モバイルユーザビリティの問題が4月21日以降順位に影響する!

アフィリエイト初心者の方で、アフィリエイトをしばらくやっていくつかサイトを運営するようになり始めた方は、最近、以下のような通知がウェブマスターツールに届いていませんか?

 

mobileuser1

 

mobileuser2

 

「■URLでモバイルユーザビリティ上の問題が検出されました。」という通知が来ている方は、その名のとおり、対象のあなたのサイトがスマホ対応になっていないためです。

 

スマホからのアクセスが増えてきて重要になってきている現在、スマホ対応していないサイトに対してはGoogleから上記の通知が届けられるようになっています。

 

2ヶ月くらい前は、そこまで対応を迫られるような状態ではなかったのですが、

 

なんとGoogleが公式にモバイルユーザビリティの問題の有無、モバイルフレンドリーであるかどうかを検索順位の決定要素に組み込むことを公表しました。

 

そのアルゴリズムが導入されるのが、今年の2015年4月21日からだそうです。

 

esdgerhrsy

 

ただ、現時点ではまだ大きな順位変動もなく、特に大きな動きもありませんので、実際は21日以降になってみないとわかりません。

 

もしあなたのサイトがモバイルフレンドリーで問題ないのであれば、モバイルフレンドリーテストというチェックツールで以下のように表示されるはずです。

 

モバイルフレンドリー

 

そうでない場合は以下のように表示されます。

 

モバイルアンフレンドリー

 

また、検索結果において、「スマホ対応」のラベルが貼られている場合は、事実上、あなたのそのサイトはスマホユーザーに優しい使いやすいサイトとしてGoogleから認識されていることになります。

 

sumahotaiouraberu

 

これは以前から導入はされていたんですが、まだその時はGoogleもそれが重要なランキング要因になるとは明言していなかったため、当時はまだ僕も対策していませんでした。

 

で、ここに来てようやくスマホ対応が重要になってきたというわけです。

 

これはなんとなく予想はしていたのですが、正直僕自身全く準備をしておらず、焦って今この時期に対応を迫られているという状態です。

 

一応いくつかはスマホ対応にしておいたのですが、まだGoogleに認識されていないからか、ウェブマスターツールでは、まだモバイルユーザビリティのエラー部分が解決していません。

 

モバイルユーザビリティ問題解決していない

 

しかし、一応、スマホ対応に変更した直後では、Googleが提供するモバイルユーザビリティ診断サイトでは、モバイルフレンドリーという結果が出ました。

 

モバイルフレンドリー

 

まだクロールが完了していないために処理が終わっていないから、ウェブマスターツールにあるモバイルユーザビリティにおける問題のあるページ数をあらわしたグラフが減っていないかもしれませんので、すでに対応をしてあるサイトの方は、様子を見ていこうと思います。

 

クロールし終えて一通り終われば、問題が解決するかもしれません。

 

また、SIRIUSというサイト作成ツールで作ったサイトは、ツールを使って簡単にスマホ対応サイトに変更できたんですが、WPで昔のテンプレートを使っていたサイトに関しては、

 

「WP TOUCH」というWPが無料で配布しているWPサイトをスマホ対応にしてくれるプラグインを有効化しただけで、本当に応急処置の段階なので、それがGoogleにどう映るのかは正直不安なところです。

 

一応今月にスマホ対応に簡単にできるWPテンプレートを購入し、サイトリニューアルを行ってしまうつもりですから、それでなんとか手を打とうと思います。

 

まあ今使っているテンプレートって2010年とか2011年のやつですからね。正直かなり古いので、変えるいい機会だと思います。

 

もしあなたのサイトがSIRIUSなどのサイト作成ツールで作っていて、簡単にスマホ対応できる状態であれば、即座に対応するようにしてもらって、

 

WPサイトでテンプレート上の問題ですぐに対応できないという方は、スマホ対応が簡単にできるWPテンプレートの購入をおすすめします。

 

モバイルユーザビリティの問題を解決する上で役立つページ

 

ここでいくつかモバイルユーザビリティの問題を解決するうえで役立つページ、サイトを紹介しておきます。

 

それが以下のサイトです。

 

ウェブマスター向けモバイルガイド

モバイルフレンドリーテスト

モバイルユーザビリティレポート

 

これら3つに、あなたのモバイルユーザビリティ上の問題を解決するに当たっての基本情報が載せられていますので、参考にしてください。

 

関連記事

 

Googleからモバイルユーザビリティに関する注意を受けた話

 

モバイルフレンドリーの問題が解決するには時間がかかる。

 

スマホ対応に関するアルゴリズム導入後のサイト順位の変動について

コメントを残す