サイトの規模が大きくなるごとに生じる3つの問題

アフィリエイト初心者の人が、様々なSEO対策を施していく中で、その人のサイトの規模も徐々に大きくなってきて、ロングテールSEOによって各記事からの検索流入も増えてくるでしょう。

 

そうやってサイトの規模が大きくなって、検索流入が増えることは非常にいいことなんですが、何も考えずにただやみくもにサイト規模を大きくすることだけを考えていくと、ユーザーにとって使いにくいサイトになったりしてしまうことがあります。

 

bdsnmbfshjehg

 

100記事くらいの規模ならまだいいかもしれませんが、それ以上を超えるとしっかり情報の整理を行わなければ、見に来た人が読みたい記事を読むところまでたどり着けないサイトになってしまう可能性が高いです。

 

サイトの規模が大きくなっていくことによって生じる問題とはなんなのか、以下より解説していきたいと思います。

 

サイトの規模が大きくなることで生じる3つの問題

 

サイトの規模が大きくなることで、ほぼ確実に引き起こされる問題は以下の3つです。

 

  • 重複記事が出てくる。
  • サイト構造が複雑化する。
  • サイトタイトルから一見外れた内容のものを書かなくてはいけないことがある。

 

それでは以下より解説していきます。

 

重複記事が出てくる。

 

これはもはや避けることは難しいのですが、各記事の内容によっては、反復的な内容として、他の記事で取り上げた内容を一部、その記事で使うことが多く出てきます。

 

サイトを作りこんでいく際には、その他の記事でも解説されているような内容を、ひっぱり出してきて今その記事内で説明したほうが、読みに来る人にとってわかりやすくていい場合だってあるんです。

 

asgrtjuyt

 

でも、僕が心配しているのは、この重複している部分をGoogleがどう見ているかという点です。

 

自サイト内での問題なので、どうなのかはわかりませんが、あまりにも重複している記事・内容が多すぎると、どちらかの記事をnoindexにしたりして、Googleに評価させないようにすることも必要になるかもしれません。

 

これがもし、内部だけの問題ではなく、外部のサイトにパクられて、パクられたあなたのサイトのほうを重複コンテンツとして認定されてしまった場合、すごくややこしいことになってきてしまいます。

 

現時点では、Googleは重複コンテンツに対する対処がまだ行き届いていないため、ドメインの強いサイトからパクられた場合、ドメインの弱いサイトのほうが重複コンテンツとして検索順位を下げられるという現象が多く起こっています。

 

swertgbhn

 

この場合は、Googleのページで通報しなければいけません。

 

ただ、この対処に関しては僕はやったことがありませんので、どう対処してくれるのかまでは不明です。

 

まあ解決は難しいかもしれませんが、なるべく内容が被らない記事を書くよう意識したほうが、サイトの評価を下げずに済むのでいいかもしれませんね。

 

サイト構造が複雑化する。

 

これもユーザビリティのことを考えると、非常に弊害になります。ホワイトハットSEOを意識するのであれば、その複雑化したコンテンツの構造をできるだけ見やすく、簡略化してまとめなければいけません。

 

ホワイトハットSEOの基本は、ユーザーのことを第一に考えたサイト作りです。

 

csbtrj

 

例えば、当サイトなら、記事を書くたびに、それをデータベースに保存するかのように、それらを収納しておくためのページを用意しています。

 

それが以下の部分です。

 

ragth

 

ここにある各項目をクリックすると、以下のように各記事への内部リンクがあるかと思います。それも、ジャンルに分けてです。例えば、「SEO」であれば見出しで分けて、「内部施策」と「外部施策」と区切ります。

 

fegahgj

dhgsyku

 

このように、各記事を書くごとに、その記事へのリンクを集めてわかりやすくまとめておくことで、読者が読みたい記事をいつでも読めるようにすることができます。

 

記事数が増えてくると、カテゴリー分けだけではやりきれないところがありますので、こうした各記事への内部リンク集のページを作ることをお勧めします。

 

サイトタイトルから一見外れた内容のものを書かなくてはいけないことがある。

 

これもある意味仕方がないことなのですが、サイトの規模が大きくなると、どんどん扱う内容の幅が広がってきて、サイトタイトルに組み込んである本来メインにすべき内容とは離れたようなものも扱わなければいけないことがあります。

 

これによって、サイト内容とはかけ離れた内容として、検索順位上、質の低いコンテンツとして扱われ、順位を下げられる可能性があります。(サイトタイトルの内容とは一見離れているように見えるから。)

 

trgfvjsbvk

 

間接的に関係あるとしても、それをGoogleがしっかり認識してくれるのかにおいて、非常に不安なものがあります。

 

それを防ぐためにも、そういった記事内でサイトタイトルと関連付けるようにキーワードを程よく入れておくことなどをしておいたほうがいいでしょう。

 

以上になります。

 

サイトコンテンツの規模が大きくなってくると、ユーザーにとって分かりにくいサイトになりがちです。

 

大規模サイトを目指すのであれば、必ず上記のような対策はしておくようにしてください。

 

SEO上で考えても、大事になってきます。

 

関連記事

 

発リンクの解説とそれを使ったSEO対策

 

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOとは?

 

noindexとnofollowの違いとは?

 

内部リンクと外部リンクの解説とそのSEO

 

コンテンツ重視のサイトを作るコツとは?

コメントを残す