盗用系ブラックハットSEOとは?

この盗用系ブラックハットSEOは、文字通り他人の作ったコンテンツを無断でコピーしたりして、量産してサテライトサイトに役立てたりしようとするブラックハットな手法のことです。

 

基本的に僕自身は、サテライトサイトによる自作自演リンクは割と肯定的なところがありますが、2chまとめとかでもない限り、基本的にコピーコンテンツはおすすめしていません。

 

rgjhrkuk

 

通常の自作のサテライトサイトとかであれば、オリジナルコンテンツで良質なものを作ることが可能ですし、そこから参考として、被リンクを送りたいサイトに向けてリンクを貼るのは自然な行為ですよね。

 

しかし、コピーコンテンツを用いたサテライトサイトなどの場合は、被リンクの効果以前の話で、完璧に著作権上の問題で犯罪行為になります。

 

現に、大手キュレーションサイトである「BuzzNews」が、多くの盗用されたコンテンツ所有者たちによって通報やクレームを受け、閉鎖に追い込まれました。

 

こちらが意図的に許可なしでコピーをしている以上、訴えられても文句が言えないわけですから、素直に従うしかありません。

 

こういったリスクや倫理的な問題から、僕は盗用系ブラックハットSEOはお勧めしませんね。

 

以下より、盗用系ブラックハットSEOでどういった手法があるのかを解説していきたいと思います。

 

盗用系ブラックハットSEOの3つの手法

 

盗用系ブラックハットSEOでは、主に以下の3つの手法が挙げられます。

 

  • スクレイピング
  • スプログ
  • ミラーリング

 

それでは以下より解説していきます。

 

スクレイピング

 

スクレイピングは、英語で「scrape」、つまり「削り取る」という意味です。

 

ここから察することができる人もいるかもしれませんが、そう、手っ取り早くいってしまうと、他人のコンテンツの一部を切り取って、それを盗用してコンテンツに組み込み、ばれないようカモフラージュするという方法です。

 

rgdshhwsj

 

これは今現在でも行われている手法で、盗用系ブラックハットSEOでも最も使用率が高く、悪質なSEOとして知られています。

 

こうしたSEO手法を簡単にするツールなんかも発売されていますが、当サイトとしては使用および購入を一切お勧めしません。

 

ばれたら何の躊躇もなくペナルティを受けますし、盗用で訴えられたら100%勝てませんので、そういう意味でもアフィリエイト初心者などは手を出してほしくない手法です。

 

ただ、アフィリエイト活動がしんどくなってくると、初心者の方は早く稼ぎたいという思いから、こうしたスクレイピングのような盗用行為に陥る危険はいつでもおきますから、気を抜かずに、まじめにコツコツやるのがSEOの一番の近道だということを頭に叩き込んでおいてください。

 

スプログ

 

これは、俗にいう「Spam Blog」の略称です。

 

つまり、大量生成されたコンテンツの全く中身のない、たとえば、先ほどのスクレイピングと合わせて作られたようなゴミブログのことを指します。

 

raghbaer

 

これを可能にするツールなんかも発売されていますが、問答無用でお勧めしませんので、絶対に購入しないように。

 

間違ってもこうした形で作られたブログをサテライトサイトとして、メインサイトにリンクを送りまくるという行為には至らないようにしてくださいね。

 

特にアフィリエイト初心者の方はここを理解していない人が多いので、気を付けてください。

 

ミラーリング

 

これは簡単に言うと重複コンテンツのことを指します。

 

ただ、ただの重複コンテンツとは違い、それぞれ別のURLで、それらのコンテンツを使いまわしてサイトを増やすという手法になりますので、同一サイト内の重複コンテンツとは少し違います。

 

bhtgfe

 

同一サイト内の話だと、アフィリエイトサイトの規模が大きくなればなるほど重複するコンテンツというのは少なからず出てきますから、このミラーリングで作られた場合ほど、大きなペナルティを食らうリスクはありません。

 

もちろん、絶対にないとは言い切れませんが、今のところ僕自身はそれにおいてペナルティを受けたことはないです。

 

もし、スパムを意図せずに、自然と重複コンテンツが増えてしまうようなサイトの場合は、「link rel =”canonical”」を使います。

 

これについてですが、例えばAという内容のコンテンツが、重複で5つあるとします。これだと重複コンテンツになってしまいますので、ここで「link rel =”canonical”」を使用するのです。

 

これによって、5つの重複コンテンツがあるという評価から、どれが正規のものであるかをGoogleに伝え、一つの部分に評価してもらうよう集中させることができ、問題を回避することができます。

 

以上です。

 

盗用系ブラックハットSEOは、だれでも実行することが容易で、特にアフィリエイト初心者が楽をしたいがために行うことが多いです。

 

ここに書かれてあることを参考に、アフィリエイト初心者はくれぐれも行わないよう気を付けてくださいね。

 

関連記事

 

隠蔽系ブラックハットSEOとは?

 

転送系ブラックハットSEOとは?

 

リンク系ブラックハットSEOとは?

 

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOとは?

 

キュレーションサイト『BuzzNews』が閉鎖!

2件のコメント

  • コゴロー様
    こんにちはアリエといいます。

    やっぱり楽を求めては
    稼げないようになっているのですね

    seoについてはあまり詳しく無いので
    参考になります。

    応援済
    良かったら、また私のブログにも遊びに来て下さいね

    • kogorou

      ありえさん、僕のブログに遊びに来ていただいて本当にありがとうございます。
      人のコンテンツをパクって利用するというやり方は、普通のアフィリエイトサイトではもう通用しなくなってきているように思いますね。
      コピペでペナルティくらって飛ばされたっていう話よく聞きますし・・・。

      またブログに遊びに行きますのでその時は
      またよろしくお願いしますー!

コメントを残す