オールドドメインと新規ドメインのSEO上のメリット・デメリット

どうも!コゴローです!

 

今回は、オールドドメインと新規ドメインのメリットとデメリットを一挙に、お伝えしていきたいと思います。

 

アフィリエイト初心者においても、経験者にとっても、オールドドメインでサイトを作成するか、新規ドメインでサイトを作成するかというのは、大変悩ましいところです。

 

vsgaegh

 

どちらにもメリットとデメリットがあるため、一概にどちらかを決めろと言われても、悩むことが非常に多いんですよ。

 

以下より、オールドドメインと新規ドメインの解説と、それぞれのメリットとデメリットについてお伝えしていきます。

 

新規ドメインとは?

 

新規ドメインとは、まだ誰も使ったことのない新品のドメインのことです。

 

後ほどお伝えするオールドドメインとは違って、ドメインエイジ(ドメイン年数)が0年から始まりますので、オールドドメイン特有のSEO効果のようなものは期待できません。

 

言ってしまえば、ドメインはネット上のサイトの住所のようなものですから、まだ誰も住んだ経歴を持っていない土地みたいなものと思っていただいていいでしょう。

 

btytyhjk,

 

誰も使ったことがないものですので、そのドメインが今後、Googleに大きく信頼してもらって、価値のあるドメインとなるかどうかは完全にあなた次第ということになります。

 

オールドドメインとは?

 

オールドドメインとは、先ほど話した新規ドメインとは逆で、誰かが過去にサイト運営に使った経歴のあるドメインをさします。

 

新規ドメインだとドメインエイジ0年から始まるのに対して、このオールドドメインだと初めからドメインエイジが数年から十数年というレベルでついており、サイト開設当初から既に、ドメインによるある程度のSEO効果を得ている状態から始めることができます。

 

オールドドメインがSEO効果を持ってGoogleから評価されるのは、過去にそのドメインを持っていた所有者のサイトが長く運営されて、ある程度Googleから信頼されていた経歴を持っているためです。

 

それが、別のサイト運営者のもとに移って、その効果が引き継がれるといった仕組みになっています。

 

csbtrj

 

このオールドドメインはほとんどの場合が購入して使うということになるのですが、厳密に言うとこのオールドドメイン購入はブラックハットSEOになります。

 

なぜなら、以前の運営者が培ってきたGoogleへの信頼を、赤の他人であるあなたがそれを勝手に引き継ぎ、利用することになるからです。

 

まああなたがどんなサイトを運営するのかにもよりますが、基本限りなく黒に近いグレーか、完全なブラックハットだという認識でいてください。

 

新規ドメインのSEOも含めたメリットとは?

 

新規ドメインのメリットですが、以下の点になりますので確認してください。

 

  • コストが安い。
  • 自分の好きなSEO戦略である程度は進めることができる。

 

この2点になります。

 

少ないと思うかもしれませんが、実質僕も新規ドメインを使っていて思うのですが、これくらいしかメリットとしての実感はないですね。

 

それでは1個ずつ解説していきます。

 

コストが安い。

 

これは新規ドメインの大きな魅力の一つです。

 

オールドドメインと違って、年間で数百円とかのコストで契約できますから、契約のしやすさだと一番でしょう。

 

yasetfzar

 

アフィリエイト初心者なんかは特に、最初はアフィリエイトでの稼ぎも少ないでしょうから、新規ドメインから始める方も多くいらっしゃいます。

 

お名前.comとかのドメイン契約だと、年間で数十円の激安ドメインなんかも扱っていますので、お金がないという人にはおすすめできるものと言えますね。

 

自分の好きなSEO戦略である程度は進めることができる。

 

新規ドメインは、誰かが使ったとかいう経歴もない、まっさらなドメインですので、そのドメインをブラックハットSEOによって育てるのか、ホワイトハットSEOによって育てるのかによって今後の、その新規ドメインの方向性が変わってきます。

 

オールドドメインとかだと、過去にどこのサイト運営に使われていたのかなどの経歴を気にする必要があるのですが、新規ドメインはその必要はありませんので、自由にあなたがそのドメインを使って、サイト運営を行うことができます。

