IPv4とは?

IPv4とは、インターネットの基本的な通信規約で、世界中の42億個もの機器をインターネットにつなげることができます。

 

機器固有のIPアドレスを割り当てて一意に識別し、複数のネットワークを経由して末端から末端までデータを送り届ける方法を定義しています。

 

ただ、最近になってその42億分だけでは補えなくなってきており、IPv6といった新しい通信規約の研究が進んでいます。

 

このIPv6は、42億程度にとどまらず、さらに多くの機器をネットにつなげることができるとされています。

 

ただ、こちらが実現するのはまだ先の話で、現段階ではIPv4で世界中のインターネット世界が成り立っています。

 

 

コメントを残す