Ptengineの登録方法と設置方法

 

アクセス解析ツール「ptengine」の会員登録からWPサイトなどへの設置までの流れを開設したいと思います。

 

まず、「ptengine」のトップページへいき、右上にある「無料登録」のボタンをクリックしてください。

 

ptengine1

 

メールアドレスとパスワードを入力して、利用規約に同意し、「登録ボタン」をクリックです。

 

ptengine2

 

登録が完了したら、別タブで開いて、登録メール宛に送られた確認メールを確認してください。

 

ptengine3-1

(この画面は残しておいてください。)

 

そこにある確認URLをクリックしてください。

 

ptengine-yahoomail

 

すると認証完了画面に行き着きますから、「利用開始」をクリック。

 

ptengineメール認証完了

 

次に、電話番号などの個人情報を入力していきます。

 

電話番号の入力は少し怖いと思われる方もおられるかと思いますが、僕自身登録後に変な電話がかかってくるようなトラブルはありませんので、大丈夫だと思います。

 

ptengine確認後の入力内容

 

入力し終わったら、利用規約に同意して、確認をクリックです。

 

ptengine確認メール後の入力内容確認

 

最後に確定をクリックです。

 

ptengine確認後の入力内容確定

 

これで個人情報の設定は完了しました。さらに以下より続きます。

 

プロファイル作成!

 

次は、プロファイルの作成なので、まずは続けて、先ほど残しておいたページにある、ログインをクリックです。

 

ptengine3

 

プロファイル登録へ進んでください。

 

ptengine4

 

すると以下の画面に行き着きます。

 

ptengine5

 

入力したら、「次へ」をクリックです。

 

ptengine6

 

すると、解析コードが出てきますので、それをコピーして、サイトの<body>〜</body>のどこかに解析コードを貼り付けます。

 

ptengine7

 

ワードプレスであれば、外観→テーマ編集→footer.phpまで進むと、</body>というタグがあるので、その手前に貼り付ければOKです。

 

ptengine-wpwp

 

貼り付けましたら更新していただいて、以下のようにコードの実装が確認されたらOKです!

 

ptengine-SIRIUS-コード実装成功

 

また、サイト作成ツールで作成したとなると、以下のように設置してください。例えば、サイト作成ツールで有名な「SIRIUS」では以下の部分に貼り付けたらOKです。

 

ptengine-SIRIUS-コード導入

 

これで設置完了です。

 

WP内で「ptengine」をインストール!

 

実は、WPの管理画面のメニューにある「プラグイン」の項目で、「ptengine」のプラグインをインストールすることができます。

 

その名も、「Ptengine – Real time web analytics and Heatmap」というプラグインです。

 

まずは、WPの管理画面に行って、サイドメニューにある「プラグイン」の「新規追加」をクリックし、「ptengine」で検索して、「Ptengine – Real time web analytics and Heatmap」をインストールしてください。

 

ptengine8-wordpress

 

次に、インストールが完了したら有効化してください。

 

ptengine8-2-wordpress

 

有効化が完了しましたら、WPから「ptengine」にログインしてください。

 

ptengine8-3-wordpressプラグインログイン

 

ここでログインするための会員登録が完了していなかったら、前述した作業を先にやることになり、登録が完了していたら、ここで「新規でのプロファイルの作成」を行うことになりますし、

 

すでに新規プロファイルも作成し終えているのであれば、「既にあるファイルを選択」で先に進むことになります。

 

無料版の場合1個だけのプロファイルが使用できますので、1個プロファイルを登録した時点で、この場での選択肢は「既にあるファイルを選択」しか残っていません。

 

作ったら最後に「保存」をクリックです。

 

ptengine8-4-wordpressプロファイル作成

 

すると、プロファイル登録が完了するので、いますぐ利用を開始してみましょう。

 

ptengine8-5-wordpressプロファイル登録完了

 

そしたら、2つの選択肢が出てきますが、「wordpress版」をクリックです。

 

ptengine8-6-wordpressコース選択

 

次のステップは、コードを既に貼り付けて、認証が完了していたらする必要はないのですが、まだすんでいないという方は、コピーして、サイトの<body>〜</body>のどこかに解析コードを貼り付けます。

 

ptengine8-8-wordpressコードコピー

 

ワードプレスであれば、外観→テーマ編集→footer.phpまで進むと、</body>というタグがあるので、その手前に貼り付ければOKです。

 

ptengine-wpwp

 

以上が、「ptengine」の設置方法の解説です。

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

アフィリエイト初心者が知らない「Ptengine」のメリット・デメリット

 

アフィリエイト初心者のための「Ptengine」解析基本情報の見方解説

 

Ptengineでヒートマップを閲覧する方法

コメントを残す