キーワード率は1記事内に5%以下に留めるべき?

記事内にあるキーワード率は、Googleにそのキーワードにおいて、どれだけ重要な内容の記事なのかを評価させるための一つの指標になります。

 

しかし、キーワードは、狙っているかのように、あまりにも過剰に記事内に入れすぎると、キーワードスパムとして、Googleに捕捉され、ペナルティを受ける危険があります。

 

では、このキーワード率は、どれくらいにまで抑えておいたら大丈夫なのかという疑問が出てくるのですが、

 

僕自身は、5%以内に抑えておけば、問題ないだろうと思っているのですが、そこまで気にすることはないと思います。

 

yjgfjbyfg

 

というのも、Googleからペナルティを受ける対象って、キーワードの詰め込みすぎによる、読みにくい不自然な文章コンテンツです。

 

不自然な文章にならないのであれば、特に区切りはないように思います。

 

ただ、ラインを敷くとするなら、やっぱり10%以下には抑えといたほうがいいかなあ。

 

単純に一つのキーワードで10%も詰め込むとなると、相当うまく記事文章を考えなければ、不自然にならない程度に収めることって難しいですし、個人的に見ても、さすがに多いと思います。

 

egekgfuhfj

 

5%くらいとかだったら、僕のサイトでも、記事で結構そういうのってありますし、実質、それが原因でペナルティを受けたことはありません。

 

キーワード率を気にするのもわかるんですが、あまり気にしすぎても意味がないと思います。それよりも、自然と記事を作っていったら、自然とキーワード率が5%くらいになったとか、そういう状態を目指すべきだと思います。

 

キーワードを盛り込みたいなら、とにかく自然さが大事です。

 

当サイトのこの記事のように、「キーワード率」という言葉を自然とつかっていれば、文章もおかしくなることも少ないため、キーワードの詰め込みすぎによる、ペナルティを受けることもほとんどありません。

 

このキーワードの詰め込みのし過ぎに関しては、サイトタイトルや、記事タイトルも含まれますので、記事の文章だけだと思わないでくださいね。

 

bhvcxerfg

 

記事の文章よりも、サイトタイトルや記事タイトルで詰め込みをしたほうが、ペナルティを受けやすいので、油断は禁物です。

 

Googleが重要視している場所であればあるほど、ガイドラインに違反したときのペナルティの可能性が高くなることは覚えておきましょう。

 

まあ、あまりキーワード率にこだわらずに、自然な形で、記事を作成していってください。それが一番の方法です。そうしていたら、なんだかんだ5%以内で収まるようになってますから。

 

キーワード率については以上です。

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

Googleペナルティとは?

 

記事作成において注意すべきSEO上の5つの注意点!

 

SEOを意識した魅力的なサイトタイトルの作り方

コメントを残す