noindexとnofollowの違いとは?

今回取り上げさせていただくのは、noindexとnofollowについてです。

 

アフィリエイト初心者の方でも聞いたことがあるかもしれませんが、あまり意味を分かっていない人のほうが多いと思います。

 

xsregrytgfbh

 

では以下より、両方の単語の解説をさせていただきます。

 

まずはnoindexから。

 

Noindexとは?

 

このnoindexとは、文字通り「インデックスするな」という意味です。そのままの意味で捉えてもらって構いません。

 

つまり、サイトを巡回しにくるクローラーに対して、noindexをつけているウェブページに関しては、巡回はしてもらっても、検索エンジンのデータベースへのインデックス登録はしなくていいという命令を出しているのです。

 

xzargrfvghj

 

インデックスに登録しなくていいということは、キャッシュもされませんから、記事自体を検索しても検索結果から表示されることはありません。

 

そのため、その記事へ行くためには、サイトのトップページからか、外部リンク経由でしかアクセスできないというわけです。

 

Noindexを入れる方法はとても簡単です。ウェブページごとのHTMLコードにある<head>内に、以下のタグを入れてください。

 

<meta name=”robots” content=”noindex”>

または、

<meta name=”ROBOTS” content=”NONE”>

 

このタグを挿入するだけです。

 

このnoindexは、対象のページへの被リンクによる効果などを無効化したりすることはなく、被リンク効果はしっかり持続しますので、お間違えのないようお願いします。

 

Nofollowとは?

 

このnofollowと先ほどのnoindexが、色々ごちゃごちゃになってわかりにくくなるのですが、意味や働きが全く違いますのでご注意ください。

 

このnofollowは、ウェブページ内の外部サイトへの被リンクを無効化するためのものです。

 

このnofollowが入れられたページの全ての外部リンク、つまり被リンクは、巡回しにくるクローラーに無視される形になります。

 

xzaafewref

 

そりゃあそうですよね。Nofollow、つまり「ついてくるな!」って言ってるんですから。

 

このnofollowを扱う際には、以下の方法で簡単に行うことができます。

 

まあ、アフィリエイト初心者さんが使うとすれば、特定ページに対するnofollowくらいでしょうから、それについて解説しますね。

 

通常は以下のソースでリンクは成り立っていますよね?

 

<a href=”■URL”target=”_blank”>あああ</a>

 

ここにnofollowを入れる場合、以下のようになります。

 

<a href=”■URL”target=”_blank” rel=”nofollow”>あああ</a>

 

外部リンクは大体別タブで表示するのがいいですから、別タブ表示のためのtarget=”_blank”を入れさせていただきました。これはnofollowとは関係ありません。

 

以上になります。Nofollowとnoindexは、ややこしいですが全く意味が違いますので、間違った活用をしないよう気をつけてください。

 

cxせrty

 

間違えると、本来クロールされて、インデックスされておかないと困るはずの記事や、トップページなどが検索結果から表示されなくなり、アクセスが途絶えてしまうという大きな機会損失につながります。

 

しっかり理解された上での使用をお願いします!

 

以下の関連記事では、このnofollowとnoindexを使ったSEO対策方法も教えていますので、もしよろしければご覧下さい。

 

関連記事

 

インデックスとキャッシュとは?

 

内部リンクと外部リンクの解説とそのSEO

 

クローラーとは?

 

コメントを残す