WPサイトにサイトマップを作成する方法

アフィリエイトサイトを作成するにあたって、あなたのサイトのトップページや個別記事が検索結果に表示されるためには、

 

Googleの検索エンジン内を巡回しているロボット「クローラー」に見てもらって、その情報をGoogleへ届けてもらって、データベースに格納してもらわなくてはいけません。

 

その情報を持ち帰ってくれるクローラーに、サイト内をくまなく、より巡回してくれるようにするには、サイトマップを作成し、より高度なクロールを行えるようにする必要があります。

 

これで、一部の漏れていたインデックスし損ねていたページも、うまく拾ってもらえるようになる可能性が高まります。

 

現に、Googleのウェブマスターツールでは以下のように解説されています。

 

サイトマップとは、サイトのウェブページを指定して、Google や他の検索エンジンにサイトのコンテンツの構成を伝えるファイルです。Googlebot などの検索エンジンのウェブクローラは、このファイルを読み込んで、より高度なクロールを行います。

サイトのページが適切にリンクされていれば、通常 Google のウェブクローラはサイトのほとんどのページを検出できます。それでも、特にサイトが次のいずれかの条件に該当する場合には、サイトのクロールを改善する手段としてサイトマップが役立ちます。

  • サイトのサイズが非常に大きい。 その場合、新しいページや更新されたばかりのページの一部が Google のウェブクローラによるクロール対象から漏れることがあります。
  • サイトにどこからもリンクされていない、または適切にリンクされていないコンテンツ ページのアーカイブが大量にある。 サイトのページ間に自然なリンクがない場合は、サイトマップで指定して、それらのページの一部が Google のクロール対象から漏れることがないようにすることができます。
  • サイトが新しく、外部からのリンクが少ない。 Googlebot などのウェブクローラは、ページからページヘリンクをたどることによってウェブをクロールします。そのため他のサイトからのリンクがないページは Google のクローラに検出されないことがあります。
  • サイトでリッチメディア コンテンツを使用している、サイトが Google ニュースに表示されている、または他のサイトマップ対応アノテーションを使用している。サイトマップがあれば、状況に応じて Google 検索でサイトマップからの追加情報が考慮されます。

(ウェブマスターツールのサイトマップの解説より引用)

 

サイトマップを送信する際、ウェブマスターツールでその様子を確認することもできますから、サイトマップを作成する際は、事前にウェブマスターツールに登録して、対象のサイトを登録しておいてください。

 

また、ウェブマスターツールに登録するためには、Gmailのアカウントを持っていないといけませんので、もし持っていないという方は記事の下にある関連記事にてその方法を紹介しています。ぜひご覧ください。

 

これでGoogleに、よりあなたのサイトの情報と、状況を知らせることができますし、あなたもサイトの状況を知ることができます。

 

では以下より、WPでのサイトマップ作成方法を解説していきましょう。

 

サイトマップ作成方法(WP版)

 

まず、WPのプラグインのところの「新規追加」クリックしてください。

 

sitemap1

 

次に、検索欄に「sitemaps」と入力して、検索してください。

 

sitemap2

 

すると、様々なサイトマップが出てくると思います。

 

その中で今回使用するのは、「Google XML Sitemaps」です。

 

このサイトマップは、googleウェブマスターにサイトの更新情報を送信するためのものです。ユーザに向けた目次を示すサイトマップではありませんので、気をつけてください。

 

ユーザーに向けたサイトマップを作成するときは、新たに「PS Auto Sitemap」というプラグインをインストールする必要があります。

 

ただ、今回は「Google XML Sitemap」に関することですので、ここでは割愛させていただきます。

 

sitemap3

 

見つけたら「今すぐインストール」をクリックしてください。

 

sitemap4

 

次に、「OK」をクリックです。

 

sitemap5

 

インストールが終わったら、「プラグインの有効化」をクリックです。

 

sitemap6

 

無事「有効化できた」という表示が出れば、OKです。

 

sitemap7

 

次に、WPの設定というところをクリックしてください。すると、「XML‐Sitemap」という欄があると思いますので、そこをクリックしましょう。

 

sitemap8

 

次に、「Your Sitemap」のリンクをクリックしてください。

 

sitemap9

 

これで、GoogleやBingにあなたのサイトの情報を通知することができました。

 

sitemap10

 

サイトマップを作成して情報が伝えられると、ウェブマスターツールで以下のように表示されます。

 

sitemap11

 

これでサイトマップの作成は完了です。

 

ありがとうございました!

 

関連記事

 

Gmailの登録方法

コメントを残す