ASPに登録されてるアフィリエイト広告素材はいじってはダメ!

アフィリエイトを始める際には、ASPの登録は必要不可欠ですが、ASPに登録されている広告プログラムの広告素材を使う際には、ひとつ気をつけておかなくてはいけないことがあります。

 

アフィリエイト初心者の方は特に気をつけていただきたいのですが、何も知らなかったとしても、ASPに登録されている各広告プログラムに載せられているアフィリエイトリンクを勝手にいじることはやめてください。

 

例えば、広告素材内で「アフィリエイトで稼ごう!コゴローの商材!」というテキスト素材があった場合、この広告を使用するアフィリエイターは、勝手に「アフィリエイトで稼ぐための商材はこちら」というように勝手にいじってはならないということです。

 

utyurfhtfhjk

 

これは様々なASPで言われていることですが、特に多いのがテキストリンクのテキスト部分の変更です。(「自由テキスト」の設定で組まれている広告プログラムは問題ありません。)

 

基本的にリンクテキストの変更は、ASPの運営側より原則禁止行為とされています。

 

広告素材自体に「自由テキスト」の表現があれば、こちらで勝手に改変してもいいのですが、広告主側が決めているテキストリンクはいじってはいけません。

 

これをやると、ASP側からの警告や下手するとアカウント停止などに関するペナルティを受けます。

 

結構これはやってしまう人が多いと思いますので、ここで取り上げさせていただきました。

 

他にも、アフィリエイトをやっていく上で気づかずにやってしまいがちな禁止行為というものはいろいろあります。

 

アフィリエイトはASPと広告主との良好な関係を築くことは非常に重要で、今後のアフィリエイト活動の存続に大きく関わってきます。

 

もし気づかぬうちに禁止行為を繰り返していて、ある日突然アカウント凍結などのペナルティを受けてしまっては、収入経路が一気に絶たれてしまって、せっかくの収入も0になってしまいますので、アフィリエイト初心者の方は気をつけていただきたいと思います。

 

関連記事

 

アクセストレードは情報商材コンテンツ禁止?!

 

美容・健康系の物販アフィリエイトと薬事法

 

口コミレビューが原因でASP登録抹消?!

 

口コミレビューをアフィリ記事に使用するときの注意点!

コメントを残す