 

utyurfhtfhjk

 

オールドドメインだと、当たり外れが大きいのですが(これも後に解説します。)、新規ドメインはどれもスタートは0ですので、いい意味でも悪い意味でも、公平なものだと言えますね。

 

もし、真っ当なホワイトハットSEOでサイトを運営したいという方がいるのであれば、この新規ドメインで作ったサイトで、地道に検索上位を目指していかれることをお勧めします。

 

かなり時間がかかりますけどね。

 

新規ドメインのSEO上のデメリット

 

新規ドメインのデメリットは、はっきり言うとメリットよりも多いです。

 

新規ドメインは、Googleにとっては、1からの何の評価もついていない真っ白なドメインなので、正しい評価をしやすいドメインのため、いいかもしれませんが、

 

使っているこちら側にしてみたら、あまりにも利点が少なすぎて、途中で後悔してしまう可能性もなくはありません。

 

そんな、新規ドメインのデメリットとはなんなのか、以下の項目を見てください。

 

  • Googleに評価されるまで時間がかかる。
  • 検索上位を狙えるようになるまで時間がかかる。
  • エイジングフィルターがかかって最初の数ヶ月はずっと圏外。
  • 時間がかかるが故にブラックハットSEOに陥りやすい。

 

以上4点がデメリットになります。

 

中にはアフィリエイター自身の精神的な問題も含まれていますが、一般的に考えるとそれが普通というか、多いんじゃないかということで、ここに加えさせていただきました。

 

では以下より、1つずつ解説していきます。

 

Googleに評価されるまで時間がかかる。

 

はい。これが新規ドメインの大きなデメリットです。

 

新規ドメインって、まだGoogleも認知していない、まっさらなドメインなために、Googleからの評価は0からスタートします。

 

vcrtshd

 

Google側も、その新規ドメインのサイトがまともに運営されるのかを見ているわけですが、如何せん信頼がないために、中々クローラーも巡回してきませんし、インデックスもされにくく、検索順位がつくのが遅いのが難点です。

 

まだそこまで認知されていないドメインに対しては、Googleは慎重になる傾向がありますので、どうしても検索順位を上げていくのに時間がかかってしまいます。

 

クローラーが中々巡回してこないというのも非常に悩ましいところです。

 

rtcvjgb

 

このクローラーがしっかりサイトに来て巡回してくれないことには、あなたのサイトがインデックスされて、キャッシュされて検索結果に表示されることがありませんので、当然アクセスも来ないということになります。

 

このクローラーの巡回品度を上げるには、ウェブマスターツールの「Fetch as Google」に登録してサイトへの巡回スピードを上げる方法があります。

 

rstrkuyl

 

あとは、無料ブログから被リンクを送って、そこ経由でクローラーに巡回しに来てもらうようにするなどの方法が有効かと思います。

 

無料ブログのドメインは非常にSEO効果が高く、Googleからの信頼もあってか、クローラーがたくさん巡回しに来てくれますので、クローラーをメインサイトへ送り出す装置として、やってみるのも一つの手ですね。

 

あとは、ブログランキングサイトへ登録して、ランキングに参加するのもいい方法です。

 

ランキングサイトも、クローラーが頻繁に巡回してきますので、新規ドメインのサイトはまずは人気ブログランキングなどのサイトへ参加するのもいいのではないでしょうか。

 

検索上位を狙えるようになるまで時間がかかる。

 

これも、前述した、Googleから評価がつくまでに時間がかかるのと一緒で、Googleに認識されて、記事がインデックスされて検索結果に出るようになるまでは、数ヶ月かかってしまいます。

 

ましてや検索上位を狙えるくらいまで行こうとなると、ホワイトハットSEOで地道にやることを考えたら、キーワードによっては1年以上かかることも多いですね。

 

もちろん、あまり競合がいないスモールキーワードだったら、新規ドメインでも早めの検索上位を狙えるところまで行けるかもしれませんが、それでもオールドドメインを使うのに比べると、やはりスピードは落ちます。

 

