レンタルサーバーでのWPの自動インストール方法

当サイトでは、メインで稼ぐアフィリエイトサイトを作るのにWPを推奨していますが、

 

レンタルサーバーを借りてWPで運営しようとしたとき、わざわざFTPソフトで設定をして、そこにWP公式サイトからダウンロードしたWPをアップロードしたりしていませんか?

 

確かにそれでもいいのですが、操作が面倒なのと、FTP関連の操作はアフィリエイト初心者の方には難しく、理解できないことが多いと思います。

 

rfvghjbn

 

そこでつまずいて一向に作業が続かないのでは元もこうもありませんので、当サイトではレンタルサーバーの管理画面から直接、WPを自動インストールする方法を解説したいと思います。

 

当サイトで紹介させていただいているレンタルサーバーのほとんどは、この「WPの自動インストール機能」が組み込まれており、アフィリエイト初心者でも簡単にWPをインストールして、作業を始めていくことができます。

 

自動インストールによるWPのインストールはとても簡単で、WPで運営したいサイトのドメインを選択したら、あとはIDとパスワードなどを設定するだけです。

 

わざわざFTPソフトを起動してWPをアップロードしたりする必要はありません。

 

確かに、アフィリエイトで稼いでいく上で、FTPソフトの仕組みや役割などを知ることは重要なのですが、今の時代、レンタルサーバーを借りてWPで運営する際、初心者でもそこまでの知識はあまり必要ありません。

 

(ただし、WPでもデータ復旧などの作業にはFTPの知識は必須です。)

 

この記事では、当サイトでオススメしているエックスサーバーと、格安レンタルサーバーのロリポップを例に、解説していきたいと思います。

 

エックスサーバーでのWP自動インストール

 

まず、エックスサーバーのインフォパネルにログインしてもらって、そこからサーバーパネルへとログインしてください。

 

エックスWP0

 

エックスWP1

 

WPをインストールしたい対象ドメインを設定したら、下にスクロールしたところにある「自動インストール」をクリックしてください。

 

エックスWP2

 

つぎに、一つのアカウントにドメインが複数登録されている場合、WPのインストール先を選択するよう求められますので、インストールしたい先のドメインを選択してください。

 

エックスWP3

 

次に、「プログラムのインストール」で「Word Press日本語版」の「インストール設定」をクリックしてください。

 

エックスWP4

 

最後に設定情報を入力したら、入力内容を確定させて、WPへログインして、作業を開始することができます。この時に入力したパスなどはメモして保管しておきましょう。

 

エックスWP5

 

これで、エックスサーバーでのWPの自動インストールは終了です。

 

ロリポップでのWP自動インストール

 

ここから先は、ロリポップに会員として登録していて、ドメインを持っている方のみが対象です。ロリポップでのWP自動インストールも、エックスサーバーとそこまで変わりません。

 

サイトの細かい構成や配置が違うので、戸惑う方もおられるとおもいますが、心配いりません。

 

まず、ロリポップのユーザー専用ページへログインしてください。

 

トップページの左サイドバーに、「簡単インストール」の項目があるかと思いますが、そこの「Word Press」をクリックしてください。

 

ロリポップWPインストール1

 

すると、以下のように記入欄が出てきますので、情報を入力してください。終わったら入力内容の確認をクリックです。

 

ロリポップWPインストール2

 

これで基本的に設定は完了です。

 

あとの細かい設定などは、WPにログインしたあとの作業になりますので、今回はこのへんで切り上げておこうと思います。

 

アフィリエイト初心者の方は参考にして、とっととWPをインストールしちゃって作業にとりかかっていきましょう。

 

関連記事

 

エックスサーバーにドメインを反映させる設定方法!

 

サブドメインによるSEO効果と設定方法について

 

アフィリエイト初心者のためのWPテンプレート導入方法解説

 

パーマリンクの解説と設定方法

 

WP(ワードプレス)でカテゴリーを追加・削除する方法

 

コメントを残す