Googleからモバイルユーザビリティに関する注意を受けた話

つい先日、Googleからウェブマスターツール宛に以下のようなメッセージが届きました。

 

mobileuser1

mobileuser2

 

どうやら、サイトの構成がスマホなどのモバイルユーザーにとって不便で使いにくいものであるとして、注意されたみたいです。

 

現時点で言うと、当サイトで推奨している情報商材である、「アンリミテッドアフィリエイト」のWPテンプレートで作ったサイトが軒並みこの注意を喰らいました。

 

対して、「ルレア」のWP向けテンプレートである当サイトでも使っている「リファインスノーテンプレート」で作ったサイトには、このモバイルユーザビリティに関するメッセージは来ていないですね。

 

なんでだろう・・・。

 

とりあえず、送られてきたモバイルユーザビリティに関するメッセージの内容を抜粋しましたので以下をまずはご覧下さい。

 

「Google のシステムは、貴サイトの○○ページをテストし、そのうちの100%に重大なモバイルユーザビリティ上の問題を検出しました。この○○ページの問題の影響で、モバイルユーザーは貴サイトを十分に表示して楽しむことができません。これらのページはGoogle 検索でモバイル フレンドリーとは見なされないため、スマートフォンユーザーにはそのように表示、ランク付けされます。」

 

で、問題とされた部分がどこなのかを教えてくれるリンクがメッセージ内にありましたので、早速その中身を確認しました。

 

mobileuser3

 

すると出てきたのは以下の問題でした。これはウェブマスターツールのセクションである「モバイルユーザビリティ」でも見ることができます。

 

mobileuser4

 

画像だと見にくいのでここに書くと、以下の項目が問題であるようです。

 

(ついでですので、画像にある以外で、問題として取り上げられる点も書いておきます。)

 

  • フォントサイズが小です。
  • ビューポートが設定されていません。
  • タップ要素同士が近すぎます。
  • Flash が使用されています。
  • 固定幅のビューポート。
  • コンテンツのサイズがビューポートに対応していません。

 

要するに、スマホユーザーから見て、使いにくいサイトだから対応しておいてねということです。

 

リンクどうしが近すぎると、タップで誤クリックありまくりで使いづらいですし、文字が小さかったら、わざわざ指で拡大してスマホで見に行かなくてはいけません。そうしなくて済むのならそっちのほうがいいですよね。

 

rgんfghjk

 

Flashに関しては、スマホでは表示されませんので、表示されない分サイトのビジュアル的に邪魔になるからでしょう。

 

この出来事は、Googleがスマホユーザーの体験そのものを、モバイル検索アルゴリズムに組み込もうと考えているからだと考えられます。

 

今後さらにスマホユーザーによるアクセスが増えてきて、モバイルユーザビリティが重要になってくるから、これからはスマホにも対応したサイト構成にしておいて欲しいというわけです。

 

スマホユーザーが増えてくるのに、スマホ対応していないサイトが野放しなのはまずいですからね。

 

検索エンジンを使おうとする人が減ってしまう可能性があります。

 

だから、今後はPCにもスマホにも対応したレスポンシブデザインのサイトが理想とされていきます。

 

レスポンシブデザインとは?

 

レスポンシブデザインとは、簡単に言ってしまえば、設定しておくことで、スマホユーザーにとって見やすいモバイルユーザビリティな画面と、PCユーザーにとって見やすい画面を自動的に分けて、表示できるようにしてくれるデザインのことです。

 

これができるのが、インフォトップで不動の人気商品として定評のある、SEO対策済みサイト作成ツールである「SIRIUS」と「賢威」になります。

 

brthsh

 

これら二つのツールは、WPで作るのとは違って、簡単にスマホなどのモバイル対応のサイトを構築できますので、非常に便利です。

 

逆に、アンリミテッドアフィリエイトなどの情報商材に特典として付いてくる「WP用テンプレート」などで作成していると、

 

直でサイトを構成しているCSSやHTMLをいじって、自分でカスタマイズしなければいけませんので、そういう知識がない方には対応するのは厳しいといっていいでしょう。

 

下手をすると、サイトのデザインが崩れてしまって、素人には修復不可能な状態に陥ってしまう危険があります。

 

今からでも遅くはないので、レスポンシブデザインへ切り替えるための準備をしておいたほうがいいですね。

 

例えば、レスポンシブ対応が簡単にできるテンプレートを購入して使うようにしたり、余裕がある方は、CSSなどの勉強をしておくとか、レスポンシブデザインに変えるためだけの方法を学んでおくとかでもOKです。

 

ではでは!以上になります!

 

今後のことも考えて、しっかりモバイルユーザーのことを考えたGoogle対策をしておきましょう!

 

関連記事

 

サイトの規模が大きくなるごとに生じる3つの問題

 

ランキング形式のアフィリエイトは今後できなくなる?

 

モバイルユーザビリティの問題が4月21日以降順位に影響する!

 

スマホ対応に関するアルゴリズム導入後のサイト順位の変動について

 

モバイルフレンドリーの問題が解決するには時間がかかる。

コメントを残す