ターゲティングはアフィリエイトで稼ぐのに必要か?

アフィリエイトサイトを作る前に、まずはどういう人をターゲットにサイトを作っていくのかを考えなくてはいけません。

 

アフィリエイト初心者の人は特に、誰に向かってサイトを作るのかを考えずに、結果としてどういう人が集まったのかという感じで、行き当たりばったりな戦略でやることが非常に多いです。

 

マーケティングにおいても、まずはターゲティングによるどういう層をターゲットにするのかということを、ある程度サイトを作る前に決めておかなくてはいけません。

 

bvdhtrf

 

ターゲットにする層が違えば、あなたが各記事の内容や文章も大きく違ってきます。

 

例えば、「アフィリエイトで稼ぐ」ことに関するサイトを立ち上げようとする際、アフィリエイト初心者に向かってサイトを作成するのか、中上級者に向けてサイトを作成するのかという、その目的によって大きく変わってくるということです。

 

アフィリエイト中上級者であれば、専門用語などを使った説明で向こうも理解してくれるため、そこまで気を遣わなくても記事を書くことができるのですが、

 

アフィリエイト初心者の人を相手にする場合は、専門用語を知らない人ばかりですから、中卒の人でもわかるくらいの非常に詳しく、なおかつわかりやすい文章を求められます。

 

もしあなたがアフィリエイト初心者に向けてサイトを作るというのであれば、そんな専門用語ばかりが出てくる記事や文章ばかりでは、お客さんは理解に苦しみ、もっとわかりやすいサイトを見つけようと離脱してしまうでしょう。

 

tgyszgrhj

 

これが、サイトの客離れを引き起こす一つの原因にもなりえます。

 

アフィリエイト初心者の人をしっかりと掴むためには、その人たちが読んでもわかりやすい解説と文章力、気遣いが必要になるのです。

 

もし途中でこのことに気が付いたとしても、後ですべての記事の文章に修正を加えるのは相当な労力を使う羽目になりますし、なにより時間を多く使いますから、非常に効率が悪いですよね。

 

そういうことにならないためにも、あらかじめどういう人に向けてサイトを作るのかを決めて、それらの人がサイトのジャンル・内容についてどこまで知っているのかをこちらが先に汲み取り、その上でサイトを作成していかなくてはいけません。

 

ターゲティングで、お客さんの層を絞る時は、最低でも以下の項目は意識して行ってください。

 

  • 性別
  • 年齢層(○○歳~○○歳)
  • 職業
  • 年収
  • サイトの内容にどれだけ詳しいか。

 

これら5つは最低でも抑えておいたほうがいいかと思います。

 

年収とかは、「300万~500万」を対象にとか、それくらい大雑把なものでも構いません。特に稼ぐ系のサイトを扱ったり、高額な商品を扱うものなどは、年収がどれくらいの人をターゲットにするのかというのは結構重要です。

 

例えば、釣りとかゴルフなど、ある程度お金や時間に余裕がある人とかでなければ、なかなか商品を売ることって難しいですから、年収でどれくらい稼いでいるかによって、その人の生活レベルを考えて絞り込んでいくというのは結構重要な作業になります。

 

utyurfhtfhjk

 

「サイトの内容にどれだけ詳しいか?」というのは、つまり初心者か経験者かという違いを分けるようなものです。これによって、あなたのサイトがどこまで深く掘り下げて解説したらいいのかというのが自然とわかってきます。

 

ターゲティングは、確かに最終的なサイトの集客で思いもしないような層からの流入が見込まれる時があるため、本当に意味があるかどうか疑問に思われる方も多いと思いますが、僕はやはり必要だと思います。

 

誰にどんな商品を紹介するのかというレベルで、深く掘り下げれば掘り下げるほど、そのマッチング率は上がり、商品の売れ行きも良くなっていくことが多いですから、ターゲティングは最初の段階である程度はしておいたほうがいいでしょう。

 

面倒くさいと思われるかもしれませんが、やっておいて損はありませんので、ぜひ考えから、サイト作成に取り組むようにしてください。

 

ではでは!

 

関連記事

 

アフィリエイトの稼ぐための絶対公式とは?

 

僕がアフィリエイトで月10万円稼ぐまでの道筋

 

アフィリエイトで高額商品と少額商品どっちが稼げる?

コメントを残す