エイジングフィルターがかかって最初の数ヶ月はずっと圏外。

 

新規ドメインは、Googleからまだ認知されておらず、信頼のないドメインですから、エイジングフィルターといって、新規ドメインのサイトによく見られる、ある日を境に検索圏外に追いやられ、それが一定期間続く現象に遭います。

 

新規ドメインの特徴の中には、サイト開設してまもなくして、Googleハネムーンによっていきなり一定期間の間上位表示される現象が起こったり、そのあとにGoogleサンドバックで元の適正な順位に戻るという現象などがあるのですが、それとはまた別のものになります。

 

fgrbhazgv

 

ハネムーンは起こる場合と起こらない場合があるのですが、エイジングフィルターは新規ドメインだとほぼ確実にかかります。

 

現に僕もエイジングフィルターらしきものに引っかかって、開設当初はいきなり単一キーワードで25位までいったのですが、そこから一気に下がって、1ヶ月~2ヶ月の間、ずっと検索圏外をさまよっていました。

 

おそらくサンドバックが起こって適性の順位にとどまったあと、そのままエイジングフィルターに引っかかってしまったんだと思います。

 

ここからはあくまで予想ですが、このエイジングフィルターの間にGoogleは、そのサイトの評価を決定しようと、審査をしているのだと感じています。

 

tyftykfv

 

新規ドメインは信頼がまだないサイトですから、ハネムーンでアクセスの入りようや滞在時間などを見ながら、そのデータをもとにそのサイトの適正な評価と今後の行方を考えているのでしょう。

 

オールドドメインに関しては、このエイジングフィルターの現象は今のところ体験していないのでわからないですが、新規ドメインで運営しているサイトは、そのような現象に何度も引っかかっています。

 

今も順位が上がったり圏外になったりをくりかえしていますので、今後も様子を見ていきたいと思います。

 

時間がかかるが故にブラックハットSEOに陥りやすい。

 

これになる人が非常に多いように感じてとても僕は心配しています。

 

新規ドメインの使用は、確かに全く新しいドメインを使うわけですから、あなたの思いのままにやっていくことができるし、コストも安くつくのでいいところもあるんですが、如何せんインデックススピードも含めて、SEO効果が薄いし遅いんです。

 

特にアフィリエイト初心者は、これに耐え切れなくなって、最初は新規ドメインでホワイトハットSEOで運営しようと考えていても、挫折してブラックハットSEOに一気に走ってしまう可能性があります。

 

mvhgfymhg

 

アフィリエイト初心者のそれぞれの気持ちの中で、確固たるホワイトハットでやりたいという強い意志があればいけるかもしれませんが、それもその時は良くても、時間が経てばどう気持ちが変化するのかもわかりません。

 

まあ気持ちは痛いほどわかります。

 

まだ始めたばっかの初心者で、稼ぎも出ていないまま、それでもその新規ドメインのサイトを信じて、無償で記事を更新し続けなければいけないんですから、並大抵の精神でなければ続かないでしょう。

 

何らかの順位変動で、少しでも結果が出てき始めたらいいのですが、そうなる前に折れてしまうことが多いんですよね。

 

それだけ、新規ドメインはSEOの観点で見て、全てが決まるのが遅いんです。

 

jyfjyusdjy

 

そのために、サイトの評価や順位が固定して、ある程度決まる前に、アフィリエイト初心者の人たちは折れて、その多くが、早く順位を上げたいがためにブラックハットSEOに手を染めてしまうわけなんです。

 

で、そのブラックハットSEOによる一時的な順位上昇が癖になって、ブラックハットにのめり込んでしまう危険があります。

 

ホワイトハットSEOでやろうと意気込んでた人が、少しでもブラックハットSEOに手を出してそっちに行ってしまうと、その快感から逃れられなくなってしまいますので、

 

新規ドメインでしかもホワイトハットで運営しようと考えているような人なら尚更、新規ドメインでの成果スピードは、どうしても時間がかかるというところから、3年はかかるくらいの心持ちでいたほうが、気持ちも楽になりますのでそうした方がいいかもしれません。

 

くれぐれも、1年以内には結果が出るだろうなんて思わないように。

 

よほどうまくいかない限り、新規ドメインでいきなりそんな驚く程の成果というのは出ませんから。(–;)

 

オールドドメインのSEO上のメリットとは?

