内部リンクと外部リンクの解説とそのSEO

内部リンクと外部リンクの意味と、活用方法は、あなたがアフィリエイトで稼いでいくうえでしらなくてはいけない、必要不可欠なものです。

 

これを理解していなかったら、アフィリエイトで稼ぐことはできませんので、しっかりここで基礎知識を学んでいってください。

 

ではまず、外部リンクと内部リンクの解説から行きたいと思います。

 

外部リンクとは?

 

外部リンクとは、文字通り外部へのリンクを言います。つまり、自サイト以外の他のサイトへのリンクを指します。

 

rzyhtdstu

 

この外部リンクは、別名被リンクと言われ、SEO上でも最も重要な要素とされる項目の一つで、この外部リンク(被リンク)をもらった数と、その被リンクを与えている側のサイトの質や内容で、サイトの評価として扱われます。

 

この被リンクなどの、外のSEO要素に対するSEO施策を、別名外部施策」とも言います。

 

昔はこの被リンクを大量に貼ることで簡単に上位表示を達成できてしまっていました。

 

ただ、現在のGoogleでは、被リンクだけでなく、サイトのコンテンツの質も重要になってきていますから、決して外部リンクだけ充実させれば上位表示ができるというわけではありませんので気を付けてください。

 

たとえ上位表示されても、自作自演被リンクや、被リンク業者を使ったリンク購入がばれると、Googleからペナルティを受け、サイトの検索順位を下げることになります。

 

trgfvjsbvk

 

こうして、良薬にも劇薬にもなる外部リンクですが、この外部リンクを増やす方法は、3通りあります。

 

  • 訪問者が食いつくような記事を書く。
  • 自作自演の被リンク用サイトを作る。
  • 業者から購入する。

 

それでは、以下より、これら3つについてお話ししましょう。

 

訪問者が食いつくような記事を書く。

 

これが一番いい方法です。自分が作ったサイトに来るお客さんの立場を考えて、その人たちの役に立つような記事をできるだけ多く挙げるのです。

 

これによって、多くの人からブックマークされたり、はてななどのブックマークサイトに紹介されたり、口コミで広がったりして、自然と被リンクが増えていき、それと同時にサイトの評価が上がり、SEOで上位表示を狙えるという仕組みです。

 

はっきり言ってこれが一番理想なんですが、これができたら苦労しませんよね。(笑)

 

ブックマークしてもらったり、口コミで広がるくらいのコンテンツというのは、正直何かセンスみたいなものも必要かもしれません。

 

bvdewygrui

 

他人と違う視点が必要といってもいいでしょう。

 

他の人では思いつかないような、ユニークで、なおかつ役立つ記事を1つでも2つでも上げることができれば、あなたのサイトに多くの被リンクが集まることになります。

 

そうですね、もっとも簡単な方法でいうと、何か大きなニュースに関する記事を誰よりも早く投稿することでしょうか。

 

これは、常にネットで情報を調べて、何か大きなニュースが飛び込んで来たらそれについての詳細や感想をすぐに書いて、投稿することにより、Googleのアルゴリズムの仕組みを利用して上位表示させるといったものです。

 

ここで働くアルゴリズムを、QDFといいます。

 

これはトレンドアフィリエイトに似ていますね。

 

どれだけ、早くその情報を新鮮に届けることができるのかが勝負になってきます。これは、もう完全にスピードの勝負なんで、特別ずば抜けた感性は必要ありません。

 

話題になりそうなニュースや出来事を探して、いち早くまとめて記事にし、投稿することで、瞬間的な大量のアクセスを狙うのが目的ですので、完全にスピードです。

 

自作自演の被リンク用サイトを作る。

 

これはいわゆる、サテライトサイトの作成になります。

 

サテライトサイトとは、被リンク目的、もしくは多方面でのキーワードでのアクセス流入を狙ったサイトを指すのですが、年を経るごとに、この自作自演のサテライトサイトに対するGoogleの取り締まりが厳しくなっていっています。

 

本来は、原則として自作自演の被リンク目的のサイトは禁止されていますからね。

 

yghrykんjfklw

 

2,3個くらいならいいですが、10個超えるとだいぶ危ないです。アフィリエイターの中には、5個くらいでペナルティを受けたっていう人もいますので、

 

やるなら、2,3個で、ジャンルが別のサイトを一つくらい含ませて、1サイトごとの記事数も多くして、質を高めたほうがいいでしょう。

 

間違っても、1記事から数記事程度のペラサイトからの外部リンクはやめてくださいね。効果がないどころか、Googleに捕捉されやすくなって逆効果になる可能性があります。

