RAIDとは?

RAIDとは複数のハードディスクを組み合わせて仮想的な1台のハードディスクとして構造に余裕を持たせて運用する形態をさします。

 

レンタルサーバーの障害の耐性向上や可用性に役立ちます。RAID0~6の主に7段階に分かれており、中でもRAID1はレンタルサーバーに導入されることの多いRAIDです。

 

今回はRAID1の説明にとどめて詳しく解説していきたいと思います。

 

RAID1とは?

 

RAID1とは別名「ミラーリング」と呼び、複数台のハードディスクに同じ内容を書き込み、片方のディスクが故障してももう片方で維持するといったスタイルです。

 

耐障害性で片方のディスクが故障してもサーバーの稼働時間を維持し続けることができるので、稼働率が非常に高いです。

 

稼働率が高くなると、必然的にサイトへのアクセスの取りこぼしも少なくなりますから、サイトの集客をより完璧なものにするためには、RAID1は必要な機能になります。

 

大規模で転送量の多いサイトを運営するつもりであれば、RAID機能が付いたレンタルサーバーを契約されるといいかもしれません。

 

RAID1は、カゴヤレンタルサーバーというサービスのマネージド専用サーバーというコースで、RAID機能を持ったサーバーを扱うことが可能なので、もしよかったらついでにどんなサーバーサービスなのか見ていってください。

 

カゴヤレンタルサーバーの評判と正直なレビュー

 

 

コメントを残す