過剰なアフィリエイト広告はSEO上マイナス評価?

あなたは、アフィリエイトサイトを運営していくうちに、収入がある程度増えてきて、サイト内の広告が増えてきていませんか?

 

実はそれ、Googleから見てペナルティになる可能性があるかもしれません。

 

どうも!コゴローです。(^^)

 

上記のような話、あなたは聞いたことありますか?

 

実はアフィリエイト広告の過剰な貼り付けって、あなたのサイトの収益やアクセスを今後落とす可能性があるんです。

 

広告を張ると、レビューページのPV数や、売り上げにも関係してくるため、収入が上がってくると、つい過剰にアフィリエイト広告をサイドバーやメインカラムにランキング形式で載せたりしがちですよね。

 

nbvgdszS

 

しかし、これが限度を超えると、サイト評価を下げて、ペナルティを食らう危険があるのです。

 

ここには、ページレイアウトアルゴリズムというアルゴリズムが働いているのですが、これについてマットカッツ氏は以下のように言っています。

 

vhrtyay

 

→ ページレイアウトアルゴリズムについて

(外部サイトに飛びます)

 

上記の記事を読むのであれば、GoogleChromeの日本語訳版で読むことをお勧めします。

 

ここで簡単に言ってしまうと、ページアウトアルゴリズムとは、サイト訪問者にとって邪魔にしかならないような過剰な広告配置や、本来サイト訪問者が求めている情報が載っているページへ行きにくくなっているような、ファーストビューのレイアウト構成をしているサイトに適応されるアルゴリズムのことです。

 

ここでいうファーストビューとは、検索結果から入った時の、バンと初めに表示されるあなたのサイトのトップページの画面のことです。

 

当サイトであれば、以下がファーストビューになります。

 

dghkuwd

 

特に、ここの範囲で、あまりにも広告を貼り過ぎていると、ページレイアウトアルゴリズムに捕捉されて、ペナルティを受けるということです。

 

これは、ここの範囲だけに限らず、下にスクロールしていったときにも過剰な広告が貼られていたりした場合にも適用されますので、気を付けなければいけません。

 

今現在では、ランキング形式で、メインカラムでトップページに表示させても大丈夫なようですが、このアルゴリズムによる規制が厳しくなると、そういったトップページでのランキング形式をやめなければいけなくなる可能性があります。

 

今のところ、僕のサイトすべては、広告の貼り過ぎによるペナルティは受けていません。おそらくですが、広告が貼られているファーストビューから、直接外部リンクで販売者サイトにつないでいないということも関係しているかもしれません。

 

れgふぁgはgtげfr

 

また、この過剰なアフィリエイト広告などの貼り付けは、検索エンジンに嫌われるだけでなく、サイト訪問者にも嫌がられ、サイトからの離脱率を上げてしまい、購入率を下げてしまうことにもなりかねません。

 

広告がバンバン貼られまくった、見にくい売り込み色だけの強いサイトをだれが好んでみるでしょうか?

 

広告って基本的に嫌われ者です。

 

それをいかに訪問者にクリックしてもらって、商品を購入してもらうかなんていうのは、いかにして訪問者の使いやすいと思えるようなサイトを作れるのかを考えることでしか解決しないと思います。

 

そうなると、自然とサイト内の広告表示を減らしていかないといけないということになりますよね。(特にトップページのところ)

 

bhvcxerfg

 

広告数に関する問題に対しては、サイト訪問者が必要としている情報提供やレイアウトも含め、その人たちのためになるような僕らなりのサービスを行っていくしかないんですよ。

 

多くても広告の配置なんて、サイドバーのどっちかに1個、複数商品を所持しているなら、そこに加えてメインカラムにランキング形式で3つくらいの、合計4つまでですかね。あくまで僕の基準ですけど。

 

あとは純粋に記事を書いて、コンテンツの充実に力を入れたほうがいいと思います。

 

アフィリエイトは基本的に、「売らないから売れる」んです。

 

アフィリエイトは、少し欲が出て、売り上げ色が強いサイトになってしまうと、成約率が下がってしまうという、非常に繊細なものなのです。

 

このアルゴリズムへの対策も含めてですが、一番の方法は、いきなりクリックして販売者ページへ行かせるような構造ではなく、じっくりと訪問者が検討できるだけの材料・レビュー記事等をこちらが用意して、最後の最後に、販売者サイトへのリンクを貼ることだと思います。

 

これさえ守っていれば、そうそうページレイアウトアルゴリズムなんかに引っかかったりしませんので、ぜひ実践してみてください。

 

関連記事

 

Googleペナルティとは?

 

パンダアップデートとは?

 

内部リンクと外部リンクの解説とそのSEO

 

 

コメントを残す