WPプラグイン『EWWW Image Optimizer』の使い方と設定方法

WPでサイト表示速度を改善するためには、既存とこれから追加される新規画像の圧縮作業を行っていかなければいけません。

 

画像データは、単体であれば圧縮しなくてもたかが知れていますが、それがどんどん増えてくると、蓄積していってWPの起動自体が遅くなったり、サイト全体の表示速度の低下につながってしまいます。

 

これは画像データそのものが圧縮されずに大きいままなのが原因です。

 

例えば、圧縮することで100000000バイトサイズの画像を50000バイトまで小さくして、一つ一つの画像データの重さを軽くすることができます。

 

でも、既存の大量の画像を手動で圧縮するのってめちゃくちゃ大変。( ̄▽ ̄;)

 

そこで役立つのがWPプラグインの『EWWW Image Optimizer』です。

 

『EWWW Image Optimizer』を導入することで、既存の画像データはもちろん、今後追加する画像の自動圧縮なども行ってくれるめちゃくちゃ優れもの!

 

そんな『EWWW Image Optimizer』の使用方法と設定について解説していきたいと思います。

 

『EWWW Image Optimizer』の設定方法

 

まずはじめに、WP管理画面のサイドメニューにある「プラグイン」より、『EWWW Image Optimizer』を検索してインストールします。

 

EWWW Image Optimizer1

 

インストールし終わったら有効化します。

 

EWWW Image Optimizer2

 

有効化が完了しました。

 

EWWW Image Optimizer3

 

次に管理画面のサイドメニューにある「設定」の『EWWW Image Optimizer』をクリック。

 

EWWW Image Optimizer4

 

すると、『EWWW Image Optimizer』の設定画面に。

 

EWWW Image Optimizer5

 

「Cloud Setting」というところはデフォルト設定のままでOKで、設定が必要なのは「Basic Setting」からです。

 

まず、「Basic Setting」の「Remove Metadata」にチェックを入れます。

 

EWWW Image Optimizer6

 

次に「Advanced Setting」です。

 

EWWW Image Optimizer7

 

ここでは「disable pngout」にチェックを入れておきます。

 

EWWW Image Optimizer8

 

最後に「Conversion Setting」ですが、「Hide Conversion Links」にチェックを入れます。

 

EWWW Image Optimizer9

 

最後に下の方に行って、「Save Changes」をクリックして設定変更完了です。

 

EWWW Image Optimizer10

 

『EWWW Image Optimizer』の使い方

 

『EWWW Image Optimizer』には以下の2通りの使い方がメインになってきます。

 

  1. テーマに使われている画像の圧縮
  2. 既存と新規画像の自動圧縮

 

それでは一つずつ解説しましょう。

 

テーマに使われている画像の圧縮

 

まず、テンプレートなどのテーマに使われる画像を圧縮する方法について解説します。

 

管理画面のサイドメニューにある「メディア」のサブメニューで「Bulk Optimize」というものがあると思います。

 

そこをクリックしてもらって、Optimize Everything Elseの「Scan and optimize」をクリックしてください。

 

テンプレートの画像圧縮

 

これであとは自動でスキャンと圧縮を行ってくれます。

 

テンプレートの画像圧縮2

 

既存と新規画像の自動圧縮

 

次に解説するのは、既存と新規画像の自動圧縮です。ここが一番サイト表示速度に関わる部分なのでしっかりやっておいてください。

 

画像が溜まっていればいるほど、作業完了まで時間がかかりますが、気長に待ってください。先ほどと同じように、「メディア」の「Bulk Optimize」をクリックです。

 

そこにある、「Optimize Media Library」の「Start optimizing」をクリックしてください。その瞬間から、既存の画像データを自動で圧縮してくれます。

 

既存画像の一括圧縮1

 

これで作業は終了です。

 

既存画像の一括圧縮2

 

新規追加される画像は、『EWWW Image Optimizer』導入後であれば、今後自動的に圧縮が行われますので手動でやる必要はありません。

 

また、圧縮しすぎると画質が悪くなるので、多くても2回までにとどめておきましょう。

 

以上で、『EWWW Image Optimizer』の使い方と設定についての解説を終わります。

 

関連記事

 

WPでサイト表示速度を改善!必要不可欠なプラグイン5選!

 

10分で余裕!サイト表示速度を改善するための3つのポイント!

 

WPプラグイン『W3 Total Chache』の使い方と設定

 

WPプラグイン『Head Cleaner』の使い方と設定方法

コメントを残す