相互リンクとは?

相互リンクとは、簡単に言えば、サイト運営者同士でつながりを持ち、サイドバーのリンク集の中にリンクを貼って、被リンク効果とそこからの集客効果を狙いとしたSEO対策の一種です。

 

僕の中では、こうした相互リンクは、ほとんどSEO目的って感じですね。

 

まずはサイトの管理人の人に連絡を取って、それからやり取りを繰り返していくうちに、相互リンクの提案をして、承諾されれば、お互いリンクを貼って、相互リンクが完了するといった流れです。

 

fcngmyfygj

 

しかし、相互リンクに対するGoogleの目が厳しくなってきて、過剰な相互リンクを行うと、ペナルティを受ける可能性があるというのです。

 

特に、サイドバーからの直接的な相互リンク先の個人サイトを載せるのは、SEO上あまりよくありません。サイドバーとは以下の部分です。

 

サイドバー

 

緑で囲った部分から直接的なリンクはダメということです。もちろん、他サイトになりますので、外部リンクとして、別のタブで表示させるようにしてください。ちなみに別タブで開くようにするには、以下のhtmlで可能になります。

 

<a href=”■URL”target=”_blank”>○○○</a>

 

自サイト内の記事であるなら、「target=”_blank”」はいらないんですが、別ドメインの他のサイトに飛ばす場合、タブを別にして開けるようにしておかないと、

 

お客さんがまたこちらのサイトに戻りたいってなった時に、戻りにくくなりますし、どのサイトかわからなくなる危険があります。

 

そうなると、せっかく来たお客さんも面倒くさくなって離脱してしまいますので、こうした分け方は非常に重要です。

 

相互リンクを問題なくやるには?

 

相互リンクをGoogleに目をつけられにくくして、ある程度安心して行うためには、ちょっとした工夫が必要になります。

 

まず、先ほどお見せしたサイドバーの部分があるかと思いますが、「リンク集」にするつもりのボックスの中に、様々な相互リンクを収納しておく、内部リンクを作ります。

 

その内部リンク先のページは、WPなどで記事としてお作りください。そして、その記事内に相互リンクを列挙します。

 

fcbvhjb

 

トップページも含めた、どのページにも共通して表示されるサイドバーからの直接的な外部リンク及び、相互リンク狙いのものをいきなり貼り付けると、SEO目的とした悪質なリンクとして、Googleに捕捉される危険が高まります。

 

しかし、そこを、まずは内部リンクで記事を挟んで、そこに相互リンク集として、各サイトへの外部リンクを載せれば、

 

自サイトの記事で、一度内部リンクを挟んで階層を深くしているため、SEO上サイトに及ぼす影響を弱めることができます。

 

相互リンクのジャンルはバランスが大事!

 

相互リンクが集まるのはいいことですが、注意しなければいけないのが、各相互リンク先のサイトのジャンルです。

 

自サイトのジャンルと合ってるサイトを入れておかないといけないのは当然なんですが、あまり同ジャンルばかりのものだと、かえって不自然にうつって、Googleに怪しまれてしまうかもしれません。

 

そこで、全く自サイトとは関係のないジャンルのサイトとも、1個くらい混ぜておきましょう。もちろん、1個は目安ではありませんが、全体の相互リンク数の1割くらいはそういうものを入れておいたほうがいいと思います。

 

rfvhじおうじょ;

 

Googleの検索エンジンは、被リンクのつけられ方にしても、「自然さ」を求めますから、同ジャンルのサイトばかりから相互リンクされているのは、多少不自然に思ってしまうのではないかと僕は考えています。

 

僕自身はこれが問題でサイトの順位が下がったことはありませんが、Googleの被リンクに対する「自然さ」の追及はやはりこの相互リンクでも見逃せません。

 

やっておくことに越したことはないと思います。ただし、全く関係のないジャンルのサイトとの相互リンクの割合のほうが多くなるのはダメですよ。

 

相互リンクって実はいらないんじゃないか?

 

相互リンクって、普通の被リンクとは違って、どちらからからの一方的なものではなく、相互につながるという意味で、両極ともに被リンクを送りあってるといった感じです。

 

一方的な被リンクだと、気を付けるところさえ気を付けていれば、Googleから捕捉される危険性もある程度抑えられるのですが、

 

相互リンクとなると、お互いにアクセスや被リンクパワーを流し合っているといった感じで、あまりよくないイメージが、中にはある人もいると思います。

 

しかし、もし有益な情報を発信していて、しっかりと記事も書かれている大きなサイトであれば、相互リンクで関連サイトとして載せられたり、載せてあったとしても不自然ではないですよね。

 

chgyhuikj

 

むしろ、それだけの価値に見合った分だけしてもらっていると考えれば、全然自然だと思います。企業のサイトとかでも、相互リンクをしているところがありますが、同ジャンルのサイト同市つながっていても普通に検索上位をキープしています。

 

だから、そのサイトの規模と情報の価値、ユーザーにとって役立って使いやすいサイトなのかどうかというところで、そこにある相互リンクが有効に働くのか、逆効果になるのか決まるのかもしれませんね。

 

Googleが相互リンクに関して大幅な変更を行いました。

 

あのあと、Googleは、ついに相互リンクに対しても厳しいペナルティを課すようになったという情報が回りました。

 

どうやら、相互リンクを集めるため専用の相互リンク集ページを作成すること自体がもうダメみたいです。

 

「過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナーページを作成すること」がNGになり、

 

サイトの評価を下げずに相互リンクをするのであれば、「Nofollowタグ」をつけて、その相互リンクページをGoogleに評価対象に入れないようにするなどの対策をしなければいけません。

 

記事の最後あたりになってしまいましたが、追伸としてお伝えしておきたいと思います。

 

相互リンクに関しては以上です!

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

被リンクとは?

 

SEO自作自演禁止?!サテライトサイトとは?

 

サテライトサイトと被リンクの今後の展開・・・

コメントを残す