301リダイレクトとは?

 

301リダイレクトという言葉を、アフィリエイト初心者の方は聞いたことがあるでしょうか。

 

結構アフィリエイトでよく出てくる単語の一つなのですが、ややこしそうな名前のため、敬遠して理解しようとしないという方が多いと思います。

 

でも、もしあなたの今のサイトが、ペナルティを受けたまま順位が戻らなくなったり、何らかの問題が生じた時には、この301リダイレクトは非常に役に立ちます。

 

そもそも301リダイレクト(301redirect)とは、ドメインやURLを恒久的に変更する場合に用いられるもので、永久転送などと呼ばれることもあります。

 

rju7k.,

 

よく比較対象で、302ダイレクトが挙げられますが、これは「一時的な転送」であり、恒久的ではありません。

 

ユーザーからすれば、同じように見えるかもしれませんが、コンピューターからの認識上は、全く違ったものになります。

 

SEO上の話になると、何も問題なく301リダイレクトを行うことができれば、順位もそこまで下がることも少ないのですが、正しくちゃんとリダイレクトできていない場合は、順位を大幅に落とすこともあるようです。

 

コンテンツ構成の変更によるURL変更、異なるURLに同一のコンテンツが存在する際にそれらを統一するためのURL正規化など、全て301リダイレクトで対処しますが、その際の作業はしっかりと入念に確認を行ってから行うようにしてください。

 

301リダイレクトは前身のサイトの被リンク効果をそのまま引き継げる?

 

301リダイレクトの嬉しいところは、全く違うドメインへの移行を行ったとしても、以前のドメインのサイトについていた被リンクの力を、そのまま次のドメインのサイトに移すことができるという点です。

 

例えば、全く順位がつかずに、パッとしないと判断したサイトを他のドメインエイジの古いものに移行しようとするときに、以前の被リンクのついていた状態でのGoogleの評価をそのまま引き継げるということです。

 

vcrtshd

 

この部分は、100%そのまま完全に移行できるわけではないようで、転送後の10%ほどのアクセス減があることが多く、また、被リンク評価が引き継がれるまでには、1~2週間程度の時間がかかってしまいます。

 

URLの正規化

 

正規化とは、「2つ以上存在する重複したものを1つにまとめる」という意味で、例えばURLで「www」無しと「www」有りのURL双方の統一が有名ですね。

 

「www」有りと無しのものがごっちゃになって、同じコンテンツを有するのはあまりよくありません。

 

このように、違ったURLが同一コンテンツ内でごちゃごちゃになると、ページランクの効果や被リンク効果が分散してしまいますので、どちらか一方にまとめて、被リンクなどの効果を1点に集中させる必要があります。

 

asgrtjuyt

 

これが、301リダイレクトですが、もちろん行った上で何の問題もないという補償はありません。

 

でも、どうしてもやむ終えない理由で、ドメインを移行しなければいけないこともあると思います。

 

そういうときは、この301リダイレクトを使ってサイトの中身の転送を行ってはどうでしょうか。

 

関連記事

 

被リンクとは?

 

ページランク解説とSEOとの関係について

 

オールドドメインと新規ドメインのSEO上のメリット・デメリット

コメントを残す