 

オールドドメインのメリットは、以下の点になりますので確認してください。

 

  • サイト開設直後からドメインによるSEO効果が期待できる。
  • エイジングフィルターに捕捉される可能性が限りなく低い。
  • ロングテールSEOで有利。
  • Googleの評価決定やインデックススピードが速い。

 

以上の3点になりますので、以下よりそれぞれ解説していきます。

 

サイト開設直後からドメインによるSEO効果が期待できる。

 

オールドドメインの最大のメリットは、サイト開設当初からの圧倒的なドメインによるSEO効果ですね。

 

新規ドメインのように、Googleからの信頼がないために、サイト開設してから、Googleに認知されて評価が決まるまでの時間が遅いのに対して、

 

オールドドメインはすでに誰かが使ったことがある経歴があって、そのドメインを以前使っていたサイト分の信頼度がそのまま受け継がれますので、

 

Googleに信頼されるようになるまで待つ必要はなく、すでにある程度の信頼度を得たものになるため、いいスタートダッシュが切れます。

 

mnfcsd

 

「他人のふんどしで相撲を取る」といった形ですが、以前のサイト運営者が培ってきたGoogleへの信頼を利用して、それを自サイトの運営に活かすのは、ある意味賢い選択だと思います。

 

エイジングフィルターに捕捉される可能性が限りなく低い。

 

これも大きなメリットになりますね。

 

エイジングフィルターは、Googleがドメインエイジが若い新規ドメインのサイトなどに課すアルゴリズムの一つであり、これに捕捉されることによって長くて半年以上は、検索圏外のままになります。(これは、Googleに対して信頼がないために様子を見ている期間の可能性)

 

しかし、オールドドメインの場合はこれがほぼ皆無です。

 

vcytjrtg

 

初めからGoogleに対する信頼性がありますので、エイジングフィルターにかけて疑うまでもなく、そのままGoogleは、ひとまず検索結果に早く表示させてくれます。

 

もちろん、その後のあなたの対応で、ブラックハットSEOなどを過剰にやりすぎた時にはその信頼も地に落ちてしまいますが。

 

ロングテールSEOで有利。

 

ロングテールSEOは、僕の実感としては、基本的に、ドメインエイジが古ければ古いほど各記事でのロングテールワードでの上位表示がしやすく、アクセスを集めやすい印象です。

 

2chまとめなどの無料ブログのドメインを使っているサイトを見ていただければわかりますが、あらゆるキーワードで2chまとめの個別記事が上位に来ていることがわかります。

 

Zfgget

 

これは、無料ブログのFC2やライブドア、Seesaaなどのドメインが古く、Googleからある程度信頼されているからでしょう。

 

これはオールドドメインを使った場合でも同じことが言えます。

 

お金を払って購入するものであるというところで違うだけで、根本にあるドメインエイジの古さが、検索エンジンに対するSEO効果を発揮するところは変わりありません。

 

Googleから信頼のあるオールドドメインを購入してそれを利用するだけで、検索上位表示においてとんでもないアドバンテージを得ることができるわけです。

 

Googleの評価決定やインデックススピードが速い。

 

オールドドメインは、かつての所有者が培ってきたGoogleへの信頼がありますから、そのドメインの存在はGoogleも知っていますし、そのドメインの所有者は信頼しているから大丈夫ということで、優先して評価を決定しようとしてきます。

 

そのため、最初からGoogleからの信頼度0の新規ドメインと比べて、検索結果に表示されるスピードも速く、質のいい記事を書けば書くほど評価が上がって上位表示されていきます。(もちろん記事数だけでなく、それにつく被リンクも重要です。)

 

fdyh6juulk

 

検索結果に表示されるのが速いということは、クローラーが頻繁に巡回しに来て、インデックスやキャッシュされて、Googleのデータベースに保管されるスピードも、新規ドメインと比べて段違いに早いということになります。

 

あなたが記事を書いて更新すればするほど、早くインデックスされ、検索結果に表示されて、ロングテールSEOによる集客もしやすくなります。

 

オールドドメインのSEOも含めたデメリットとは?

