検索順位でヤフーカテゴリサイトなどの大手サイトの個別記事がひしめいていても問題ない件

よく、検索キーワードを選んで、どのキーワードで攻めようか迷っているときに、大手サイト、特にヤフーカテゴリーサイトの個別記事が、上位にずらっと並んでいて、

 

そのキーワードをあきらめてしまったことってありませんか?

 

また、ページランクが自分よりも高いサイトが上位にいると、そのキーワードでの上位表示は無理だと思ったことはありませんか?

 

そんな悩みについて、僕の経験をもとに、この記事で解説していきたいと思います。

 

vtdrtghbn

 

まず確認しておきたいのですが、Googleが記事単位で、各キーワードの検索順位を決めていることは覚えておいてください。

 

記事単位で各キーワードの検索順位を決めているということは、その記事単体の評価でその順位を決めているということで、その個別記事が1位を取っているからといって、上位表示が無理だというわけではありません。

 

特に、ヤフーカテゴリーサイトなどの大手サイトの個別記事だと、ついついおじけづいて、あきらめてしまう人が大半です。

 

しかし、あきらめる必要なんてありません。

 

なぜなら、その大手サイトのコンテンツが、そのキーワードに関する専門サイトではない可能性が高いからです。

 

bvdhtrf

 

例えば、美容で上位表示されている大手サイトがあった場合、個別記事のネタに「メンズの眉毛の整え方」についてさらっと簡単に、まとめて書かれた記事があったとします。

 

で、こうした強いキーワードでトップページが上位表示されている場合、個別記事もそれに呼応して、美容のジャンルを細分化したニッチジャンルのキーワードでも上位表示されることが多くあります。

 

しかし、ここでいう「メンズの眉毛の整え方」というのは、「メンズ 眉毛 整え方」で上位表示されているとしても、このキーワードに関して書かれているコンテンツはその個別記事一つだけだとしましょう。

 

もしあなたが、「メンズの眉毛」に関する専門サイトを作ったら、どちらが上位表示されやすいでしょうか?

 

この場合、しっかり地道にやっていけば、あなたのサイトが、その大手個別記事を押しのけて、1位になる可能性が高いです。

 

fdyh6juulk

 

それはなぜかというと、Googleは、そのキーワードにおいてより専門的で、特化したサイトを好む傾向にあるからです。

 

つまり、美容という大きなくくりでGoogleに好かれているサイトでも、「メンズ 眉毛 整え方」のキーワードでは、その好意が薄まり、他の「メンズ 眉毛 整え方」に関する特化サイトが存在していないために、しかたがなく表示されているという可能性が高いということです。

 

いくら一つの大きなビックキーワードから派生した小さなキーワードでも、その小さなキーワードについてしっかりと、何十記事と専門的に書かれておらず、

 

ただ美容に関してまんべんなく書かれているようなサイトからの、「メンズ 眉毛 整え方」のような小さなキーワードに関する個別記事は、あなたがそのキーワードに関する専門サイトで、何十記事、何百記事と書くことができれば、簡単に追い抜くことができます。

 

だって、そのキーワードにおいてより専門的で、特化しているサイトはあなたのサイトなんですから。(^^)

 

僕はこの戦略で、ある蕁麻疹の専門サイトを運営しているのですが、しっかりと上位表示されています。

 

nvcxxfef

 

このように、一つのビックキーワードから派生した、ミドルからスモールなキーワードに関する専門サイトを作っていけば、ビックキーワードで狙っていくようなことをするよりも、

 

より速く上位表示を達成でき、報酬につながる可能性が高いです。

 

ビックキーワードをメインに考えた戦略もいいですが、そこから細分化したニッチな分野で真剣にサイトを作り、その分野唯一の専門サイトを作るという方法もあるということは覚えておいてください。

 

だから、大手サイトの個別記事が上位表示されているからといって、恐れることはないんですよ。

 

関連記事

 

コンテンツ重視のサイトを作るコツとは?

 

h1キーワードは今後のサイトの運命を左右する?!

コメントを残す