2014年10月にあったペンギン4.0で1位のサイトが飛んだ件

もう去年のお話になるのですが、去年の2014年の10月にあったペンギン4.0によって、1位だったサイト吹っ飛びました。

 

junigeraku-GRC

 

この時はあまりに急な出来事だったので、動揺を隠せなかったのですが、いくつかの原因が頭に思い浮かびました。

 

それが以下の点です。

 

  • ブロぞうによる大量に自動的に生成された被リンク
  • Googleのミス
  • サテライトサイトからの被リンク

 

このサイトは、ずっと前にサテライトサイトを自分で作って、被リンクを送っていたため、もしかするとそれが原因で落ちたのかなと推測しました。

 

ただ、そのサテライトサイトからの被リンクも2、3個くらいです。そこまでペナルティを喰らうようには思いません。

 

無料レポートスタンド「ブロぞう」からの大量の被リンク

 

そこで有力な情報としては、ブロぞうという無料レポートスタンドからの自動的に生成される被リンクが原因なのではないかという結論に至りました。

 

ブロぞうは、かなり昔からある無料レポートスタンドなんですが、ここのサイトのレポートダウンロードによって溜まっていくポイントの量が増えて、

 

ランキング入りすると、ブロぞうへの登録の際に、自分のサイトが紹介され、多くの人から登録してもらえるようになるというシステムになっています。

 

yjgjbl

 

例えば・・・

 

http://blo-zou.com/report_get.php?id=m1000025990_22

 

このような無料レポート紹介ページに、協賛ブログのリンクが張られています。これが原因で、協賛の多く載れば乗る程に、リンク数が増えるという仕組みです。

 

協賛からご自分のサイトが表示されなくなったとしても、一度インデックスされているので、再クロールされていないページなどもありますし、他の新たに生成された無料レポートページよりリンクが追加されている訳です。

 

当然、同一の大元URLから大量のリンクを受けているので、SEO上は好ましくありません。スパム扱いを受けても全然おかしくない訳です。

 

自動的に生成されるページからのリンクは、Googleからペナルティを受ける対象になることは僕も知っていたので、もしかするとこれが原因だったのかもしれません。

 

vtdrtghbn

 

実際僕のサイトは、無料レポートダウンロードで貯まるポイント数で、全国2位になっていましたから、それ相応の被リンクが集まったのでしょう。

 

しかし、ウェブマスターツールには、ペナルティ通知が届いていなかったため、完全にペナルティと断定することはできず、ずっと悩んでどうすることもできない状態が続きました。

 

そこでとった行動は以下の2つです。

 

  • 記事を更新する。
  • 静観して様子を見る。

 

先程も言ったように、Googleでもミスしてサイトの順位を下げてしまうことは結構あるようです。

 

その場合、順位が下がってもリンクをいじらずに、まずは記事を更新しながら様子を見ることが先決ですね。

 

もしここで変にリンクをいじってしまうと、Googleから「何かまずいSEOでもしているんじゃないか?」と疑われ、今度こそ本当のペナルティを受けてしまうなんていうことにもなりかねません。

 

不安な気持ちは分かるのですが、まずは通知が来ていないときは、2ヶ月~3ヶ月は様子を見たほうがいいでしょう。

 

trgfvjsbvk

 

結果として、2ヶ月ほど立つと順位が4位まで一気に回復しました。

 

junikaihuku2

 

これは、Googleのミスだったのか、それともGoogleが僕のサイトを怪しんで仕掛けてきたものなのかわかりませんが、とりあえず順位が戻ってよかったです。

 

今回のように、ペナルティ通知が来ていないにもかかわらず順位が一気に下落することもありますので、アフィリエイト初心者さんの方は、焦らずしばらくは、記事の更新や静観して様子を見るなどの行動をしたほうがいいでしょう。

 

少なくとも、いきなり焦って被リンクを外すなんていうことはしないようお願いしますね!

 

ではでは!

 

関連記事

 

SEO対策は2つの視点で戦略が変わる!

 

ペナルティを受けてもメンタルを保つ方法

 

ペナルティを受けたら焦らず待って静観することも重要

コメントを残す