レンタルサーバーって何?

アフィリエイトを本格的に始めて稼いでいきたいと考えているのであれば、レンタルサーバーを契約して独自ドメインでメインサイトを運営していくことを当サイトでは推奨しています。

 

確かに無料ブログや無料サーバーを使ってサイトを作ることはできるのですが、それらはサブ的なサービスの一つとして展開されているものが多く、それだけをメインに運営していないところがほとんどです。

 

FC2が最たる例ですが、無料ブログのサービス以外にもサーバーや、動画配信サイトのサービスも行っています。

 

その中の一部である無料ブログサービスを、終了しないという保証はどこにもなく、事前の告知なしで突如のサービス終了ということもありますので、危険を回避するための行動がとりにくいというのがあるんですね。

 

bvhgdfy

 

そういった突然のサービス終了やブログ削除のリスクを極限にまで回避できるのが、レンタルサーバーを借りたサイト運営なのです。

 

確かに何か月おきか1年ごとにお金を支払わなければいけませんが、あなたの資産であるサイトが、突然の削除や、サービス終了による閉鎖に追い込まれるリスクに日々怯える生活を送るのに比べれば、安いものです。

 

この記事では、レンタルサーバーのことはもちろんのこと、サーバーに関する簡潔な解説を加え、アフィリエイト初心者の方でもわかるように解説していますので、ぜひ読んで参考にしていただけたらなと思います。

 

では、以下より解説していきます。

 

サーバーとは?

 

アフィリエイト初心者の方でも、この「サーバー」という言葉は聞いたことはあるかもしれませんが、その意味や仕組みを理解している人って少ないんじゃないでしょうか?

 

意外と面倒くさいと思う人も多く、実際僕も、アフィリエイトを始めた当初は、このサーバーの仕組みや操作を理解することができず、サーバー契約まで1カ月もかかってしまいました。(笑)

 

今ではいい思い出ですけども。(^^)

 

vbnyterwy

 

サーバーとは、そうですね、アフィリエイトでいえば、ある土地に立ったマンション・ビルみたいなものでしょうか。

 

そのマンションの一つ一つの部屋が、番号で振り分けられていて、これをドメインとあてはめることもできます。(ドメインはネット上のサイトの住所みたいなもの)

 

サーバーと一括りにすると色々あって、ファイルデータを保管しているファイルサーバーやプリンターへの印刷処理を行うのに使うプリントサーバー、

 

コンピューターのデータベースを構築するために必要なデータベースサーバーと、そしてHTMLファイルや画像ファイルなどのデータを保管して提供するウェブサーバー、などに分かれています。

 

hsejjytki

 

ネット上でのサーバーの定義としては、何らかのサービスを提供する側の役割を果たす側のプログラムを指すものということになっていますね。まあそんな感じで合っています。

 

アフィリエイトで特に今後長く付き合っていくことになるものは、3つ目のデータベースサーバーと4つ目のウェブサーバーです。そして、これらのサーバーと並行して使うことになるのが、FTPサーバーになります。

 

当サイトで推奨しているWPでのサイト作成では、大体データベースとウェブサーバーを使うことでそのサイトの更新情報を保存することになっています。

 

では、次にFTPサーバーとはなんなのかについて解説します。

 

FTPサーバーとは?

 

FTPサーバーは、FTPソフトを使ってそこにアップロードしたファイルデータを、ソフト内で設定したホストに向けて転送するときに使われるサーバーです。

 

fdahtjk

 

つまり、あなたのパソコンがあって、そこからFTPソフトを介してデータを送ることで、FTPがあなたの代わりに、お目当てのデータを送ってほしい送信先に、そのデータを送り届けてくれるものになります。

 

ただ、今ではウェブサーバー含めて、まとめて1台でやっていることも多いため、レンタルサーバーで契約すれば、いちいちFTPソフトを起動してアップロードしなくても、そのままサイトを更新すれば、データが反映されるようになっています。

 

レンタルサーバーとは?

 

さて、ここで本題のレンタルサーバーについて解説していきたいと思います。

 

レンタルサーバーは、サーバーを保有して、それを管理しているサーバー会社のものをレンタルして、定めた期間分の契約を交わし、

 

そのレンタルしたサーバーの中に、決められた容量までのサイトデータを保存し、本格的にウェブ上にその情報を反映させるためのものです。

 

例えば、ドメインを購入しただけでは、ふつうはサイトをネット上に表示させ、集客を図ることはできません。

 

その購入したドメインを、どこかのサーバー会社のサーバーを借りて、その中に登録して、そのドメインの下にサイト情報を保存する必要があります。

 

g5qjuhyyeya

 

いわばドメインは、ネット上の住所のようなものですから、その住所がわかっただけでは、そこの住所に住むことはできません。

 

マンション(サーバー)の契約をして、初めてそこの住所を使うことができるようになるんです。

 

それがレンタルサーバーの役割になります。

 

レンタルサーバー会社のサーバーを契約すれば、しっかりとしたセキュリティであなたのサイトのデータを守ってくれて、

 

設定画面も非常にわかりやすく、初心者の方でも設定などができるようになっていますので、もしあれでしたら、当サイトでお勧めしているレンタルサーバーサービスを見てみることをお勧めします。

 

関連記事にてどうぞ!

 

関連記事

 

ドメインって何?

 

オールドドメインと新規ドメインのSEO上のメリット・デメリット

 

サーバー選びで重要な5つのポイントとは?

 

 

 

 

コメントを残す