ロングテールSEOとは?

ロングテールSEOについて、今回はお話していきたいと思います。

 

アフィリエイト初心者の方であっても、これからサイトを上位表示させていくSEOを学ぶ上で、これなしでは語れないといっていいほど重要なものです。

 

当サイトの各記事内でも、ちょこちょこ話のネタとして出していますが、それだけ、色んなところで活躍しているのが、このロングテールSEOなのです。

 

では、そのロングテールSEOとは、どういったSEOなのか見ていきましょう。

 

ロングテールSEOとは?

 

「ロングテール」とは、「長い尻尾」という意味で、「長い尻尾のSEO」という、直訳すると何とも妙な言葉ですが、このロングテールSEOは、もしかするとこれからのSEOの、主軸となるものになるかもしれません。

 

このロングテールSEOとは、長い尻尾というように、尻尾の先に行けばいくほど長く続き、細くなっていくイメージですよね。例えばトカゲのしっぽとかがそうです。

 

njytkej

 

先に行けばいくほど細くなっているのがわかりますよね。この形が、丸々ロングテールSEOにはめ込まれると、以下のような図が完成します。

 

mbhhyth

 

ロングテールSEOの性質は、従来のSEOによる、狙ったキーワードからだけの集客に頼らずに、サイト内の記事に散乱する、多数のキーワードを、Googleに認識させて評価してもらい、

 

それらの拾った小さなキーワードで、検索結果に上位表示させ、小さなアクセスを積み上げて、徐々に集客数を上げていくというものです。

 

ビックキーワードとかに多い、いわゆる「かばん」や、「新聞」などの単一キーワードは、数に限りがあり、ライバルも多く、検索上位に表示されると膨大なアクセス数が流れ込む代わりに、長く厳しい戦いが待っています。

 

こうした単一キーワードは、場合によっては、検索上位を大企業のサイトなどが独占していて、個人アフィリエイターの太刀打ちできるものではないケースが、非常に多いです。

 

しかし、ロングテールSEOで活躍する、スモールキーワードやニッチキーワードは、一つ一つのキーワードからの集客力は小さいですが、

 

単一キーワードみたいに、キーワードに限りがあるわけではなく、いろんな検索キーワードの組み合わせからの集客が可能になります。それこそ無限にです。

 

chgyhuikj

 

しかも、まだ誰も気が付いていない、商品が売れやすい秘密のキーワードを見つける可能性が非常に高くなります。

 

もちろんすべてのキーワードが売れやすいキーワードではなく、たまたま検索流入を見てたら、そういうキーワードがあったという感じで、ちゃっかり気づくくらいのものです。

 

そういうのを知る時に重要になるのが、アクセス解析の設置ですね。これをサイト内に設置することで、どの検索キーワードで、お客さんが来たかを知ることができます。

 

アクセス解析の設置については関連記事にて載せてあります。

 

ビックキーワードで上位表示できると、確かに集客力は莫大に上がりますが、そのビックキーワードでくるお客さんの多くが、商品を買ってくれるというわけではありません。

 

商品を何人中何人が買ってくれたのかという、割合を出すのが、コンバージョン率(成約率)なのですが、ビックキーワードでの集客は、買う気のないお客さんも含めていっぱい来ますので、総体的に見て、コンバージョン率が低くなってしまいます。

 

tttghsg

 

しかし、ロングテールSEOで拾った、小さなキーワードでの成約率は、ビックキーワードよりも客の母数が少ない分、購買意欲の高いお客さんだけが来る場合があるので、そういったキーワードにあたった場合は、ありえないくらい高いコンバージョン率をたたき出します。

 

ですから、アクセス数が多いからといって、ビックキーワードで攻めたらいいというものではないのです。

 

アクセスとコンバージョン率は比例しませんからね。

 

で、結局、狙っていた単一キーワードだけで集客するよりも、無限に小さな集客に役立っていたロングテールSEOによる、スモールキーワードからの集客のほうが勝ることになったりするわけです。

 

「塵も積もれば山となる」ということわざがありますが、その言葉がぴったりで、1日1人来るくらいの小さなキーワードでも、それがいくつも組み合わさって、積み重なっていくと、本命のビックキーワードからの集客数を超えるくらい、大きな集客力を持つことができます。

 

rzyhtdstu

 

ただ、難しく考える必要はありません。

 

このロングテールSEOは、あなたがサイトを作り続けていれば、自然と行われ、勝手に検索エンジンが認識し、集客力をつけさせてくれます。

 

なぜ、いくつものキーワードからの上位表示を狙いに行くことが可能になっているのかというと、Googleの検索エンジンは、自サイトのトップページだけで、サイトの評価を下しているわけではありません。

 

Googleは、記事単位で、どのキーワードでの、どの順位の表示がふさわしいかを決めているのです。

 

だから、検索結果でも、たまに上位表示されているサイトが、大手サイトの個別記事だったりします。これが何よりの証拠ですよね。

 

このGoogleの性質を活用し、どうやってロングテールSEOを活かしていくかを、下にある、関連記事に載せてある記事にて紹介していますので、もしよかったら見てください。

 

ではでは!

 

関連記事

 

Googleの検索エンジンアルゴリズムをわかりやすく解説!

 

アクセス解析は必要なのか?

 

ロングテールSEOを活かすための4つのポイント

コメントを残す