WAFとは?

WAFとは「Webアプリケーションファイアーウォール」の略称で、従来のファイヤーウォールよりも高いセキュリティ力を誇っています。

 

レンタルサーバーサービスでも導入されていることが多く、WAFを導入していれば、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングといった、従来のファイアーウォールでは防げなかった攻撃を防ぐことができます。

 

WAF

 

Webアプリケーションが攻撃されると、情報の盗用や不正操作、改ざんなどが行われ、あなたのサイトの信用を大きく落とすことになりかねませんので、

 

今後のサイト運営を考えると、WAFにしたほうが安全だと言えます。

 

もちろん、あたらしい攻撃手法が出てきたらまた新しく対処していかないといけませんが。

 

 

コメントを残す