メタキーワードとメタディスクリプションとは?

アフィリエイトサイトを作っていく過程で、メタキーワードとメタディスクリプションをどういったものにするかで、アフィリエイト初心者の方は悩むことが多いかと思います。

 

まあ、サイトの説明部分に位置するわけですから、悩む気持ちはわかる気がします。

 

今回は、そんなメタキーワードとディスクリプションについて基礎的な解説から、SEO効果についてお伝えしていきたいと思います。

 

メタキーワードとは?

 

メタキーワードとは、そのサイトで特に注目してほしいワードをコンマ区切りで羅列して、Googleに伝えるためのものです。

 

例えば、メタキーワードはHTMLで、以下のように書き表されています。

 

<meta name=”keywords” content=”アフィリエイト,初心者,稼ぐ,SEO,SEM”>

 

メタキーワードは、「メタキーワーズ」というように、複数形が前提で成り立っていますので、複数のキーワードを入れることが前提となっています。

 

nvcxxfef

 

ここにあなたが狙っているキーワードを入力することで、SEO効果が期待できそうな気がしますよね。

 

まあこの手法は確かに通用していました。一年前までは。

 

しかし、一昔目とは違い、今は大きく変わってきています。

 

確かに、ここに狙っているキーワードを入れることで、SEO効果を期待できるというものがありましたが、今はそこまで気にする必要はないというのが結論になります。

 

「なぜ?」と疑問に思われる方もおられるかもしれませんが、

 

それは、Googleが実際に、メタキーワードを検索順位を決定する際の評価項目から外しているとコメントしているからです。

 

これは、2009年9月21日のGoogleオフィシャルブログで載せられています。

 

fgrbhazgv

 

原因は、メタキーワード部分への過剰なキーワード詰め込みすぎによるスパムが横行したせいだといわれていますね。

 

まあ入れておいて損はないのですが、これといって入力しておくことで得したことがあったのかと聞かれると、実際のところ、あまり実感がありません。

 

ただし、いくつもキーワードを入れすぎるとスパムということでペナルティを受ける可能性がありますので、そこだけは気を付けておいてください。

 

そこを気を付けていれば、まあどうしても上位表示させたいサイトであれば、2個~4個くらい入れておいたらいいのではないでしょうか?

 

入れないより入れておいたほうがいいくらいですね。

 

h6rtuya55

 

このメタキーワードをできる限り有効活用するとすれば、ここに入れたキーワードを、サイトトップページのサイトタイトルやカテゴリ、記事の見出しや文章内に程よく盛り込んでおくというやり方がいいと思います。(もちろん、過剰なキーワード詰め込みはアウト)

 

Googleにそのサイトのキーワードを伝えるためにメタに入力しているのに、そのキーワードがサイト内のどこにも書かれていないのでは不自然です。

 

Googleは不自然を嫌いますから、リスクを減らすという意味でも、メタキーワードとサイト内のコンテンツキーワードはある程度合わせておくことをお勧めします。

 

メタディスクリプションとは?

 

このメタディスクリプションとは、簡単に言うとサイトの説明文のことです。これで、検索して来たユーザーに対して、あなたのサイトの概要を伝えることができます。

 

では、SEO効果の面において、メタディスクリプションはどうなのか?という話ですが、メタディスクリプションは僕的にはまだまだ重要性はあると感じています。

 

それは検索した時にわかりますよね。

 

実際にキーワードを検索した時に、以下のように太文字で表示され、検索したワードに対してGoogleがこのメタディスクリプションに少なからず反応していることがわかります。

 

rgreyh6ju

 

また、場合によってはメタディスクリプションの重複を避けるために、メタディスクリプションを入力しないという方法もあります。

 

もしそうした場合は、以下のように文章がとぎれとぎれで、説明文が載るところに表示されます。

 

ergbrdh

 

メタディスクリプションでやってはいけないのは、他サイトのディスクリプションのコピペや、いくつも同じディスクリプションを複製して量産しまくるといった行為です。

 

また、このメタディスクリプションの部分も、キーワードの詰め込みすぎには要注意です。スパム対象でペナルティを食らうことがあります。

 

これらを気を付けたうえで、人がつい読みたくなるようなメタディスクリプションを書くことができれば、検索上位に来た時にひょいとあなたのサイトに立ち寄ってくれる人が増えることがありますよ。

 

まあ、それでも外部施策ほど重要なものでもありませんので、普通にスパムにならない程度でキーワードをちりばめて、不自然でない文章を入れればそれでいいと思います。

 

uhbwirhjaoi

 

僕自身も、このメタディスクリプションは、各サイトごとに考えて入れてはいますが、そこまでこだわってやってはおらず、スパムにならない程度にやっているくらいです。

 

ただ、このメタディスクリプションで入力したキーワードも、サイト内で程よく見出しやサイトタイトルなどにちりばめておくというくらいはやっておいてください。

 

サイト説明文のキーワードの内容と、実際のサイトコンテンツにあるキーワードがそれと違う場合は、Googleから評価されない可能性もありますので、ディスクリプションで意識的に入れたキーワードは、サイトトップページなどで入れておくことをお勧めします。

 

以上が、メタキーワードとメタディスクリプションについてです。

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

検索トラフィックとは?

 

クローラーとは?

 

被リンクとは?

 

Googleペナルティとは?

コメントを残す