オーソリティサイトやキュレーションサイト(Naver等)による問題

ここ最近、Googleのあらゆる検索キーワードで上位に来ているNaverまとめや、2chまとめ、キャリアパーク、Meryなどという、Yahoo!カテゴリーサイトとしても登録されているようなオーソリティサイトやキュレーションサイトが、

 

個人サイトの記事を、引用という名の名目でコピペし、ドメインエイジにまかせて、検索上位を独占するという問題が発生しています。

 

Naverなどのまとめサイトは、別名キュレーションサイトと呼ばれており、ドメインの強さなどを利用して、ネット上のあらゆる情報をまとめるという口実でコピーしまくるといった行為が後を絶ちませんが、こうした問題も発生していますね。

 

これは2chなどの匿名掲示板でも話題になっており、多くのアフィリエイターやウェブマスターにとって、大きな脅威であるとともに、Googleの信頼性にかかわる重大な問題のようです。

 

オーソリティサイトとは?

 

オーソリティサイトとは一言で言うと、インターネットで調べ物をするときに、「このことを調べるならココ」とよく利用されるサイトのことです。

 

raterjtgv

 

例えば、料理について調べたいときに、代表的なサイトとして、多くの頭の中に浮かぶのが「クックパッド」だったら、そのクックパッドは、料理におけるオーソリティサイトだということです。

 

またこのオーソリティサイトには、「権威性」も持ち合わせていて、Googleのアルゴリズムによる判断だけでは判断できない、検索結果の上位表示において、多くの人からの支持と、多くの人にとっての利便性や優位性を得ています。

 

こうした部分もあるから、オーソリティサイトやまとめサイトは、コピーコンテンツでもペナルティを受けずに、堂々と検索上位に君臨しているのかもしれません。

 

以下よりさらに考察していきましょう。

 

オーソリティサイトやまとめサイトによる問題について

 

本来Googleは、ペナルティを課すサイトの対象の中に、コピペや不正な転載によるコピーコンテンツを持つサイトがあります。

 

こういったサイトは、Googleが発見次第、大なり小なりの順位下落などのペナルティを課すというのが通常です。

 

しかし、これを個人のアフィリエイターなどが行うと、そうなることが多いのですが、2chまとめの大手や、Naverまとめなどの企業が運営しているサイトや、事業規模で日本に大きな影響を及ぼすレベルの巨大サイトがコピペなどの引用を行っても、

 

ほとんどの場合お咎めを受けないという話が、2chまとめでも2chの掲示板そのものでも、いろんなところで非常に話題になっています。

 

tttghsg

 

これは色々な視点で考えられるのですが、

 

まず一つが、そもそも、Naverまとめなどのサイトは、韓国が運営しているサイトであり、日本のGoogle支社に、在日韓国人や、韓国人そのものが中から意図的に操作して、検索順位を下げずに上位にあげるようにしているのではないかという考え方です。

 

あまり差別的な考え方はよくないのですが、大企業と一つの国または別の何か巨大な組織同士が併せて、こうした操作を行うということは、考えられないこともないですね。

 

Googleも営利企業ですから、お金が絡んで、送金されて申し付けられると、断らずに受け持ってしまうところもあるかもしれません。

 

二つ目が、そもそもこうしたオーソリティサイトと呼ばれるものは、僕らアフィリエイターや、多くのウェブマスターにとってはマイナスだととらえられていても、大多数の国民が、それらのサイトを必要としているために、結果として優先的に上位表示されることをGoogleから暗に認めてもらっているというものです。

 

rtgat4ty

 

これが一番有力なのかもしれません。大規模なオーソリティサイトなどは、言っても国内に数えるくらいしか存在しませんから、それらはほとんどGoogle社員の目視が直接入って、アクセス数やコメント数、リピート率や離脱されるまでの時間、サイト閲覧時間を含めて、

 

それらを、「ルールを破ってはいるが、これを圏外にしてペナルティを与えてしまうと、検索ユーザーにとって結果的に不便に感じさせ、検索結果を面白くなく、有意義でないものにしてしまう」というような理由などから、

 

こうしたNaverなどのオーソリティサイトは、他サイトから引用や紹介という名目で、コピーコンテンツを作り出していたとしても、大目に見てもらって、Googleより黙認されている可能性がありますね。

