発リンクの解説とそれを使ったSEO対策

発リンクという言葉を聞いたことはあるでしょうか?

 

アフィリエイトをこれから始めようと考えている初心者の方は、この言葉の意味を理解しておかなければ、間違えてGoogleからペナルティを受けることにもなりかねません。

 

しっかり、この発リンクの意味と活用方法を身につけて、サイト作成に臨んでください。

 

発リンクとは?

 

発リンクとは、簡単に言うと、あなたのサイトから発せられるリンクの総称のことです。これは、外部リンクと内部リンクの両方を含みます。

 

特に、発リンクにおいて、外部リンクの数が非常に重要になり、これが、SEO対策において、サイトを上位表示できるかどうかの一つの要素になります。

 

rrdfcgjmh

 

たまに、発リンクとは外部リンクのことであると言っているサイトもありますが、それは間違いで、自サイトからの、外部と内部リンクが発リンクになりますよ。

 

逆に、他サイトから貼られている被リンクなどの外部リンクは、発リンクには入りません。

 

では、以下より、発リンクによる有効なSEO活用術をお伝えしましょう。

 

発リンクを意識したSEO対策

 

以前、Googleでは、このようなことを言っていました。

 

「1ページから発せられる発リンクの数は、100以下に抑えておかなければいけない。」

 

ybkjhkuhuikl

 

これは、検索エンジン内を巡回しているクローラーが、Googleに情報として持って帰れる容量が100KB(キロバイト)くらいだったことから、この定義がされていました。

 

しかし、Googleのガイドラインからその記述が最近なくなり、「1ページからの発リンクは妥当な数に抑える。」と変更されています。

 

この「妥当な」という曖昧な言い方が非常に危険な感じもしますが、逆に、その発リンクが本当に意味があって、必要なものなのかを、ある程度Googleが見分けられるようになってきたのかもしれません。

 

現にガイドラインの記述変更があったのも、Googleのクローラー性能が上がったからだそうです。

 

しかし、不正な発リンクは、未だにGoogleは許してくれません。

 

bhvcxerfg

 

例えば、これはメインサイトを運営しているとよくあるのですが、少しずつサイトの規模が大きくなって、そこから発せられる被リンクの質が上がってくると、どうしても欲が出て、メインとは別のほかの運営サイトに被リンクを送りたくなってきます。

 

それで他のサイトも上位表示できたら、万々歳ですよね。

 

しかし、これにも限度がありまして、あまりにも過剰に他サイトへの被リンクを貼りまくっていたり、全くジャンルの関係がないサイトへの被リンクをしまくっていると、ペナルティを受ける可能性が高くなります。

 

なぜなら、そういった被リンクは、サイトの訪問者のためにならず、自分のためだけの、訪問者を惑わす自作自演リンクになるからです。

 

そのサイトのジャンルに関する情報を知りたいから、見に来たのに、全く違うジャンルへのサイトに飛ばされたら、訪問者にとって迷惑ですよね。

 

なので、もし、発リンクで、特に外部インクを送りたいというのであれば、送る先のサイトのジャンルとの一致性と、コンテンツボリュームを見たほうがいいですね。

 

その上で、たまに紹介するかたちで、被リンクを1サイトから2つくらいまで送るくらいだったら問題ないと思います。

 

tgdBjkjkf

 

これが、毎回記事で紹介しまくって、いつの間にか100リンクを超えてたなんていうことになると、かなり危ないので、気をつけて欲しいですね。

 

また、内部リンクに関しては、SEO上、外部リンクほどではありませんが、それなりに発リンクとしてのSEO上の影響が考えられますので、多くても1記事から内部リンク5以下までに押さえておきましょう。

 

こうして、なるべく発リンクを抑えていくよう働きかけることによって、Googleからの評価を上げることにつながりますので、ぜひ活用してください。

 

ではでは!

 

関連記事

 

内部リンクと外部リンクの解説とそのSEO

 

Googleペナルティとは?

 

パンダアップデートとは?

 

クローラーとは?

コメントを残す