サテライトサイトと被リンクの今後の展開・・・

サテライトサイトと、被リンクの今後の展開について、僕の考えを下に、予測を立ててみたいと思います。

 

まず、現状としては、2014年のペンギンアップデートにより、以下のような結果がもたらされています。

 

xhfgkn,mlk

 

この画像から見てわかるように、被リンク(外部)に対する検索エンジン上の重要度が、下がっていることがわかりますね。

 

で、Google側も、できればコンテンツ重視で、被リンク数に頼らずとも、各キーワードにおいて有益な情報を持つサイトを見つけ出して、検索結果の上位に持ってこれるように頑張ってはいるのですが、

 

今現時点から見るに、まだまだ被リンクの効果は絶大なようです。

 

現に、僕が作っているサイトで、背中ニキビのサイトがありますが、「背中ニキビ ケア」で調べた際の上位表示を達成しているライバルサイトの被リンクを見てみると、

 

海外からの、広告ばかり貼り付けた無意味なリンク集みたいなものから、ジャンルの全く違うサイトとそうでないサイトも含め、一定の被リンクを集めたサイトが上位を独占していました。

 

bcjeskwhwuirw

 

無意味なリンク集みたいなサイトからの被リンクをもらっているようなところでも、検索順位の上位に表示されるということは、Googleもまだそこまで追いついていないか、もしくは、たまたま何らかの要素が重なって、見過ごしてしまっているかのどれかでしょう。

 

しかし、上記の画像のように、徐々に被リンクの数などといった被リンク関連の項目の重要度が下がり、コンテンツに直接関連してくる項目が上がってきて、いずれ追い抜いてしまうだろうと僕は感じています。

 

ですから、昔のように有料リンクやサテライトサイトからの被リンクで上位表示できた時代も、今後は徐々にそれらを評価する重要度が落ちてくるために、通用しなくなってくるかもしれません。

 

ただし、被リンクや、サテライトサイトという存在や、概念自体は、当分の間はGoogleでは残り続けると思っています。

 

sgatht

 

普通に考えれば、関連企業同士、関連サイト同士、自分のところにはない要素のあるコンテンツを持ったサイトに対して、支持を送ったり、多面的にアクセスを獲得しに行ったり、

 

参考文献的な意味合いで、記事内で他サイトを紹介することは、ごく自然なことですし、それによって訪問者が、より多くの有益なコンテンツを得ることができる可能性があるということを考えれば、

 

被リンクやサテライトサイトの存在も、Googleにとって必要であり、自然な現象、存在だと言うこともできます。

 

「参考」としての意味合いで、他のサイトの記事を紹介したりするのは決して違反行為でもないですし、至って自然ですよね。そうすることで、訪問者のためになることだってあるんです。

 

yjgjbl

 

しかし、それが過剰になるといけないということで、原則として、自作自演の被リンクはダメだとか、一気に被リンクを貼られると、怪しまれて順位を下げられるだとかが起こるわけです。

 

サテライトサイトに関してはこちら。

 

SEO自作自演禁止?!サテライトサイトとは?

 

被リンクに関してはこちら。

 

被リンクとは?

 

今後の見通しとしては、特に、被リンクとサテライトサイトの数に関しては、重要度は徐々に落ちていき、コンテンツ関連の評価項目が上がってくると予想しています。

 

ただ、被リンクなどの存在自体はなくならずに、今後も評価項目の一環として、残っていくだろうという見解です。

 

僕としては、被リンク云々よりも、記事を書いて地道にコンテンツを充実させていったほうがいいだろうと思いますけどね。

 

ではでは!

コメントを残す