被リンクとは?

 

被リンクとは、SEO対策上簡単に説明すると、上位表示させていサイトに付く票みたいなものと考えて頂ければいいかと思います。

 

例えば上位表示させたいAというサイトがあるとして、それがニキビに関するサイトだとします。

 

そしたら、別のBという、これまたニキビに関するサイトが、記事を作成している中であなたのAというサイトに参考になる文章があった時に、その文章を載せたAサイトの記事にリンクを貼ります。

 

これが一般的な被リンクです。

 

zxtrtrfguk

 

言えば、BというサイトがAというサイトに支持を送っていると言っていいでしょう。

 

ここをGoogleの検索エンジンは評価しています。リンクとは日本語で「つなぐ」という意味になります。ここに「被」という言葉が追加されると、「リンクされる」という意味になり、「繋がれる」という意味になります。

 

だから、BからAに繋がれるという解釈です。

 

また、被リンクはサイトの評価を上げる以外にも、クローラーに巡回してもらいやすくするための、道的な役割を果たすことも覚えておいてください。

 

あなたのサイトへの道が多くなるにつれて、Googleの検索エンジン内を巡回しているクローラーに来てもらいやすくなり、あなたのサイトの記事を早くGoogleが、データベースに取り込んで、検索結果に表示できるようにしてくれるようになります。

 

この被リンクは、SEO対策上極めて重要で、別名「外部リンク」とも言われています。

 

現在のGoogleでは、この被リンクの数などで、まだ上位表示がなされやすいといった状況になっていますね。もちろん、数だけではもう今後は対応できません。そこもまたあとで解説します。

 

この被リンクをいかにして集めるかが、今のところ、アフィリエイト初心者も含め、多くのアフィリエイターにとって重要であり、稼げるかどうかにもかかってくるのです。だから、被リンク業者は儲かるわけですが。

 

しかし、今後のSEO対策で考えていくと、被リンクだけではダメなんじゃないかという考え方もあります。

 

現在では、こうした被リンクを販売している業者が日本では非常に多いのですが、そういうところから被リンクを購入するのは、Googleのガイドラインで禁止されています。

 

「バレなければいい」と言われると何とも言えないのですが、もしバレた時には厳しいペナルティが待っており、検索上位でアクセスを独占していた状態から、一気に100位以外の圏外へ追いやられてしまい、アクセスをほとんど失ってしまいます。

 

これをGoogleペナルティといいます。

 

このペナルティは、いつどこで起こるのかはわかりませんが、Googleのガイドラインに違反していなければ、受けることはほぼありません。

 

それに、ペナルティを受けた場合には、大抵ウェブマスターツールに通知が届くようになっています。

 

ウェブマスター ペナルティ通知

 

そしてこのペナルティを受ける殆どが、過剰な被リンクによるものですね。2chの匿名掲示板や、多くのアフィリエイターの人たちのブログでペナルティ経験を切実に語られています。

 

主にこの被リンクによるペナルティは、日常的に、いつ起こるかわからないというのもありますが、特に危ないのが、Googleアルゴリズムのアップデートの時です。

 

そのアルゴリズムが、ペンギンアップデート、パンダアップデートと言われています。

 

yhgrgらえrd

 

この2つのアルゴリズムは、主にサイトコンテンツや、被リンク、Googleガイドラインの違反性の高低を見るのですが、これらのアルゴリズムがアップデートされると、一定期間検索エンジン上のあらゆるキーワードでの検索順位が変動します。

 

それは大変動になることもありますし、全く影響を受けない部分もあります。

 

特にこの時は、被リンクの過剰な自作自演を行っているアフィリエイターにとってはヒヤヒヤものでしょう。

 

そういう被リンクを購入したり、自分でサイトを作って貼り付けまくるといった、ブラックハットSEOをしているサイトは、いつ圏外になってもおかしくないですからね。

 

ewh5ytがyじゅ

 

そんなこんなで、被リンクによるSEO対策は、日夜議論されているわけですが、そんな被リンクも、数が多ければいいというわけではありません。

 

この被リンクの数は、現在のアルゴリズムではそこまで重要な項目ではありません。それよりも大事なのは、被リンクの質です。

 

被リンクの質とは一体なんなのか、以下より解説していきます。

 

被リンクの質とは?