 

2chまとめやNaverなどのオーソリティサイトって、僕はあまり利用しないんでわからないですが、そもそもネットのこうした仕組みを知らない人が大半なんですから、

 

民主主義的な考えのもと、僕らみたいなネットにある程度詳しい人間以外の、多数の民の支持を得ているために、そちらを優先していくしか仕方がないのかもしれません。

 

また、2chまとめのサイトも、大元の2ch掲示板などからの引用をしまくって、記事を投稿していますが、結構あれって、いらないコメントを削除して、面白いと思えるようなコメントや、ためになるようなコメントだけを残すよう添削しないといけませんから、結構大変な作業です。

 

vsdETgrhjtys

 

ニュース系のまとめサイトなら、いち早く話題性のあるニュースをキャッチし、記事に起こして多くの人に知らせないといけません。

 

コピペしているから楽をしているというわけでもなく、それなりに苦労してコンテンツをまとめて、閲覧者にとって見やすく、おもしろいコメントや話題、コンテンツに限定して提供しているという意味では、こういった2chまとめサイトも手間がかかっていて、人々を楽しませるという意味で大いに役に立っています。

 

現に今の大学生のほとんどは2chまとめサイトの中毒者ですからね。Googleもこういった2chまとめサイト特有の優位性から、多少の違反も目をつむっているかもしれません。

 

アクセス数も膨大ですから、かなり多くの利用者がいるために、そういったサイトをむやみにペナルティを与えてしまうと、ユーザーに混乱を与えてしまうことをGoogleが危惧していることも考えられます。

 

考えていくときりがないのですが、こうしたオーソリティサイトは、今現在でも多数の引用を行って、記事に載せ、あらゆるキーワードの検索順位の上位を奪っています。

 

fdyh6juulk

 

しかし、それを為すのは多数の利用者の支持を得ている可能性が高いからだということが、一番有力な考えだということにたどり着きました。

 

今後はどうなっていくかはわかりませんが、まだまだこういったサイトは、生き残っていく可能性が高いですね。

 

ではでは!

 

この記事はこの辺で!

 

追記

 

2017年に入ってから、DeNAのWELQ(ウェルク)の医療関係の記事の信頼性などの問題によって、大手キュレーションサイトが続々と閉鎖に追い込まれ、

 

閉鎖にならなくとも、同じようなキュレーションサイトの順位が落ちるよう、Googleが日本独自のアルゴリズムを導入しました。

 

おかげでここ1年から2年くらいの間で新設されたキュレーションサイトは、軒並み順位を落としている状態です。

 

trgfvjsbvk

 

日本限定でアルゴリズムが変更されるのは今回が初ですが、それだけ大手メディアが医療を扱うのはリスクが高いし、責任が問われる分野だということなのでしょう。

 

DeNAのキュレーション問題についてはこちらで解説しています。

 

DeNA問題から紐解く!今後のキュレーションサイトの行方

 

以前、キュレーションの今後の行方について記事を書いたのは2015年のことで、このころまでは、2chなどで問題視されるようなスレが立つくらいで、表立っては話題になりませんでしたが、ついに見かねたGoogleが重い腰を上げましたね。

 

今後は、2015年のような以前のときとは違い、かなりキュレーションサイトの運営は厳しくなるといわざるを得ないでしょう。

 

Naverまとめについても同様で、2017年の3月25日現在では順位が下がったという話は今のところあまり出ていませんが、Naverで生計を立てていたりするような人は、今後別のアフィリエイト手法に切り替えたほうがいいかもしれません。

 

僕としてはやっぱり、物販アフィリエイトあたりが一番手堅く、これからも稼げるジャンルじゃないかなと思いますので、そろそろ方向転換を考えておられる方は、物販アフィリエイトへの参入を検討してもいいかもしれません。

 

物販アフィリエイトをはじめるに当たってのポイントと、ASPについてはこちらの記事をどうぞ。

 

おすすめの物販ASPは?

 

アフィリエイト初心者が登録しなければいけないASPとは?

 

関連記事

 

まとめブログアフィリエイトって稼げるの?

 

トレンドアフィリは時代遅れ?!

 

ペンギンアップデートとは?

 

Googleペナルティとは?

 

パイレーツアップデートって何?

コメントを残す