エックスサーバーにドメインを反映させる設定方法!

当サイトでオススメしているエックスサーバーで、契約したドメインをサーバー内に反映させる方法について解説していきたいと思います。

 

今回契約したドメインは、GMOの運営する「お名前.com」のものです。

 

エックスサーバーはドメインの設定も非常にやりやすく、アフィリエイト初心者の方でも簡単に設定することができるようにかなり設定画面が簡易化されています。

 

よりスムーズにサイト運営に移れるように、ここでドメインの反映のための設定方法を覚えておきましょう。

 

まず、お名前.com(お名前じゃなかったら他社のドメイン会社のログインへ)にログインします。

 

domainhanei1

 

自分が新しくエックスサーバーに追加したいドメインを選んでおきます。

 

domainhanei2

 

次にエックスサーバーのTOPページを別タブで開いてください。

 

domainhanei3

 

インフォパネルへログインします。

 

domainhanei4

 

ログインできたら、自分が新しくドメインを加えたいと思うサーバーIDを選択し、サーバーパネルへログインします。

 

domainhanei5

 

入ったら右上の「ドメイン設定」をクリックしてください。

 

domainhanei6

 

「ドメインの追加設定」のところで、お名前.com、その他ドメイン会社で契約した追加したい新しいドメインを入力します。

 

domainhanei7

 

入力し終わったら「ドメインの追加(確認)」をクリックです。

 

domainhanei8

 

最後に確認画面に行きますので、入力に間違いがなかったら「ドメインの追加(確定)」をクリックです。

 

domainhanei9

 

ドメインの反映時間について詳しく記載されていますので、「ドメイン設定」の「ドメインの追加設定」をクリックしていただくと、その詳細を読むことができます。

 

domainhanei10

 

ここで、追加したドメインは設定対象ドメインの欄から選べるようになりますので、対象を追加した新しいドメインに変更してください。

 

次に、サーバーパネルに戻っていただいて、「アカウント」のところの「サーバー情報」をクリックしてください。

 

domainhanei11

 

すると、以下のように情報が出てきますので、ネームサーバーの1~5をしっかりメモを取って保存しておいてください。

 

domainhanei12

 

もう一度お名前.comに戻り、反映させたい新しいドメインをクリックします。

 

domainhanei13

 

次に、「他のネームサーバーを利用」をクリックしていただきます。

 

domainhanei14

 

するとネームサーバーの情報を入力する画面にたどり着きますので、先ほど保存したエックスサーバーのネームサーバーを入力、もしくはコピペしてください。

 

domainhanei15

 

入力が終わりましたら確認画面へ進みます。

 

domainhanei16

 

「設定する」をクリックです。

 

domainhanei17

 

これでネームサーバーの変更が完了しました。

 

ちなみにネームサーバーは以下のようなものになります。

 

ついでですので覚えておきましょう。

 

ネームサーバーとは、インターネット上でドメインとWebサーバーやメールサーバーを結びつけるための名前解決をするサーバーです。インターネット上にあるサーバー(コンピューター)には、すべてIPアドレス(123.145.167.189のように数字で構成されたもの)が割り振られています。IPアドレスが判明すれば、実際にホームページやメールを運用しているサーバーにアクセスすることができます。このIPアドレスとドメインを結び付ける役割を担っているのがネームサーバーとなります。いわば、電話番号(ドメイン)と電話機(サーバー)を結びつける電話線のようなものです。なお、DNS(Domain Name System)サーバーと呼ばれることもあります。

(引用:http://help.onamae.com/app/answers/detail/a_id/8072

 

以上でエックスサーバーのドメイン設定は終了です。

 

この記事に書かれている通りに実行すれば間違うことはほぼないと思いますので、ドメインの設定方法がわからないという方は参考にしてください。

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

サブドメインによるSEO効果と設定方法について

 

ドメインって何?

 

サーバー選びで重要な5つのポイントとは?

 

オールドドメインと新規ドメインのSEO上のメリット・デメリット

コメントを残す