己アフィリエイト報酬がほしいから購入している可能性が極めて高く、正確な購入率を表していない可能性があります。

 

gaaeryt5

 

購入率の数字自体は高くても、その商品を購入している人がどういう人なのかを想像した時に、その商品自体が欲しいから購入した人がどれくらいの割合で含まれているのかを考えると、

 

その商品をアフィリエイトした時に、自己アフィリエイト目的でない人がどれくらい購入してくれているのかがわからないため、これもまた、正直言って本当に売れる商品なのかどうか疑問ですよね。

 

稼ぐ系情報商材やその類の商品じゃなくて、健康食品や美容商品などの物販であれば、自己アフィリエイトの仕組みを知らない人も結構いますので、まだ参考にしてもいいと思いますが、お金稼ぎに関わるジャンルの商品は、少し考えたほうがいいです。

 

そこは無難に、自己アフィリエイトNGの、正確な購入率が出ている商品を選んだほうがいいでしょう。

 

ここは結構アフィリエイト初心者の方はやってしまいがちなところですので、気をつけてください。

 

関連記事

 

アフィリエイトで儲かる4つの市場とは?

 

アフィリエイトで稼ぎにくい分野・市場とは?

 

情報商材をアフィリエイトするときの注意点!

 

自己アフィリエイトとは?

コメントを残す