BackWPupで簡単にバックアップをとるための設定方法と使い方

WPを運営していくにしても、サイト作成ツールを使ったサイト運営であろうとも、バックアップをとることは非常に大事です。

 

レンタルサーバーなどの障害やエラー、作業の誤りでデータを削除してしまうことは突如やってきますので、もしその時にバックアップを取っていなかったら、今までの努力が水の泡になってしまいます。

 

そういったことにならないよう、常にサイトのバックアップはとっておく必要があるのですが、中でもWPで運営しているサイトの場合は、以下の二つのデータがバックアップに必要になります。

 

  • サーバー上のデータファイル
  • WPのデータベース

 

これら2つのバックアップがなければ、復元することはできませんので、どちらかだけでなく、しっかりと両方のファイルをバックアップしておく必要があります。

 

そこで、簡単にWPサイトのサーバー上のデータファイルとデータベースのデータのバックアップを取れる「BackWPup」が役に立ちます。

 

これで、レンタルサーバーの管理画面でややこしい手順を踏んでバックアップを取らなくても、WPのサイト管理画面でいつでも簡単にバックアップを取ることができます。

 

また、「BackWPup」は自動バックアップ取得も可能ですので、設定すれば何もしなくても導入したプラグインが勝手にサイトのバックアップを一定周期でとってくれるので非常に便利です。

 

そこで以下より、BackWPupの設定方法と使用方法を解説したいと思います。

 

アフィリエイト初心者でも簡単!BackWPupの設定方法と使い方

 

まず、WPの管理画面に行っていただいて、プラグインの新規追加をクリックしてもらい、そこでBackWPupを検索してインストールしてください。

 

backwpup1

 

インストールが終わったら、有効化してください。

 

backwpup2

 

すると、以下のような画面に行き着きます。

 

backwpup3

 

次に、サイドメニューにある「新規ジョブを追加」をクリックしていただいて、まずは一般設定を行っていただきます。

 

以下の画像にあるように、まずは「データベースのバックアップ」と「ファイルのバックアップ」、「インストール済みプラグインリスト」をチェックしてください。

 

backwpup4

 

次に、下に行っていただいて、「バックアップファイルの作成」にて使っているOSがウインドウズなら「ZIP」を、Macなら「Tar GZip」をチェックしてください。

 

backwpup5

 

次に、下の「バックアップファイルの保存方法」では、「フォルダにバックアップ」をチェックしてください。

 

backwpup6

 

下のほうへ行って「変更を保存」をクリックです。

 

backwpup7

 

次は、スケジュール設定へといきます。

 

スケジュール設定

 

ここでは、自動バックアップなどの設定を行います。

 

まず、先程作ったジョブを開いていただいて、「スケジュール」のメニューにて、設定を行っていきましょう。

 

初めに、「WordPressのCron」をチェックしましょう。これによって、バックアップの自動化を行うことができます。

 

backwpup8

 

次に、下のほうへ行っていただいて、「スケジューラタイプ」は「基本」で、「スケジューラ」は毎週を設定してください。

 

バックアップを採る場合は、なるべくアクセス数が少ない時間がいいので、深夜辺りに設定しておくといいでしょう。

 

backwpup9

 

最後に保存してください。

 

backwpup10

 

これでスケジュール設定は終わりです。

 

宛先フォルダ設定

 

次に、バックアップフォルダの名前と削除を行える「宛先フォルダの作成」をやっていきます。簡単なのでそこまで時間はかかりません。

 

まず、バックアップを格納するファイル名を自分なりにわかりやすい名前にしてください。初期設定で長々と書かれている名前の一番右端にある階層の名前を変更します。

 

次に、フォルダ内に保持できるファイルの上限数を決めてください。僕的には、15記事くらいがちょうどいいと感じています。終わったら変更を保存してください。

 

backwpup11

 

保存したら、「今すぐ実行」をクリックです。

 

backwpup12

 

これでジョブが無事完了したらOKです。

 

backwpup13

 

これで以下の手順よりバックアップを行うことができるようになります。そしたら、BackWPupの「バックアップ」をクリックし、作成したジョブのところにある「ダウンロード」を押してください。

 

backwpup14

 

これで時間はかかるかもしれませんが、圧縮された形でバックアップを取ることができ、デスクトップなどに保存することができます。

 

万が一のためにも、USBなどにコピーしておくといいでしょう。以上で宛先フォルダの設定は終わりです。

 

データベースの自動バックアップ

 

次は、データベースの自動バックアップ設定に移ります。

 

まず、サイドメニューにあるBackWPupの「新規ジョブを追加」をクリックしてください。

 

そこでジョブの名前を入力し、「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグインリスト」をチェックしてください。

 

ジョブの名前は今回は例として、「自動バックアップ」としたいと思います。

 

次に、先ほど行った手順と同じように、ウインドウズなら「ZIP」、Macなら「Tar GZip」をチェックです。

 

バックアップの保存方法も、同じように「フォルダにバックアップ」をチェックしてください。

 

backwpup15

 

設定したら保存してください。

 

backwpup16

 

これで一般設定は終わりです。

 

スケジュール設定

 

ここもはじめと同じで、「WordPressのcron」にチェックし、「スケジューラタイプ」を「基本」に設定してください。

 

backwpup18

 

次に、「スケジューラ」ですが、「毎日」の設定でOKです。

 

もちろんここはおまかせですが、こまめにバックアップを取っておいたほうが、より精度の高いバックアップを行うことができます。これが終わったら変更を保存してください。

 

backwpup19

 

これで自動バックアップのスケジュール設定は終了です。

 

DBバックアップ

 

次に、スケジュールと同じようにメニューにある「DBバックアップ」をクリックしてください。

 

そこにある中で、「バックアップするテーブル」は全てにチェックが入っているか確認し、「バックアップの圧縮」では「GZip」を選択してください。これで、OKです。

 

backwpup20

 

これでWPでのバックアップは心おきなく行うことができますので、アフィリエイト初心者の方でも簡単に行えて非常に便利です。

 

自動でバックアップを取ってくれていれば、ふとした時にダウンロードしたら最新のバックアップデータに更新されていますので、更新するなどの手間が省け、常に新しいバックアップデータを取ることができます。

 

もし、WPサイトを運営しているアフィリエイト初心者の方でバックアップの仕方に悩んでいるのであれば、このBackWPupを使ってみるのもいいかもしれません。

 

関連記事

 

WP(ワードプレス)でカテゴリーを追加・削除する方法

 

WPサイトにサイトマップを作成する方法

 

WP Touch導入はスマホ対応における応急処置に過ぎない。

 

MySQLってなに?

コメントを残す