スパムサイトからの被リンクは検索順位に影響がある?

アフィリエイト初心者がアフィリエイトで稼ごうと、サイトを作成していく際、どんどんあなたのサイトの知名度や露出度が上がっていくと、スパムサイトからの被リンクが来るようになります。

 

例えば有名どころでいうと、以下のサイトなどがあります。

 

  • 2th.ir
  • wsdata.com
  • dom​ain​met​ric​s.d​e
  • その他変な海外のサイト
  • ワードサラダでペラページのサイト

 

ウェブマスターツールなどであなたのサイトの外部リンクを調べてもらうとわかるのですが、こういったサイトからの被リンクは何の関連性もなく、

 

ワードサラダなどのコンピューターによる自動生成ページからのものが多く、貼り付けられる限度が過ぎると、あなたのサイトを落とすことにもなりかねません。

 

例えば以下のような感じです。

 

dom​ain​met​ric​s.d​e

 

yjgfj

 

ウェブマスターで確認すると、まったくサイトと関連がないにもかかわらず、貼り付けられていることがわかります。

 

vfdarg

 

ワードサラダでペラページのサイト

 

njhkefnkl

 

目を疑うでしょうが、もはやワードサラダですらありません。ページはこの1ページだけで、数字の羅列のところに被リンクが仕込まれていました。

 

ウェブマスターで確認すると以下の通りです。

 

syhujhhd

 

このように、様々なスパムサイトからの被リンクが貼り付けられ、あなたのサイトの評価を脅かすことにもつながってくる可能性があります。

 

Googleも、こういった悪質なスパムサイトに関しては注意を呼びかけ、これらのサイトからの被リンクをひたすら無効化するよう対策をしているようですが、まだすべてのスパムサイトを把握できていないため、作業が追い付いていない状態です。

 

僕が一つ情報として知っているのが、2th.irのスパムリンクは、Googleが対策を完了させることができたということです。

 

Googleフォーラムへ  (外部サイトへ飛びます)

 

どうやらこのイスラム系のサイトである2th.irは、削除されているようです。

 

僕のサイトにも、いくつかリンクされていたのですが、いつの間にかなくなっていました。(否認で消したような覚えも・・・)

 

こうしたスパムサイトからの被リンクに悩まされているのであれば、Googleに通報するか、ウェブマスターツールの否認ツールを使って、リンクを否認する必要があります。

 

xzaafewref

 

以下の外部リンクでは、様々なサイトのトラブルにおける通報などを行うことができますので、もし心当たりがある方は、ここから通報することをお勧めします。

 

問題をGoogleに報告する

 

否認ツールは僕も使った経験があって、否認が完了するまでに時間はかかりますが、しっかりとリンクが無効化されていました。

 

ウェブマスターツールに登録していないという人は、こうした事態に気づいていち早く対処できるようになるためにも、登録されることをお勧めします。

 

否認ツールの使い方とウェブマスターツールの登録方法に関しては、以下の関連記事で紹介していますので、もしよければご覧ください。

 

ではでは!

 

関連記事

 

オーソリティサイト(Naver等)による問題

 

成り上がるとやられる?!逆SEOとは?

 

コメントを残す