飽和といわれるアフィリエイトで生き残って稼いでいくには?

アフィリエイトはよく、「もう飽和状態だから新規参入は無理!」とか言われがちですが、僕から言わせると全然そんなことはありません。

 

アフィリエイト初心者から始めても、まだまだ参入の余地がいっぱいあります。ただし、始めるならなるべく早いほうがいいですね。

 

おいしいキーワードがあっても、いち早く他のライバルにとられて、あなたがもたもたしている間に、どんどん差ができてきますから。

 

僕なんか2013年から始めた完全な後発組であるにもかかわらず、きちんと結果を残せています。ですからまだまだこれからはアフィリエイトは盛り上がってきますよ!

 

sdfag

 

ただ、参入の余地があるといっても参入の仕方を工夫しなければいけません。

 

例えば、アフィリエイトにもいろんなジャンルがありますが、アドセンスや情報商材、物販のどれをするのかや、どんなジャンルのサイトを運営するのかによって大きく結果は変わってきます。

 

最初は、アフィリエイト初心者でも成果の出しやすい市場で勝負するほうが、賢明だと僕は思いますね。

 

さて、そんな参入にも一工夫のいるアフィリエイトの世界で、うまく入り込める方法っていったいどういうものでしょうか?

 

僕自身も後発組ですので気持ちもある程度わかりますから、僕なりに気を付けたというか、意識した点をお伝えしたいと思います。

 

アフィリエイトに参入する際の注意点。

 

アフィリエイトに参入する際に僕が気を付けたのは以下の点です。

 

  • 参入する市場
  • キーワード選定
  • 専門特化したサイトを作ること。
  • どこにも負けないコンテンツの充実に取り組むこと。

 

この3つを、僕は特に意識しましたので、順番ずつ解説していきます。

 

参入する市場

 

まずは参入する市場を選ぶ段階から、僕は慎重でした。

 

なぜならこの参入する市場によって、季節ごとの売れ行きの変化や、収益の安定性、報酬単価、上位表示のしやすさなどが大きく変わってくるからです。

 

tryresj

 

参入しやすい市場は、僕の中で以下のように感じました。

 

  • ネットビジネス系
  • 投資/ギャンブル系
  • アダルト/恋愛系
  • 健康/美容系

 

これらはライバルも多いですが、市場も広く、様々なキーワードでの集客・成果に結びつけることができます。

 

それこそ幅広く、ブルーオーシャン戦略のようなニッチキーワードを見つけていくやり方もありですし、王道的にミドルキーワードなどでのまっとうな上位表示への方法をとるのもいいです。

 

何よりここで挙げられているジャンルの商品は、ASPでも単価が高いものが多く、1個売るだけで数千円とか、1万円入ってくるなんてのはざらです。

 

早く結果を出して、報酬に結び付けたいという初心者の方にとっては、中々おすすめの市場といえます。

 

キーワード選定

 

キーワード選定も非常に重要で、サイトを作ってアフィリエイトをする際、最も気を使った部分です。

 

僕は「○○ レビュー」などの王道的な方法でうまくいきましたが、現実として、いきなり初心者がそういったありがちなキーワードを攻めても、うまくいかないことがあります。

 

ああえrがてyghh

 

その場合、検索結果の下あたりに出てくる関連キーワードから見つけていき、ライバルが少なかったり、ちょっと苦労しそうだけどがんばったら上位表示できそうなキーワードを、初心者でも参入できる儲かる市場内で攻めていく必要があります。

 

関連キーワードとは、例えば以下のようなものです。

 

関連

 

関連2

 

この関連キーワードは、ある程度検索されていなければ出てこないキーワードですので、それだけ一定数以上の人が検索しているキーワードということです。

 

ここに載っているキーワードは、需要が高く購入率が高いものが非常に多いため、アフィリエイト初心者ならば、まずはここにあるキーワードから上位表示しやすそうなものを見つけて、参入することをお勧めします。

 