 

オールドドメインのSEO面も含めたデメリットは以下の通りです。

 

  • コストがべらぼうに高い。
  • 当たり外れが大きい。

 

以上の2点になります。

 

それでは以下より解説します。

 

コストがべらぼうに高い。

 

なによりアフィリエイト初心者にとって厳しいのがこれです。

 

最初は稼ぎがない、もしくはほとんどない状態が多い初心者アフィリエイターにとっては、オールドドメインを購入するだけの資金を出すのは厳しい場合が多いですね。

 

bvhgdfy

 

ものにもよりますが、安くても数万円、高い奴だと数十万円~数百万円の値段です。ドメインを販売している業者などから購入することになることも多いですから、基本的に安くても数万円は出す覚悟でいたほうがいいと思います。

 

アフィリエイトを始める初心者のほとんどって、多分学生やサラリーマン、専業主婦がほとんどでしょうから、一般庶民にドメインでここまでの投資をするのは難しいかもしれません。

 

この値段の高さに負けて、新規ドメインに逃げてしまうアフィリエイターも多いのが事実ですね。頑張ってお金を貯めて買うのであれば、それもありだとは思いますが。

 

ちなみに僕のサイトは、基本的にオールドドメインで運営しています。お金を払ってでも、それだけの価値がありますから、新規ドメインと比べるとどうしてもそっちにしてしまうんですよね。

 

当たり外れが大きい。

 

オールドドメインの最大のデメリットがこれです。

 

前回のドメイン所有者が、どういったサイトを作り、運営していたのかによって、そのオールドドメインのSEO効果が変わってくるのです。

 

前回の所有者が、ホワイトハットSEOによる全うな運営や、ペナルティを食らっていない運営をしていた経歴であれば、そのドメインは問題ないのですが、

 

前回所有者がアダルトサイトや違法サイト、スパムサイト、ブラックハットSEOによるサイトなど運営でペナルティを受けた経歴がそのドメインにある場合は、そのドメインを購入して使ったが最後、いくら記事を投稿しても検索順位すらつかずに、ずっと圏外という悲惨な状態を味わう危険があります。

 

vbhfhjhk,

 

ただでさえ高いオールドドメインなのに、使ったことで役に立たないどころか、あなたの足を引っ張る原因になりかねないところがあるのです。

 

ペナルティを受けた経歴があるのかや、どういったサイトが以前に運営されていたのかという情報は、全てGoogleは把握していますので、外れをつかんでしまいそれを使ってしまうと、とんでもない損失を被ることになります。

 

しかも、ドメインチェックツールなどで色々調べても確かな情報とは限りませんし、先輩アフィリエイターに聞いたところ、外れの場合がほとんどのようです。

 

まあ普通に考えたらわかりますが、必死に運営して苦労してGoogleからの信頼を得たドメインを、そう簡単に手放すわけがありませんよね。何らかのまずいワケがあって、そうやって売りに出されていると考えたほうが自然だと思います。

 

オールドドメイン(中古ドメイン)がGoogleからペナルティをくらった経歴があって、ブラックリスト入りしているかどうかは、以下のサイトで確かめることができますので、もしあれだったらブックマークしておくといいかもしれません。

 

世界のURI (ドメイン)ブラックリストチェック

 

gdenfj

 

オールドドメインでサイトを運営するのは構いませんが、そのドメインの経歴などを詳しく調べて、自分が納得してから使うようにしてください。

 

そこは自己責任でお願いします。

 

以上が、オールドドメインと新規ドメインのメリットとデメリットになります。

 

ぜひ参考にしてください。

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

ドメインって何?

 

オススメのオールドドメイン無料検索サイトベスト2!

 

ドメイン年数をチェックできる無料ツール紹介!

 

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOとは?

 

サイト開設前にCHECK!ドメインブラックリストチェックツールとは?

 

人気ブログランキングに参加するメリットとデメリット

コメントを残す