フッターのサイト説明とフッターからのリンクは不要?

どうも!コゴローです!

 

今回お話しするのは、フッターにあるサイト説明文と、トップページへのリンクが必要なのかについてです。

 

まず、フッターとはどこになるのかというと、サイトの最下部である、以下の部分です。

 

フッター

 

で、ここにあるサイト説明文と、「コリン性蕁麻疹専門サイト【治し方】」とある部分についている、トップページへのリンクがありますよね?

 

ここを削除してほしいということです。

 

フッターでの説明文やリンクの挿入は、多くのアフィリエイターが実践していることなのですが、実はここ最近のGoogleでは、これがペナルティの対象になるかもしれないという話を、先輩であるアフィリエイターに聞きました。

 

どうやら、一昔前のSEO業者が行っていた手法と同じらしく、そういうつもりでやっていなくても、Google側が、「文字数稼ぎのためのフッター説明文」や、「業者による自演リンク」などというように、

 

マイナスな解釈で、サイトを評価することが今後の展開であり得るようで、止めておいたほうがいいという話のようです。

 

xdgerfgku

 

ただし、ヘッダーでのサイト説明文や、サイトタイトルにつくトップページへのリンクは対象にならないということですので、すこし安心しました。

 

これを聞いたそのあと、サイトのフッター部分にある説明文とリンクを削除しました。

 

それを行ったのが、僕が月10万円稼いでいた時に、メインで稼いでいたサイトで、少し怖さがありましたが、それによる順位変動は特におこりませんでした。

 

被リンクの購入を行っている方がいればなおさら気を付けてほしいのですが、フッターからの顧客サイトに対する被リンクを行っているサイトは、早めにリンクを解除してもらったほうがいいですよ。

 

おそらく、いまは大丈夫でも、今後ペナルティを受ける可能性が高いです。

 

フッターからの被リンクとサイドバーからの直接的な被リンクを行っているところがありましたら、全力で解除してもらうことをお勧めします。

 

btytyhjk,

 

最近のGoogleは本当に厳しくなりましたね。ちょっとした被リンクやキーワードの入れすぎで、いつ検索順位が下がるかわかったもんじゃありません。

 

やっぱり胴元に握られているというのは痛いですね。これがアフィリエイトのデメリットでもあるのですが、アフィリエイターのサイトの運命は、Googleの決定で全て決まります。

 

それでペナルティを食らって死活問題になる人もいるんですから、こういった取締りの強化は本当に他人事じゃないですよね。

 

んー、なんかいろいろと考えさせられる今日この頃です。

 

関連記事

 

被リンク購入はアリかナシか?

 

Googleペナルティとは?

 

ペンギンアップデートとは?

コメントを残す