IPアドレスとは?

インターネットは様々な通信規約のもとで成り立っていますが、IPアドレスもその一つです。

 

世界中にはあなたも含めてパソコンやネットワーク機器でつながったネットワークがいっぱいありますが、つながっているそれぞれの機器などについている番号のような印が、IPアドレスと思って頂ければいいでしょう。

 

レンタルサーバーはもちろんのこと、アクセス解析でもこのIPアドレスの知識は必要になることがあります。

 

rzyhtdstu

 

レンタルサーバーであれば特定のアクセスの制限や禁止を行うときに必要ですし、アクセス解析であれば自分のパソコンからのIPアドレスを除くことで、より正しい自サイトのアクセス解析を行うことができます。

 

2種類のIPアドレス

 

IPアドレスにも2つの種類がありますので、せっかくなので覚えておきましょう。

 

それが以下です。

 

  • グローバルIPアドレス
  • プライベートIPアドレス

 

それでは順番ずつ解説していきます。

 

グローバルIPアドレスとは?

 

世界中にはたくさんのパソコンやネットワーク機器がありますが、そんな膨大な量の機械からのネットへのアクセスを管理するには、それぞれ異なった番号で管理する必要があります。

 

インターネットを開いてホームページを見るとき、どこの誰が閲覧しているのかを管理しておかなくては、インターネットの世界を制御できないからです。

 

gvueywtguhdcb

 

このために、一人一人割り振られた識別番号が、グローバルIPアドレスで、世界で重複するものはなく、全て違ったIPアドレスで振り分けられています。

 

これは、電話番号や住所に同じものがないのと一緒で、これがないとインターネットにつなぐことができません。

 

このグローバルIPアドレスはプロバイダ(NTTやeo光など)を契約した時点で割り振られます。

 

個の割り振られたIPアドレスは完全に固定ではなく、ほとんどの場合が動的IPアドレスで、ルーターなどの電源を入れなおすと変更されます。

 

プライベートIPアドレスとは?

 

プライベートIPアドレスは別名「ローカルIPアドレス」と呼ばれています。

 

例えば自宅や会社では、プロバイダ契約は一つでルーターで複数のパソコンを使っていることが多いと思いますが、この場グローバルIPアドレスはどうなるのかというとひとつにまとめられるんですよね。

 

簡単に言うと、ルーターが代表してグローバルIPアドレスを持っていることになります。

 

yjgjbl

 

ルーター側が実際には直接インターネットでの通信のやりとりを行っていて、もしパソコンが複数あってはどれが誰のパソコンかわからなくなってしまいますよね?

 

だってグローバルIPアドレスはルーターだけが持っている状態なんですから。

 

ここで使われるのがプライベートIPアドレスで、これがあることで、複数のパソコンとルーター同士、パソコンとネットワーク機器同士の通信を可能にできます。

 

 

コメントを残す