また、キーワード選定をする際には、初心者のうちはビックキーワードを狙わずに、ミドルからその下のニッチやスモールキーワードから攻めていくよう意識してください。

 

例えば、ビックキーワードなら「ニキビ」、ミドルキーワードなら「背中ニキビ」や「胸ニキビ」などで、ニッチなどのキーワードは「背中ニキビ ケア」や「胸ニキビ 原因」などです。

 

専門的で需要のある分野であればあるほどいいです。「ニキビ」と「背中ニキビ」なら、後者のほうが専門的ですよね。そんな感じです。

 

edgnfvh

 

キーワードの規模などは、以下のツールの「キーワードプランナー」でチェックできますので、もしよければどうぞ。

 

SEOTOOLS (外部サイトに飛びます。)

 

ただ、それでも不安な方がおられると思いますので、記事下の関連記事より、ライバルチェックのポイントについて書いた記事がありますので、もしよければ参考にしてください。

 

専門特化したサイトを作ること。

 

前述したキーワード選定では、専門的で需要があり、ミドル以下の規模のキーワードで、主に複合や関連キーワードで探していくというものでした。

 

そして、そういった専門的でニッチな分野でやっていくのであれば、必ず初心者でも結果の出しやすい市場で勝負することが重要であったはずです。

 

そして、そういうニッチで専門的な分野で勝負していく場合は、より専門的で、特化したサイトを作る必要があります。

 

なぜなら、そういったニッチで専門的な部分を攻めていく場合、コンテンツを充実させて、記事を更新し続けるだけで検索上位をいただくことができる可能性があるからです。

 

fdyh6juulk

 

例えば、僕の例でいうと、ある特定の蕁麻疹のサイトを作ったのですが、特に外部施策なしで、記事を更新し続けるだけで単一キーワードで3位に行くことができました。

 

この蕁麻疹の病名の単一キーワードでスモールキーワードでしたから、容易に上位へ行けたのでしょう。

 

この時に僕が意識したことはただ一つ、「専門的でここを見たらそのことについて何でも分かるサイトを作ること」です。

 

その結果がこれですので、やはりこういった意識は重要だということを痛感しました。アフィリエイト初心者の皆さんも、専門的でニッチな分野に行ったら、その分ニッチで専門的で特化したサイトを作るよう心がけてください。

 

それだけで、本当に上位表示を達成できたりしちゃいますから。

 

どこにも負けないコンテンツの充実に取り組むこと。

 

これにいたっても、完全に意識の問題ですが、

 

少しでも専門的な分野・キーワードで勝負するのであれば、そのキーワードにおいて他に絶対に負けないくらいのサイトコンテンツを作るという気持ちを持って取り組んでください。

 

どんなに細かい内容でも、それが重要であり、少しでもそのサイトの内容にかかわっているのであれば、余すところなく記事として投稿していきましょう。

 

本当に、そのキーワードにおいての総合サイトを作る気持ちで取り組んでください。

 

etyweaty

 

そうすると、自然とサイトの順位が上がり、検索上位をいただくことができ、さらに完全なホワイトハットSEOですから、自作自演の被リンクに頼ることもないため、安定した順位確保が可能になります。

 

もしニッチキーワードでも上位表示が普通より難しいのであれば、サテライトサイトの作成やブックマーク登録、ブログランキング登録などで被リンクなどを増やすよう試みてください。

 

以上になります。

 

 

上記の点をしっかり押さえていれば、今からアフィリエイトに参入してとしても、必ず成果を上げることができます。

 

ぜひ、「飽和だから・・・」という理由であきらめずに、僕と一緒に頑張っていきましょう!

 

関連記事

 

h1キーワードは今後のサイトの運命を左右する?!

 

アフィリエイトで儲かる4つの市場とは?

 

単一ビックキーワードから派生したミドル以下のキーワードで勝負するのもアリな件

 

ライバルサイトをチェックする時の5つのポイント

コメントを残す