ランディングページ(LP)とは?

ランディングページってアフィリエイト初心者さんの方は知っていますか?

 

聞いたことがないという方は、たぶん少ないと思います。しかし、当サイトではアフィリエイトを全く知らない初心者の方に1からアフィリエイトを教えることを目的としていますので、

 

この記事では、ランディングページについて、わかりやすく簡潔に解説していきたいと思います。

 

ランディングページ(LP)とは?

 

ランディングページとは、略してLPとも呼ばれていて、多くの方は、おそらく情報商材の販売ページなどでよくある、1カラムの縦に長ーいペラページのサイトを思い浮かべるとは思うのですが、厳密にいうと少し違います。

 

ランディングページとは、あらゆる検索結果に出てくるサイトへのリンクや、広告をクリックした先に現れる一番最初のサイトのページをいうんです。

 

bvdewygrui

 

ですから、あなたが書いて投稿したサイト内の各個別記事一つ一つも、ランディングページになるということになります。

 

ロングテールSEOによって、どれかの記事が検索に引っかかることがよくありますから、その検索できた人にとっては、あなたにとってはなんでもなくても、その記事はその人にとってランディングページとなるのです。

 

ただ、業界全体の認識で見ていくと、販売用の1カラムのペラサイトがランディングページだという認識でいますので、あなたがそう思ってもらっていても、何ら問題ありません。

 

ただし、アフィリエイトを解説するサイトによっては、ランディングページに対する考え方が違う場合がありますので、あなたが思いもしないような意味でランディングページという言葉を使っているなんていうことにならないように気を付けてください。

 

両方の意味を覚えておくと、そこまで困ることはないでしょう。

 

vtdrtghbn

 

また、ランディングページは別でキラーページとも呼ばれていて、このキラーページの定義は、先ほどのランディングページの定義の一つである、「販売用のペラサイト」のみが該当するようなものになっています。

 

あなたのサイトでアフィリエイト商品をレビューして、そこにアフィリエイトリンクを置いているページも、同じくキラーページということになります。アフィリエイトは販売よりも紹介という色のほうが強いですが、そこまでキラーページの意味を気にせずともいいでしょう。

 

アフィリエイト商品を紹介したり、販売したりするページの総称を、ランディングページやキラーページと呼ぶという認識で構いません。

 

ランディングページの重要性

 

ランディングページは、あなたのサイトの売り上げを決める、最重要事項といっても過言ではありません。

 

企業でも、このランディングページのイメージ画像や制作だけで、半年もかけるところだって存在します。

 

それくらい売り上げに影響する、重要なページなのです。

 

chvyjgh

 

このランディングページをより強化していくには、普通にレビューを書いて、アフィリエイトリンクを置くだけでは足りません。

 

ちゃんと法則にのっとって、うまくお客さんに商品の良さが伝わるよう文章を考えなければいけないのです。

 

この記事ではライティングの話は割愛しますが、当サイトの「アフィリエイト中級編」では、そういったライティングに関する基礎テクニックから、ちょっとした応用テクニックまで、初心者が扱いやすい範囲で幅広く紹介していますので、是非ご活用していただきたいと思います。

 

ではでは!

 

関連記事

 

アフィリエイト中級編

 

ロングテールSEOとは?

 

今後のSEOはロングテールSEOが主流!

 

ロングテールSEOを活かすための4つのポイント

コメントを残す