グレーハットSEOのデメリットとは?

当サイトのSEO手法では、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの両方を兼ね備えた、グレーハットSEOを推奨していますが、実はこのグレーハットにもデメリットがあります。

 

アフィリエイト初心者の方には特に、今後アフィリエイトで稼いでいくうえで知っておいてほしいことですので、できれば必ずグレーハットSEOを実践するなら読んでください。

 

mnvcdetrty

 

グレーハットSEOのデメリットはですね、例えば絵具を思い浮かべていただきたいのですが、黒に白を少しでも混ぜると、黒じゃなくなって濃いグレーか薄いグレーになりますよね?

 

ここをSEOに置き換えると、ブラックハットSEOに少しでもホワイトハットSEOを加えれば、Googleからのペナルティのリスクを減らせるということになると思います。

 

では逆はどうでしょうか?

 

白の絵具に黒を少しでも混ぜると、これまた濃いグレーから薄いグレーができますよね。

 

これもSEOに置き換えると、ホワイトハットSEOに少しでもブラックハットな要素があれば、それはホワイトハットじゃなくなるということの裏返しだと思います。

 

bgfdytgr

 

ただ、絵具の話に戻ると、黒と白とで違うのは、黒だったらグレーになっても、多少の黒を混ぜたら、色が勝って黒に戻りますが、白の場合はいくら白を混ぜても、真っ白にはなりません。この場合、黒が白に比べて強すぎるんです。

 

これが今回お話しする内容と一致します。

 

つまり、ブラックハットからグレーハット、グレーハットからブラックハットへの移行は容易ですが、ホワイトハットから少しでもグレーハットに入った瞬間、そのサイトはホワイトハットSEOでの運営は難しくなる可能性が高いということです。

 

これはサイト運営者の精神的な問題なんですが、本来のブラックSEOは、楽をして上位表示したいという気持ちが少しでもあるために実施される施策で、楽を少しでもしてしまうと、そこからそのサイトの方向転換を図りたいという気持ちがなくなってしまうことが非常に多いんです。

 

人間楽を覚えるとそこから逃れられなくなるとはよく言ったものですが、ホワイトハットから一転して少しでもグレーハットSEOによって、順位がついたり、上がったりすると、今まで地道にやってきたホワイトハットな手法が嫌になり、戻れなくなってしまう可能性があります。

 

rsadafhjh

 

つまり、白は少しの黒で簡単に染まるが、グレーや黒は、大量の白でもって対応しなければ、かき消すことはできないということです。

 

これがグレーハットSEOの大きなデメリットです。

 

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの間にあるため、関係性が非常にあいまいで難しいところがありますが、

 

通常の真っ黒なブラックハットよりもリスクが少なく、ホワイトハットよりも順位がついたり、上位表示するまでのスピードが速いのがこのグレーハットSEOです。

 

アフィリエイト初心者の方は、もしグレーハットSEOを使う場合は、必ずこのグレーハットSEOのデメリットをしっかり理解したうえで、アフィリエイトサイトの作成に生かしていってください。

 

では!今日はこの辺で!

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOとは?

 

ホワイトかブラックではなく両方がいい?!

 

Googleペナルティとは?

コメントを残す