SEO・SEM・SMOのそれぞれの違いとは?

アフィリエイト初心者の方は、SEO意外に似たような言葉で、SEMやSMOといった単語は見たことはありますか?

 

SEMはもしかしたら見たことがある人もいるでしょうが、SMOは見たことがある人は少ないんじゃないでしょうか。

 

tttghsg

 

また、アフィリエイトを始めようとしている初心者さんの場合、これらの違いが分からない方がほとんどだと思います。

 

そこで今回は、SEO・SEM・SMOの3つの言葉の意味と違いについて、お伝えしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします!

 

それでは以下より、各言葉の意味と違いについて解説しましょう。

 

SEOとは?

 

まずは手始めにSEOから。

 

これはもうお馴染みかもしれませんが、SEOは「Search Engine Optimization」(検索エンジンの最適化)の略称で、

 

Googleに対してアルゴリズムの動きなどを自らがデータ・情報などをもとに分析して、あなたが推測したGoogleアルゴリズムの仕組みに対してそれに適しているサイトを作り、検索結果の上位表示を狙っていく手法を言います。

 

bv567ujm,

 

被リンク対策などの外部施策や、内部リンク、コンテンツ充実などの内部施策がそれに当たりますね。

 

アフィリエイトであなたのサイトにアクセスを流し、収入を得ていこうとするためにもっとも使うことになるであろう手法です。

 

SEMとは?

 

SEMとは、「Search Engine Marketing」の略称で、先ほどのSEOとは違って検索エンジン上であらゆる方法を使って、自サイトのアクセス数を増やしていくマーケティング手法の総称のことです。

 

dsvBfsh

 

このSEMの中の一部として、SEOは存在していることになります。

 

SEO意外にも、キーワード連動型広告やPPC広告といった有料リスティングサービスによる広告掲載などの手法があります。

 

ネット上のあらゆる手法は、ほぼ全てこのSEMに集約されているといってもいいでしょう。

 

dsGrGhh

 

たまにこのSEMと、検索エンジン最適化のSEOは同じ意味で用いられることが多いですが、厳密にいうと多少の意味の違いがあります。

 

SEOはあくまで、被リンクなどによる外部施策と内部リンクの構築による内部施策しかありませんので、ここに広告掲載などの手法が存在しない以上、SEOとSEMは使い分けたほうがいいのではないかというのが僕の見解です。

 

SMOとは?

 

SMOとは、「Social Media Optimization」の略称で、ブログやmixiやFacebook、TwitterなどのSNS、2chなどの掲示板(BBS)を利用して、そこからバイラル的にあなたのサイトの認知度や評判を高めて、それを伝染病のように拡大させていく手法を言います。

 

こちらは、先ほど解説したSEMの括りとは若干ずれてきます。

 

fdhaTnj

 

なぜなら、SEMは検索エンジンに対してマーケティングを行い、アクセスを集めるのに対して、

 

SMOはSNSなどの媒体の中でマーケティングを仕掛けていきますので、検索エンジンを介してユーザーに仕掛けていくのとは違い、

 

よりダイレクトにユーザーに、あなたのサイトの存在を知らせて、マーケティングを仕掛けていくというところで、違いがあるからです。

 

SMOは最近でも、多くのアフィリエイターが力を入れている分野になってきていますので、検索エンジンになるべく振り回されずに、アクセスを安定的に集めていきたいという方にとっては、お勧めできる手法になります。

 

以上が、SEO・SEM・SMOの解説とそれぞれの違いについてです。

 

ありがとうございました。

 

関連記事

 

SEO対策とは?

 

内部リンクと外部リンクの解説とそのSEO

 

SEO対策は2つの視点で戦略が変わる!

コメントを残す