パーマリンクの解説と設定方法

 

メインサイトをWPで作成する場合、テンプレートを導入して形ができたあとは、パーマリンク設定というものを行わなくてはいけません。

 

もし、まだ行っていないという方は、是非この機会にパーマリンク設定を行っていただきたいと思います。

 

ちなみに、パーマリンクは一般的に以下の認識にて存在しています。

 

パーマリンクとは、ブログの個々の投稿、カテゴリーなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URLです。 パーマリンクは、他のブロガーがあなたの投稿やセクションにリンクを張るときや、投稿へのリンクを Eメールで送ったりするときに使います。個別の投稿への URLは常に存在して決して変らないようにすべきです。 そういう訳で、「perma」リンクといいます。

(引用元:http://wpdocs.osdn.jp/%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%ae%e4%bd%bf%e3%81%84%e6%96%b9 

 

 

つまり、あなたのサイトのあらゆるページのURLにおいて、ずっと関わり、共通して利用されるものだということです。

 

あと、このパーマリンクを一度設定した場合は、それ以降は基本的にいじらないようにしてください。

 

なぜなら、一度設定したパーマリンクを変えてしまうと、あなたのブログに設置したソーシャルメディアのウィジェットの数値がリセットされてしまうからです。

 

せっかくブックマークされた記事も、すべてリセットされてしまい、大きな機会損失となってしまいますので、余計なことは考えずに、一度設定したパーマリンクは変えないでください。

 

パーマリンクは、基本的に以下の形で導入するようにしてください。

 

 

デフォルトの状態「?p=123」

(例:http://test.com/?p=123)

 

カスタム構造「%category%/%postname%/」

(例:http://test.com/カテゴリ名/任意の文字列)

 

 

このパーマリンクは、川の流れにたとえて、上流のトップページなどから下流の個別記事ページに、上流ページについているリンクジュースをくまなく流し込むという考え方から、非常に人気が有り、多くのアフィリエイターはこれを使用しています。

 

でも、リンクジュースが流れるのって、今はトップページだけじゃなく、ブックマークやシェアされることによる個別記事へのリンクジュースの集中が増えてきたため、一概にこれじゃないとダメというわけでもありません。

 

Googleのクローラーは上位層からのクロールだけでなく、下位層からのクロールも活発的に行っています。

 

パーマリンクを設定する前に。

 

また、パーマリンクももちろん重要ですが、その前にパンくずリストというものを充実させなくてはいけません。

 

パンくずリストっていう言葉自体、アフィリエイターの方は聞いたことがあるかもしれませんが、訪問者を今いるページと関連のあるページへナビゲートし、今自分がどの位置にいるのかを訪問者にしってもらうための道しるべみたいなものです。

 

パンくずリストというのは、サイト内部で見ると以下の部分です。

 

パンくずリストの部分

 

パンくずリストは、現在いるページから関連のある他のページへ訪問者を案内してくれる際に、内部リンクが貼られますから、

 

そのリンク先の内部リンクでのSEOパワーが強まったり、Googleがパンくずリストを識別してその情報を元にそのページの情報を認識し、検索結果に表示させたりすることができますので、

 

パーマリンクを設定することはもちろんですが、その前に使うサイトテンプレート自体に、パンくずリストが生成される仕様が施されているのかをチェックしておくといいでしょう。

 

それで今使っているテンプレートがパンくずリストを導入していなかった場合、パーマリンクの設定を完了して記事を書き始めて、後戻りが難しくなる前に変更されることをおすすめします。

 

パーマリンクの設定方法

 

パーマリンクの設定方法ですが簡単なのでここでもう解説しちゃいます。まず、WP管理画面のトップページを開いてください。

 

パーマリンク1

 

次に、「パーマリンク設定」のメニューをクリックして、以下の画面にたどり着いたらカスタム構造の項目にチェックを入れてパーマリンクを入力してください。

 

パーマリンク2

(当サイトでは、「/%postname%-%post_id%」を使っています。)

 

これで「変更を保存」のボタンを押したら、パーマリンクの設定は完了です。
当サイトで紹介させていただいている「アンリミテッドアフィリエイト」では、「/%category%/%postname%.html」がカスタム構造として設定するよう書かれていますが、

 

僕個人的には当サイトで使っている「/%postname%-%post_id%」や、「%category%/%postname%/」でも問題ないので、あなたの好きなものを選ばれるといいでしょう。

 

ではでは!

 

関連記事

 

サイトテンプレートとは?

 

内部リンクと外部リンクの解説とそのSEO

 

記事作成において注意すべきSEO上の5つの注意点!

 

Googleのガイドラインのコンテンツ品質に関する要注意点!

コメントを残す