 

これは、つまり、被リンクを送っている側のサイトが、どれだけ多くのサイトから支持を受けているのかを見るものです。

 

例えば、あなたが選挙に出たいとして、支持してくれる人が2人いたとします。一人が、一般人で、自分の友人です。そしてもう一人が、大企業に勤める仲のいい社長さんです。そうなると、価値のある支持(被リンク)はどちらでしょうか?

 

おそらく、後者の社長さんからの支持ではないでしょうか。

 

この社長さんは、一般人の友人と違って、多くのネットワークを持ち、大企業の社長であることから名前を知られ、多くの人の支持を受けて、すでにブランドがあり、有名な方です。

 

そういう人から1人だけでも支持を得られるのであれば、一般人の友人から1人支持をもらうよりも、大きな力を得ることができます。

 

これは、被リンクでも同じです。

 

yjgjbl

 

多くのサイトから被リンクをもらい、支持されているサイトからの被リンクをいかにしてもらうかが、被リンクを利用したSEO対策の大きなポイントになるのです。

 

仮に、どこからの被リンクももらっていないサイトからの被リンクも意味がないわけではありませんが、正直あまり有効ではありませんし、

 

そういったサイトからの被リンクが過剰に多すぎると、逆に検索エンジンのアルゴリズムに不自然にうつって、ペナルティを受ける可能性があります。

 

このように、一個一個の被リンクをもらうのでも、被リンクを送っている側のサイトがそもそもどれだけ支持されているのかが非常に重要であり、これが、被リンクの質といいます。

 

被リンクは自然さを求める。

 

これはどういう意味かというと、例えば開設して間もない、1ヶ月くらいのサイトがあるとします。

 

そういうサイトは、通常他のサイトからすぐに被リンクを集められるものでしょうか?

 

おそらく、どのキーワードでもまだj上位表示も達成できていないでしょうから、露出もしていないし知られてもいないため、Googleから見ても、被リンクされることは考えにくいでしょう。

 

しかし、そんな開設間もない早い時期に、いきなり10000個の被リンクが付いたら、Googleの検索エンジンのアルゴリズムはどう思うでしょうか?

 

おそらく、「こんな開設間もないサイトなのに、被リンクをこれだけ多く得るのはおかしい。」と考えるのではないでしょうか?

 

Googlee

 

また、一つのブログサービスからだとか、WPサイトからだけの被リンクという感じで、偏っているのも検索エンジンからは不自然に映るようです。

 

例えばFC2ブログで作られたサイトばかりから被リンクを送ってしまうと、作為的に感じられて、Googleに補足されてしまう可能性があるということです。

 

もし被リンクをするのであれば、しっかりとブログサービスなどの分散も行わなければいけません。

 

他で言えば、被リンクをもらっているサイトのジャンルも、こちらのサイトと同ジャンルだけでなくて、いろんなジャンルのコンテンツを扱っているサイトから被リンクを何ヶ月もかけてじっくりと付くということも非常に重要です。

 

この被リンクが「自然さ」を求めるのは何においてもそうです。

 

fhegekjawsbf

 

この項目は、ちょこちょこほかの記事でも触れていきますので、今回のこの記事では、「まあ、そうなんだ」位にとどめておいて、覚えておくくらいでオッケーです。

 

被リンクを付けられる際は、アフィリエイト初心者の方も、ここは気をつけておいてくださいね。

 

以上が、大まかに被リンクについて述べさせてもらったという感じになります。

 

正直、被リンクについて書くだけで膨大な文章量になってしまって読む気がなくなってしまうと思いますので、今回はこの辺にしておきます。

 

ではでは!

 

関連記事

 

SEO対策の今後・・・。

 

Googleペナルティとは?

 

被リンク購入はアリかナシか?

 

ペンギンアップデートとは?

 

パンダアップデートとは?

 

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOとは?

コメントを残す