WPでの文字色の変更の仕方

今回のこの記事では、WPを使った記事作成における、文字色の変更方法について解説したいと思います。

 

文字色の変更は、各記事の重要な部分に頻繁に使う基本テクニックの一つで、今のWPのバージョンでは、それを簡単に行うことが可能になりました。

 

ちょっと前のWPだと、直接HTMLを直で入力しなければ文字色の変更を行うことはできなかったのですが、今ではボタン一つで簡単に行うことができるようになっています。

 

現在のWPでは、記事作成の際にビジュアルかテキストバージョンでの作成が可能になっていますので、一度確認してみてください。

 

egftayh

 

ビジュアルバージョンでは、HTMLの記入なしで、あなたがツールバーにあるボタン一つを使い、それを記事の文章内に使用するだけで、それがそのままHTMLソースに反映されるようになっているというものです。

 

例えば、「あああ」という文字をビジュアルバージョンで文字色変更したいというときには、その文字をドラッグで選択して、文字色変更のボタンを押す必要があるのですが、

 

そのボタンを押した瞬間に、HTMLソースにも、その文字色変更の際の文字色のHTMLが反映されるようになっているということです。

 

逆に、テキストバージョンでは、直接的なHTMLの入力をしなければ、文字色の変更を行うことはできません。

 

しかし、HTMLからの直接入力が可能であるため、表を作ったりなど、様々な応用を聞かせることが可能になります。ちょっと中級者向けですね。アフィリエイトでHTMLの基礎を学び、美術が身についていったら、使ってみてもいいのではないかと思います。

 

ちなみに、このテキストモードでの入力も、きちんとビジュアルモードに反映されるようになっていますので安心してください。

 

それでは、以下より文字色変更の方法を解説していきます。

 

文字色変更の解説

 

まずはビジュアルモードから行きましょう。非常に簡単ですので覚えておいてください。

 

記事内の文字を選択したあと、以下のツールバーのボタンを押して色を選択してください。

 

mojiiro1

 

すると、以下のように文字色を変更することができます。

 

mojiiro3

 

次はテキストモードの場合ですが、テキストモードに切り替えた後は、文字色を変更したい部分に文字色変更のHTMLを直打ちします。

 

mojiiro2

 

これで文字色の変更は完了します。他にもビジュアルモードではできない、様々なHTMLを打ち込み、記事内をカスタマイズできますので、使いたいときはぜひお使いください。

 

もちろん、失敗しても打ち込んだ部分を消せば全くサイト全体に影響を及ぼすなんて言うことはありませんので、安心してお使いいただけますよ。

 

以上です。

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

サイトテンプレートとは?

 

WP(ワードプレス)でカテゴリーを追加・削除する方法

 

アフィリエイトで必須の基礎htmlとは?

コメントを残す