インデックスとキャッシュとは?

当記事では、インデックスとキャッシュという言葉について、解説をしております。

 

この2つの単語は、アフィリエイト初心者に関わらず、全てのアフィリエイターにとって、一度は聞いたことのある言葉だと思います。

 

でも、その意味を分からず、ただなんとなく、そういう単語があるなというくらいの認識しか、持っていない人が、結構多いのではないでしょうか?

 

vtdrtghbn

 

この2つの単語の意味をしっかり知っておくことで、より一層、検索エンジンの仕組みを理解し、あなたのサイトがどういう流れで、検索ユーザーに届けられているのかを知り、理解することができます。

 

ここを理解していれば、あなたのサイトがなぜアクセスが集まらないのかについて、多角的に考えれるようになる一つの考え方が身につくでしょう。

 

では、1個ずつ解説していきます。

 

キャッシュとは?

 

キャッシュとは、検索エンジンのデータベースに自分のサイト内のページが登録されることを指します。

 

つまり、キャッシュされることで初めて検索結果に表示されるようになるというわけです。

 

あなたの作ったサイトの記事が、しっかりキャッシュされなければ、検索エンジンで検索しても、出てくることができません。

 

cxせrty

 

ですから、検索ユーザーにあなたのサイトを認知してもらうために、いかにしてあなたのサイトのページ一つ一つを、キャッシュしてもらうかを考えることが重要になります。

 

あなたのサイトをキャッシュしやすくするためには、自サイト内を効率よく巡回してもらって、情報をうまくGoogleに持って行ってもらうようにするための内部リンクも重要ですが、

 

もっと大事なのが、外部リンク(被リンク)の充実です。

 

あなたのサイトへ、クローラーが巡回できる道が多ければ多いほど、頻繁に巡回が行われるため、あなたが記事を書いてすぐに、キャッシュされるようになります。

 

そのためには、自然に付く被リンクが一番いいのですが、最初から被リンクを付けてもらうことって、難しいので、

 

無料ブログなどを使ったサテライトサイト作成を行い、2個~3個くらい作って、1サイトごとに、記事から1個か2個被リンクを送るなどの対策を行うといいでしょう。

 

この時、被リンクをサテライトサイトの、サイドバーから送るのは、ペナルティ判定を受けやすいので、絶対にやらないでください。

 

サイドバーからのリンク

 

無料ブログは、ドメイン年数も長く、Googleからの信頼があるため、普通のサイトよりも、頻繁にクローラーを呼んで、巡回してもらいやすいというメリットがあります。

 

その巡回の際に、被リンクを通って、ついでに、メインのサイトの巡回もしてもらおうという寸法です。

 

被リンクは、サイトの評価を上げる以外にも、クローラーに巡回してもらいやすくするための、道的な役割を果たすことも覚えておいてくださいね。

 

ちなみに、無料ブログサービスなどの種類も、しっかり分散を行ってください。

 

1つの無料ブログサービスからだけのブログから、被リンクを送っていると、Googleに不自然なリンクと思われて、ペナルティを受ける可能性があります。

 

あなたのサイトがどれくらいキャッシュされているかを知る方法

 

とても簡単な方法ですので、ぜひ覚えておいてください。

 

まず、Googleの検索画面に行きます。

 

キャッシュ1

 

そこに、「site:サイトドメイン」と入力してください。

 

当サイトならば、「site:kogorou777.xsrv.jp」となります。

 

キャッシュ2

 

キャッシュのボタンを押して見てください。

 

すると・・・

 

キャッシュ3

 

このように、キャッシュされた日時なども知ることができます。

 

これだけで、あなたのサイトのページが、どれだけGoogleにキャッシュされているのかを知ることができるのです。

 

インデックスとは?

 

インデックスとは、あなたのサイトからクローラーが持ち帰った情報が、検索エンジンのデータベースに格納されることをいいます。

 

ただ、すぐに持ち帰られたらインデックスされるわけではなく、「インデクサ」と言われるプログラムによって、検索エンジンが読み込みやすいデータに変換するという、中間処理が終わってから、正しくインデックスされるようになります。

 

drthnk

 

このインデックス処理が終わって、検索結果にようやく、あなたのサイトの記事が表示されるようになるのです。

 

このインデックスされる速度を早めるための方法がいくつかありますので、紹介します。

 

インデックスを早める4つの方法

 

インデックスを早める方法は以下です。

 

  • ウェブマスターツールでFetch as Googleに登録する。
  • 外部リンクを充実させる。
  • サイトマップを作成して送信する。
  • 記事更新を行う。

 

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

ウェブマスターツールでFetch as Googleに登録する。

 

これは非常に簡単です。

 

ウェブマスターツールへの登録が終わっているのであれば、まず以下の部分をクリックしてください。

 

そこに、Fetch as Googleがあります。

 

Fetch as Google1

 

次に、登録したいサイトのURLを入力し、以下の「取得」ボタンをクリックしてください。

 

Fetch as Google2

 

あとは、トップページ以外の記事も、巡回してもらうよう選択しておけばオッケーです。

 

クロール申請を送れば、今までよりも、クロールされて、インデックスされるスピードがアップします。

 

外部リンクを充実させる。

 

外部リンクの充実は、先程も言ったように、クローラーが巡回しにくる道を増やすことにもなりますので、

 

より多くメインサイトに来てもらい、キャッシュやインデックスに役立ててもらうことが可能です。

 

y4ghrkwdn

 

サイトの評価を上げるだけでなく、外部リンクは、サイトの記事やコンテンツそのものの情報を、Googleに伝えるための手助けにもなるのです。

 

自然被リンクがベストですが、サイト開設当初は厳しいと思いますので、無料ブログなどによるサテライトサイト一個から、各記事より一個ずつで、合計2~3個ほどの被リンクを付けることをおすすめします。

 

サイトマップを作成して送信する。

 

サイトマップを送信することによって、Googleにあなたのサイトの全体像を知ってもらい、クローラーが来た時も、効率よく巡回してもらいやすくなります。

 

関連記事より、サイトマップのWPバージョンでの送信方法などを載せていますので、まだの人はそこからご覧下さい。

 

記事更新を行う。

 

これも非常に重要です。

 

あなたのサイトで、新しく記事が投稿されて更新されれば、それがGoogleに伝わって、クローラーを呼び込み、サイトを巡回してもらいやすくなります。

 

mnvcdrtyu

 

Googleは、日々記事を一定期間更新し続けているサイトを評価しますから、その部分を活かした方法になります。

 

ただし、インデックス目的だけで、くだらない誰も読んでも得しないようなゴミ記事を挙げても意味がありませんので、そこは気をつけてください。

 

以上になります。

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

SEO自作自演禁止?!サテライトサイトとは?

 

内部リンクと外部リンクの解説とそのSEO

 

ブログの更新頻度は多いほうがSEOに効果あり?

 

WPサイトにサイトマップを作成する方法

 

 

コメントを残す