新規ドメインサイトがヨーヨー現象を抜けるまで行った施策

 

当サイト管理人である僕は、現在は6個のサイトを運営していて、今はこれ以上サイトを増やすことを考えず、今あるサイトをしっかり育てていこうという方針で運営を行い、アフィリエイトをやっています。

 

その6個のサイトの中で、単一のミドルキーワードを狙ったWPのサイトがあるのですが、そのサイトは新規ドメインでの運営のため、

 

2014年6月に開設してから半年間は、ヨーヨー現象に陥ってフラフラとした、不安定な順位変動を繰り返していました。

 

それが以下のグラフに表れています。

 

netnannpajunnikeikou

 

ここで僕が行った施策が功を奏したのかわかりませんが、その後になって順位がだいぶ安定してきて、徐々にではありますが、狙ったキーワードでの順位がじわじわと上がって行き、ヨーヨー現象に陥ることがなくなってきました。

 

それを最近おさめた以下の画像が表しています。

 

netnannpayo-yo-nukeru

 

ここまで至るのに、行った僕のSEO対策というものを、今回はお伝えしたいと思いますが、ここではっきり言わせていただくと、そこまで大したことはしていません。

 

至って普通の対策をしたまでですし、特別なブラックハットSEOを施したとか、裏技を使ったとかそういったことはしていません。

 

健全なホワイトハットSEOでもってサイトを運営したまでです。

 

mnbvcxfer

 

わかりやすくいうと、サイトで修正できるところはすべて修正して、無駄がないよう出来る限りを尽くしたという感じでしょうか。

 

僕がヨーヨー現象に対して何が原因でどういった理由でそれが起こるのかを、自分なりの考えをもとに考察した記事があるんですが、そこでは、以下のように考えを述べていました。

 

  • 新規ドメインでGoogleからの信頼がなかったために、しっかりと運営されているのかやコンテンツを試すことを目的に、あえてGoogleがそうしたという考え。
  • 検索エンジンのフィルターに捕捉され、サイトの再評価が繰り返され、Googleにとってのそのサイトに対する適正な順位・評価が変動したことによるものだという考え。

 

そこで僕が行った施策はいたってシンプルで、それが以下です。

 

  • リンクがまだついていない部分のリンク先の記事を作成。
  • 記事を地道に更新して順位が安定するのを待った。

 

そう、たったこれだけです。

 

リンクがまだ付いていないというのは、まだその先の記事が完成していなかったためで、それがグローバルナビゲーションとかにありましたから、あまりよくないと思い、

 

まずはリンクがなくてそこにリンクで繋げるつもりの記事を作成して、リンクが繋がっていない部分をなくしました。

 

rfvhじおうじょ;

 

あとは、ホワイトハットSEO方式で、地道に自分の経験やオリジナル性でもって作成した記事をどんどんアップしていった感じです。

 

そうすると、施策を行ってから1~2ヶ月はまだヨーヨー現象は続きましたが、サイト開設当初に比べて短くですみ、そのままじわじわと順位が上がっていき、最高で単一キーワードで10位にまで行くことができました。

 

もちろんこのまま終わるわけではなく、目標は1位なので、それを目指して頑張っていきますが、とりあえずヨーヨー現象から抜け出すために行った施策はこんな感じです。

 

意外とシンプルすぎて驚かれるかもしれませんが、新規ドメインで運営している分、Googleからの信頼がありませんから迂闊に被リンクを購入したり、自作自演をしまくったりできませんので、地道にやる他なかったんですよね。

 

この方法を行ったために、j順位があがったかどうかはわかりませんが、結果として、こうしてSEO効果が出てきて、徐々に結果が出始めたという感じです。

 

もしヨーヨー現象で悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

関連記事

 

ヨーヨー現象の解説とその原因

 

SEO対策は2つの視点で戦略が変わる!

 

ペナルティを受けたら焦らず待って静観することも重要

 

新規ドメインでもキーワードによってはすぐに上位表示できる?!

コメントを残す