クローラーとは?

アフィリエイトを始めて、初心者のレベルから稼いでいくには、SEOの基礎知識は必須です。そこで、まずはGoogleの検索エンジンの仕組みを、簡単な範囲で理解しておかなければいけません。

 

その中でも今回紹介するのは、クローラーについてです。

 

この言葉は、アフィリエイトをやっていれば、嫌でも一度は聞くことになり、頻繁に出てくる言葉ですので、その言葉の意味と、アフィリエイト活動においてどう関係しているのかを知っておく必要があります。

 

では、そんなクローラーとは、いったい何なのでしょうか?

 

クローラーとは?

 

クローラーとは、別名「スパイダー」とも呼ばれ、Googleの検索エンジンから出動し、ネット上の各サイトを巡回して回っているロボットのことです。

 

これは別に、目に見えるものではなくて、ネットの中の、バーチャル世界の中で動いています。このクローラーの働きは、訪れたサイトの情報をGoogleに届けることです。

 

zadwbrfghnm

 

それによって、あとはGoogle側がその情報を処理し、検索順位を何位にするかや、検索結果に表示されるように、データベースに格納しておくなどの作業を行うことができます。

 

この一連の作業を自動化して、効率よく回すために必要なのが、このクローラーなのです。これがなければ、Google社員自らが、ネット上にある無数のサイトを手作業で調べなくてはいけなくなります。

 

僕たちアフィリエイターとしては、まずこのクローラーに、自サイトに訪れてもらうようにしなければ、サイト自体もGoogleのデータベースに格納されないので、検索結果に表示させることができません。

 

僕らは、いかにしてこのクローラーに、効率よくサイトを巡回してもらい、うまく情報を持って行ってくれるのかを考えなければいけないのです。

 

クローラーを呼び込むためには?

 

クローラーをうまく誘い出し、自サイトを巡回してくれないことには、新しく書いた記事も検索結果に表示されないため、人が見に来ることができません。

 

bv567ujm,

 

このクローラーに効率よく巡回してもらうには、いくつかの方法がありますので、ここで紹介していきたいと思います。

 

  • 外部リンクを充実させる。
  • 記事更新を行う。
  • Fetch as Googleに登録する。
  • 内部リンクを充実させる。
  • サイトマップを作成し送信する。

 

それでは簡単に解説していきますね。

 

外部リンクを充実させる。

 

これに関しては、他の記事でも、別のネタで解説を加えてしまっているので、重複してしまうのですが、言ってしまうと、クローラーが自サイトへ来るための経路を増やすという感じです。

 

外部リンク(被リンク)がついていなくて、直接あなたのサイトを訪れないといけないような状態よりも、いくつかの被リンクをもらっていれば、その被リンクを送っているサイトを経由して、あなたのサイトを訪れ、巡回してもらうことができます。

 

この被リンクは、自作で作るサテライトサイトが有効でしょう。WPのサイトからや、様々な無料ブログサービスを使ったサテライトサイトから、自作自演になりますが、ジャンルをメインサイトに合わせて作り、被リンクを送るといいでしょう。

 

大体2~3個くらいのサイト数で押さえておいてください。で、それぞれのサイトから、記事より1個ずつくらいです。

 

無料ブログはドメイン年数も長いですから、Googleの信頼も厚く、クローラーを頻繁に呼び込むことができます。

 

被リンクは、被リンクされているサイトの評価を上げる以外にも、クローラーを呼び込み、巡回してもらうための道筋を増やし、より多くのサイトを経由して、メインのこちらのサイトに来てもらうという、いわば道的な役割を果たします。

 

記事更新を行う。

 

記事が頻繁に更新されているサイトを、Googleは注目し、クローラーをよく送り込み、評価する傾向にあります。

 

記事が更新されると、その情報がGoogleに届き、その更新された記事を見に来るために、クローラーが出動し、自サイトを巡回しに来てくれます。

 

dwwbeffmj

 

そして、その新しい記事の情報をクロールし終わったら、Googleに持ち帰り、その情報を検索エンジンのデータベース内に格納し、検索結果に表示するかどうかを決めて、決定したら、検索結果に表示されるようになります。

 

ここ最近は、この作業のスピードが、以前に比べて落ちたという話がありますが、それだけGoogleも、慎重になってきたのかもしれません。

 

意味のないコンテンツを上位表示させるわけにはいきませんからね。以前よりも注意深くなってきたのでしょう。

 

Fetch as Googleに登録する。

 

これは非常に簡単です。

 

ウェブマスターツールへの登録が終わっているのであれば、まず以下の部分をクリックしてください。

 

そこに、Fetch as Googleがあります。

 

Fetch as Google1

 

次に、登録したいサイトのURLを入力し、以下の「取得」ボタンをクリックしてください。

 

Fetch as Google2

 

あとは、トップページ以外の記事も、巡回してもらうよう選択しておけばオッケーです。

 

内部リンクを充実させる。

 

内部リンクの充実は、やり方によっては1日で終わりますが、1からやろうとすると、アフィリエイト初心者にはたぶん無理だと思います。

 

そこには、プログラミングなどの専門知識が必要になるからです。

 

てっとり早く終わらせるためには、もとから内部SEO施策が完成している、SEO対策テンプレートを使う必要があります。

 

rtcvjgb

 

これによって、手間をかけずとも、簡単に内部施策を完了させ、記事作成に没頭することができます。

 

関連記事にて、「サイトテンプレートとは?」の記事でも紹介していますのでもしよろしければそちらをお読みください。

 

サイトマップを作成し送信する。

 

サイトマップを送信することによって、Googleにあなたのサイトの全体像を知ってもらい、クローラーが来た時も、効率よく巡回してもらいやすくなります。

 

関連記事より、サイトマップのWPバージョンでの送信方法などを載せていますので、まだの人はそこからご覧下さい。

 

以上になります。

 

クローラーをより効率よく呼び込めるかどうかで、あなたのアフィリエイトサイトへの集客スピードも変わってきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事はここで終わります。

 

関連記事

 

サイトテンプレートとは?

 

インデックスとキャッシュとは?

 

SEO自作自演禁止?!サテライトサイトとは?

 

WPサイトにサイトマップを作成する方法

コメントを残す