否定的でありながらもその対象商品をうまく売り込む方法

この記事のタイトルの意味がそもそも分からないという方もおられるかと思いますが、

 

要するに最初はその商品について悪い印象を与えながらも、レビューの中身を開くと自然と肯定的であるように感じさせ、実はいい商品だと思わせる方法ということです。

 

アフィリエイト初心者も、情報商材を見て回るときに、レビューサイトのサイトタイトル、記事タイトルなどで「○○○は詐欺?!」というものを見たことはありませんか?

 

egekgfuhfj

 

その「○○○」という商品が自分の購入したい商品名だった場合、つい食い入って見に行ってしまうのではないでしょうか。

 

で、いざ読んで行ってみると最終的には「○○○という商品はなんだかんだ言っておすすめ!」という感じで締めくくられていることが多いと思います。

 

これは。もうすでに記事作成者のマーケティングにかかってしまっているといえます。(笑)

 

いや、別に悪いことではないんです。

 

紹介している商品がいい商品であれば、それは全く問題ない行為なんですから。問題なのは、詐欺商材をあたかも実はいい商材と見せかけようとして売り込むことです。

 

そういうことがない場合は、そこまで嫌悪感を示さなくてもいいでしょう。むしろ参考にしてみてもいいと思います。

 

「○○○は詐欺?!」というタイトルの切り口から、どうやって成約に結び付けていくのかですが、まずこのタイトルで順位をとるとなると、「○○○ ダメ商材」とか、「○○○ 詐欺」とか、こういったマイナスなキーワードで順位をとる可能性が高いです。

 

uhbwirhjaoi

 

で、こうしたキーワードで検索してくる人って、どういう人だと思いますか?

 

この場合、タイプは2種類います。

 

  • 購入を迷っているが詐欺商材かどうか不安な人。
  • ほぼ詐欺だと思っているが一応検索で確かめに来る人。

 

まあおもにこの2タイプに分かれるといっていいでしょう。

 

で、ここでポイントになるのが、どちらのタイプのほうが多く検索するのかということです。

 

もし、「購入を迷っているが詐欺商材かどうか不安な人」が多いのであれば、この先で話すコピーライティングノウハウで成約に結び付けることは可能ですが、

 

後者の「ほぼ詐欺だと思っているが一応検索で確かめに来る人」の検索のほうが多い場合は、成約率が低く、なかなか購入に至りにくいというリスクがあります。

 

dfghgthj

 

両者のタイプは同じなようで全く違います。それは、商品に対する期待値や信頼度の面で大きく異なっているからです。

 

前者のように購入を迷っているということは、どちらかというと購入はしたいけど詐欺かもしれないから怖くて、何か背中を押してくれる決定的な理由がほしいと考えている可能性が高く、

 

その場合は、あなたがその商品を購入すべきだとする尤もな理由を提示することで、お客さんを説得でき、購入に至らせることができます。

 

しかし、後者の場合は、もはやその商品自体に期待はしていなくて、一応念のために検索して調べようとする場合が多いため、最初から商品を買いたいという気持ちは皆無に等しく、なかなか購入に至らせることは難しいです。

 

もちろん無理ではありませんが、お客さんが納得するようなあなたの中での尤もらしい理由を提示したとしても、時間をかけていかなければ商品の購入には至りませんし、むしろ購入されない可能性のほうが高くなります。

 

csertyhj

 

こういう人が多く来る場合は、記事を書いたとしても成約に至らず、徒労に終わる可能性が高く、リスクが結構あります。

 

でも、やってみないとどういうお客さんが来るかなんてわかりませんから、結構賭けになったりしますね。まあ1記事そういうのを書いて、もしだめだったらまた別でレビュー記事を書けばいいのですが、同じような内容の記事が二つもあると重複になってあまりよくないんですよね。

 

となると、どっちかの記事を削除して、絞るという選択を迫られることになるかもしれません。

 

こういうことも踏まえて、以下より文章構成を解説していきたいと思います。

 

主な文章の流れ

 

例えば、当サイトでもおすすめしている、「アンリミテッド・アフィリエイト」をメインに、「アンリミテッド・アフィリエイトは実は詐欺だった?!」というタイトルで以下のように記事を書くとします。

 

アンリミテッド・アフィリエイトという商品を皆さんはご存知でしょうか?いろんなレビューサイトでいい評価でレビューされているため、知っている人も多いかと思います。

でも、いい評価ばかりで怪しんでいる人も多いのではないでしょうか?正直僕もそう思っていたので、実際に購入して中身を確かめてみました。

で、まず第一印象からでいうと、とにかくボリュームがすごくて、長い!これらすべてを実践しようと思えば、かなりの労力と時間を使うことになるでしょう。「アフィリエイトは楽して稼げる」と思っている人にはあまりお勧めできない内容ですね。

中途半端な気持ちでチャレンジしても、途中で挫折する人が多くなるだけでしょう。なので僕は、最初はあまりよくない商材なんじゃないかと思っていました。

でも、最近のアフィリエイトに対する考え方も変わってきて、以前の「楽して稼げる」というイメージから、「楽ではないけど、努力して続ければ稼げる」というイメージへ変わってきたように感じます。

世間のアフィリエイトに対する印象が変わってきたのでしょうか。これを見た僕は、もう一度アンリミテッド・アフィリエイトを熟読し直しました。

そして何度も読み返していると、アフィリエイトの本質をついて、重要なことを書いている素晴らしい商材だということに気付かされたんです。

最初は長くて、さーっと読み流した感じで見て、パッと見の印象で決めていましたが、よく読んでみると基本的な部分もしっかりしているし、

応用的なノウハウも組み込んであって、なおかつそれぞれにどういう狙いがあるのかをしっかり書かれていて、とても分かりやすい商材です。

初めは詐欺商材とかダメ商材だと思っていましたがとんでもない!アフィリエイトを真剣に始めようと思っている人にはこの上なく優良な商材であると感じました。

てっとり早く稼ごうと思っている人には向いていないかもしれませんが、もし、これからアフィリエイトを真剣にやってみたいと考えている初心者の方は、購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

(購入リンク)

 

という感じですかね。

 

まずは冒頭でその商品を落としておいて、後半から盛り返して「実はいい商材だった!だから詐欺じゃない!」という流れです。

 

落としてから上げるテクニックですね。

 

ポイントなのは、前半で「詐欺商材だ」と言い切らないことです。ここで詐欺だと言い切ってしまうと、そのあとの展開で「実はいい商材だった」という流れに持ち込むのが難しくなります。

 

mnvcdrtyu

 

それでいて、なおかつ商材がどういう人に向いていて、どういう内容なのかを中身に抵触しない程度に具体的にレビューするとなおいいでしょう。

 

以上が、「否定的でありながらもその対象商品をうまく売り込む方法」です。

 

上の例文をそのままコピペされるのは困りますが、参考にしていただいて活かしてもらえるとうれしいですね。

 

ではでは!

 

関連記事

 

アフィリで最も効率よく集客できて稼げるサイトコンテンツとは?

 

ユーザーが求めるコンテンツ作りの3つの極意

 

記事の質を最大限に高める超シンプルな方法とは?

 

動画を利用したライティング上達法!

コメントを残す