HTTPとは?

HTTPは、よくURL表記で「http://~」といった感じで見かけることが多いと思いますが、

 

このHTTPはWebサーバーとWebクライアントとのあいだでデータの送受信を行うための通信上の決まり、規則を表したものです。

 

この規約を通すことで、HTMLファイルやスクリプト、CSS、画像、音声、動画などをやり取りすることができます。

 

インターネットであらゆるWebサイトを開くと思いますが、その都度ここに書かれているWebサーバーとのやり取りを、このHTTPを介していることで成立しているというわけです。

 

パスワード入力と認証などによる暗号化技術が加わってWebサーバーとやり取りし、Webサイトにログインすると、HTTPではなくHTTPSといった表記に変わります。

 

「https://~」といった感じですね。

 

 

コメントを残す