SSDとは?

SSDは、別名「ソリッドステートドライブ」と呼びます。

 

最近ではパソコンを売っている家電量販店でも、HDDではなくSSD仕様で高性能を謳っているところも多いですが、最近ではレンタルサーバーにもこのSSDが用いられるケースがあります。

 

簡単に言ってしまうと、サーバーで言うなら、従来のHDD仕様の時よりも、より効率のいい、速い処理を可能にするための役割を果たしています。

 

USBと同じように、内蔵しているメモリーチップにデータの読み書きを行い、高速な処理を可能にしています。

 

ただネックになるのが、HDDとくらべると高価なところと、保管できる容量を比べるとHDDに劣るといったところです。

 

処理がHDDの150倍速いとされていて、データの保管によって負担がかかりやすいECサイトや、SNSサイトの運営であれば、このSSDがオススメです。

コメントを残す