 

サテライトサイトを作るなら、最低1サイト30記事~50記事は書きましょう。

 

業者から購入する。

 

これはもう、完全に自己責任でやってください。

 

これがばれると、Googleからかなり厳しいペナルティを食らいます。

 

僕の先輩のアフィリエイターは、それで見つかって、いまだにサイトの順位が元に戻らないらしいです。

 

vbhfhjhk,

 

どうしても、上位表示がいつまでたってもできず、コンテンツに自信があるというのであれば、やってもいいとは思いますが、完全にブラックハットSEOですので、当サイトに従って行動をされても、一切責任はとれませんので、しっかり熟考されたうえで決断してください。

 

関連記事からは、この外部リンク購入についての記事を上げさせていただいております。

 

内部リンクとは?

 

内部リンクとは、その言葉の通り、自サイト内で完結する各記事へのリンクを主に指します。

 

この内部リンクがうまくいってるかどうかで、サイト内にクローラーが巡回してきたときに、うまく巡回してもらって、サイトのデータを持って行って、いい評価をされるかどうかが決まってきます。

 

このうまく巡回してもらうのに、内部リンクを使った施策である内部施策が必要なのです。

 

zxtrtrfguk

 

内部リンクとは、例えば当サイトのこの記事の下にある関連記事の部分のように、他の関連記事へのリンクを貼っていますが、それがいわゆる内部リンクになります。

 

例えば以下のような感じが内部リンクです。ここをクリックすることで別の記事に飛ぶことができます。

 

被リンクとは?

 

ただ、現時点では外部施策と内部施策の重要度でいうと、7:3くらいの割合ですので、やはりまだ外部施策は有効に働いているようです。もちろんこの比率は僕の感覚的なものも含まれていますが、大体は合ってると思いますよ。

 

ユーザーからもいい評価をもらって、クローラーというロボットからもいい評価をもらう、これが、内部施策のポイントです。

 

内部施策といっていいかといわれるとそうではありませんが、コンテンツを充実させて、サイトボリュームを上げるのも立派な内部施策だと考えていますので、しっかり記事を地道に書いていくことも忘れないでください。

 

他にもパンくずリストの導入によるページのナビゲートを行うと同時にサイト内の別のページへの案内リンクを作ったり、

 

個別記事の下などに関連記事群を載せて、関連性のある記事へのリンクを5個くらいまで貼って、内部リンクを充実させるという方法もあります。

 

この内部リンクが初めから最適化されているのが、SEO対策済みテンプレートというやつです。このテンプレートを使えば、簡単に内部施策を行うことができます。

 

SEO対策済みテンプレートについては、関連記事からどうぞ。

 

内部リンクと外部リンクの注意点!

 

ここより、内部リンクと外部リンクの注意点について簡単に述べていきたいと思います。

 

まずは外部リンクから行きましょう。

 

外部リンクの注意点

 

外部リンクの注意点は、以下の通りです。

 

  • 外部リンク(被リンク)を自分でやりすぎない。
  • 変な業者からリンクを購入しない。
  • 違法サイトや、スパムサイト、ペナルティを受けたことのあるサイトからの被リンクは、Googleからの評価を下げることがある。
  • 内部と外部は、target=”_blank”の有無で、内部なら無で外部なら有と決めること。これによって訪問者がサイト内で迷子になることがなくなる。

 

違法サイトや、スパムサイトからの被リンクは、Googleも認識して、評価対象から外している場合もありますが、いまだ対処できていないスパムサイトからの被リンクも存在します。

 

cfrsrsh

 

そういう場合は、ウェブマスターツールの否認ツールなどを使って、リンクを否認しておきましょう。

 

内部リンクの注意点

 

内部リンクの注意点は以下の通りです。

 

  • 1ページからの過剰な内部リンク及び、発リンクは抑えること。
  • 文章途中で記事を紹介して内部リンクを貼るよりも、記事の最後に関連記事として、最高5つまで紹介する形のほうがいい。(訪問者が読みやすいから)
  • 内部と外部は、target=”_blank”の有無で、内部なら無で外部なら有と決めること。これによって訪問者がサイト内で迷子になることがなくなる。

 

以上になります。

 

ではでは!今日はこの辺で!

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOとは?

 

情報の「鮮度」を重視するQDFアルゴリズムとは?

 

被リンク購入はアリかナシか?

 

クローラーとは?

 

発リンクの解説とそれを使ったSEO対策

 

ドメインって何?

コメントを残す